Red sugar

初心者向けの登山情報を扱った登山ブログ、山と写真とカメラの情報をお届けします

【東北】山形神室岳、北蔵王の巨大な稜線と二口山塊に挟まれた隠れた名峰を歩く

 2018_05_20_山形神室岳 

2018年5月20日、山形県と宮城県にまたがる蔵王連峰、

その北部に位置する山形神室岳に行ってきました、標高は1,254m。

 

高速道路と並走する笹谷峠と呼ばれる峠道の一番てっぺんから登ると

30分足らずで稜線に上がることが可能な山で、

ご来光を山の上で見るには隠れたおすすめスポットです。

 

山形宮城といえば

「エコーライン駐車場から徒歩5分で絶景に出会える蔵王」という存在があります。

そのため、関東などから山形に遠征に来た場合は蔵王稜線の他の山に

なかなか目が向かないのではないでしょうか?

 

山形神室岳はお隣にある仙台神室岳と兄弟として扱われており、

地元の人から愛されるハイキングスポットとされているようです。

 

今回は【門限】の関係で山形神室岳までとはなります。

しかし、北蔵王のどこまでも歩いてみたい稜線の広がる景色の一端を見ることができました。

それでは行ってみましょう、東北蔵王、我が第二のホーム山形県の山です。

 

続きを読む

【奥多摩】川苔山、絶好の山岳写真練習スポットを歩く、撮影練習の旅

2018_05_12_川苔山

2018年5月12日、奥多摩にある人気登山スポット川苔山へ行ってきました、

標高は1,363mとなり奥多摩の中でも登り応えのある山です。

 

川苔山は奥多摩でも特に人気のある山の一つ。

序盤の渓谷歩きからたどり着く百尋の滝は落差40メートルで

一見の価値があるものとなっています。

高尾山や日の出山といった山々からのステップアップで歩く人も多いのではないでしょうか?

今回は新緑時期、川苔山を歩くには最適な時期を選んで山岳写真の練習をしに行きました。

 

山岳写真は読んで字のごとく山で写真を撮影することなのですが、

ちゃんと撮影をしようとすると登山の難易度が危険な方向へ激変します。

三脚や重量級のカメラ機材を持ち運び、定点で数十分の撮影時間することが普通になるので

コースタイムの組み方や、実際に歩く速度などがとても厳しく難しいものになるのです。

 

最近はカメラを嗜む方々が山にやってくることも多いですが、山での撮影は先ず登山が重要です。

今回は川苔山を利用して、実際に山岳写真目的で歩くと

どれくらい普段の登山と変わるのかを試してみたいと思います。

続きを読む

【関西】八経ヶ岳、辿り着いた近畿最高峰、修験の紀伊半島登山の旅

2018_05_01_八経ヶ岳

2018年5月1日、近畿遠征最終日。

ついに近畿地方最高峰である八経ヶ岳の頂に立つこととなりました、標高は1,915mです。

大杉谷から始まった今回の紀伊半島の旅は4日間、

最終日の今回は八経ヶ岳から天川村へと下山して、京都駅から東京に帰ります。

 

大峯奥駈道を歩くわけでもない今回、

少しでも山の魅力に触れたいという思いで、大普賢岳から歩きました。

大杉谷から大台ヶ原に登り、その足で大峰山へ入山するという

贅沢で欲張りなコース取りですが、大普賢岳から歩いたことにより、

少しは魅力や価値といったものを知ることができたのではないでしょうか?

 

最終日に待っていたのは快晴の青空。

八経ヶ岳の山頂から見えたのはどこまでも続く紀伊の山々でした。

関西遠征最終日の始まりです。

続きを読む

【関西】大峰山、大普賢岳から歩く大峰奥駈道、近畿最高峰を目指す関西の旅

2018_04_30_大峰奥駈道

2018年4月30日、近畿最高峰大峰山八経ヶ岳を目指し、大普賢岳から弥山までを歩きました。

関西遠征三日目、大台ヶ原を越えてついに近畿最高峰を目指すときが来たのです。

出来れば山上ヶ岳から熊野までを目指す大峰奥駈道に挑戦したいとは思うのですが、

なかなか日程が取れず。

 

大台ヶ原と大峰山を少ない日程の中で最大限楽しむために、

今回は大杉谷から歩くこととしました。

 

大普賢岳から歩く近畿最高峰。

大峰山までの道のりは果てしなく長く、

大峰山の価値は、大峰山以外の山から登らなくてはわからないのでは?

