Red sugar

山と写真とカメラが趣味の人にお勧めな登山ブログ、ニコンD850を利用した山の写真を載せています

【南アルプス】間ノ岳、北岳から行く南アルプスの中心、岩と花の絶景稜線を歩く旅

2018_07_01_北岳

2018年7月1日、北岳から間ノ岳の稜線を歩いてきました。

北岳は言わずとしれた日本二位の山、標高は3,193m。

そして間ノ岳は日本三位の山で標高は3,189mとなります。

 

農鳥岳と合わせて白根三山と呼ばれる南アルプスを代表する稜線は多くの登山者が歩く聖地!

そしてその花と岩に囲まれた世界は地上とは全く違う、

山ならではの大自然を五感で感じれる場所です。

 

今回は1泊2日の北岳登山の2日目となります。

ガスの中肩の小屋まで到着した僕はテントでぐっすりと睡眠を取り

翌日の快晴に望みを託しました。

 

そして登山二日目、輝かしいご来光から始まる一日は

南アルプスの稜線の美しさをこれでもかというくらい教えてくれるものとなりました。

それでは行ってみましょう。

南アルプス北岳間ノ岳登山編です!

 

続きを読む

【南アルプス】北岳、夏山の始まりを告げる日本二位の高峰へ、北岳テント泊の旅

2018_06_30_北岳

2018年6月30日から7月1日、その日はついにやってきたのです。

日本第二位の高峰であり南アルプス最高峰の北岳に行ってきました、

標高は3,193m、日本で二番目に高い山です。

 

北岳は登山を嗜む方なら定番の山の一つ、

南アルプスでは仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳と同じく多くの人で賑わう山です。

北岳は日本三位の高さを誇る間ノ岳と隣接しており、

その先の農鳥岳と合わせて白根三山と呼ばれています。

今回は1泊2日のテント泊、間ノ岳までの稜線を楽しみます。

 

北岳から間ノ岳の間に現れたのは高山パラダイスの風景!

どこを見てもいい景色が広がる天上の楽園でした。

それでは行ってみましょう、初夏の北岳テント泊の旅です。

続きを読む

【上信越】浅草岳、田子倉湖と百花繚乱のヒメサユリを楽しむ初夏の山旅

2018_06_22_浅草岳

2018年6月22日、上信越エリアの北にある只見周辺の名峰【浅草岳】に行ってきました。

初夏のシーズンにヒメサユリが咲く花の山。

鬼ヶ面コースではあたり一面のピンクの花を見ることができます。

 

花を求めて歩く登山ですが、山頂付近ではワタスゲを見ることができますし、

道中ヒメサユリに混ざってニッコウキスゲを見ることも可能です。

 

また、山自体のディテールも見応えたっぷり。

豪雪地帯特有の雪に削られた山肌や、鬼ヶ面と名前のつくほど

激しい岸壁を越えて歩くコースはとても歩きごたえと見ごたえがあります。

 

今回は鬼ヶ面コースをピストンで歩き、

初夏の浅草岳をたっぷりと楽しみたいと思います。

米どころ魚沼から入山するため、帰りのご飯も楽しみな旅の始まりです!

 

続きを読む

【東北】葉山、月山と対なる寒河江の山、梅雨に濡れた花とブナの森を行く旅

2018_06_17_葉山

2018年6月17日、山形県寒河江市にある【葉山】へ登ってきました。

標高1,462mの葉山はかつて山岳信仰があった山で、

江戸時代初期までは出羽三山は月山、葉山、羽黒山と数えられていたようです。

その後も、農耕の神をまつるこの葉山は修験の地として多くの人でにぎわうのですが……。

 

そんな、山形らしい修験の山としての歴史を持つ葉山。

今回は6月の梅雨空の中、雨に濡れた葉山を登ります。

 

あいにくの天気であったため、眺望に恵まれることはありませんでした。

しかし、山の中の静かなブナ林の音やドウタンをはじめとする

様々な小さな植物たちが登山者を出迎えてくれることとなりました。

 

久々の曇天登山、山の植物の姿に目と耳を傾ける登山の始まりです。

続きを読む

【山と写真】写真の広さを考える、前景、中景、遠景のお話noteを公開しました。

f:id:sakemaro:20190513131100j:plain

こんにちは、Redsugarです。

今回は宣伝なのですが、最近ぱくたそカメラマンになったり、

雑誌に写真を載せていただく機会もあり、

「どうやって写真うまくなろう?」ということをよく考えることが多くなりました。

 

その上で、毎日スナップを始めたりして、それをtwitterにアップしたりしているのですが

今回、普段から考えている「画面の広さ、空間を出すために考