そう思わされた登山でした。

 

人里離れた山奥でただひたすらに山頂を目指す、関西遠征三日目の始まりです。

 

続きを読む

【関西】大台ヶ原、大杉谷からゆく近畿大展望の世界、滝と展望の幸せ登山旅

2018_04_29_大台ヶ原

2018年4月28日から5月2日まで、関西は大杉谷から大峰山までを歩いてきました。

二日目のこの記事では大杉谷から大台ヶ原、標高は1,695m、

日本屈指の多雨地帯の山を登ります。

 

前回は大杉谷突入編ということで、桃の木小屋までの工程を描かせていただきました、

今日は桃の木小屋を出発して大台ヶ原、そして二日目の宿がある和佐又山ヒュッテに向かいます。

 

前半戦は美しい渓谷、大杉谷随一の美しさを誇る堂倉滝、中盤で大台ヶ原の広々とした景色、

そして最後に和佐又の静かな森という三部構成でお送りいたします。

 

紀伊半島、伊勢湾台風の傷跡が生んだ笹と倒木の景色が広がる奥深き山、

大杉谷からゆく大台ヶ原登山編スタートです。

続きを読む

【近畿】大杉谷、紀伊半島の秘境から大台ケ原を目指す、GW関西遠征の旅

2018_04_28_大杉谷

2018年4月28日から5月1日、2018年のゴールデンウィークに近畿地方へ行って来ました。

目的は日本百名山の大台ヶ原と大峰山、そして日本三大渓谷大杉谷。

これらの魅力を極力味わうために、

 ・大杉谷と大台ヶ原、そして和佐又山

 ・大普賢岳から歩く大峰奥駈道と大峰山

という形で2つの山を繋いで歩くことにしました。

この登山旅は合計で4日間に渡り、近畿の山を東から西へ。

2018年で一番思い出深く、最大の旅となった関西遠征の記録です。

 

初日は日本三大渓谷に数えられる秘境大杉谷を歩き、

渓谷のど真ん中にある桃の木小屋を目指します。

 

新緑と、白い岩と豊富な水量を誇る清流の渓谷が続く大杉谷、

大台ヶ原の魅力は大杉谷から登ることにより最大化されます。

ここはまさしく大杉谷と大台ケ原、2つ合わせて一つの山といえるでしょう。

Redsugar関西遠征編一日目、大杉谷の始まりです。

続きを読む

【秩父】大持山、秩父のアカヤシオとカタクリの山、花と清流を射止める武甲山の旅

2018_04_22_大持山

2018年4月22日、秩父にある大持山、小持山から武甲山までを日帰り縦走してきました。

春の秩父といえばアカヤシオ……なんです!

アカヤシオは奥多摩や秩父で咲くイメージがあまりないかなと思うのですが、

小持山の山頂にはとても立派なアカヤシオが咲くことで有名です。

しかも、大持山ウノタワ方面はカタクリの群生地もあるということで、

タイミングが良ければカタクリとアカヤシオをダブルで楽しめちゃうかもしれないわけです。

 

武甲山といえば横瀬から下道を一時間かけて歩くイメージが強い山ですが、

今回は飯能からバスに揺られさわらびの湯の更に先、

名郷バス停から浦山口駅に抜けるという縦走で歩きます。

このルートで歩くと朝のアクセスが非常によく、

下道を歩く時間も大幅に短縮されるのでとてもおすすめです。

 

春山でガッツリ歩きたい方にはとてもおすすめできる

大持山、小持山、武甲山春の花と清流登山旅の始まり始まり〜!

続きを読む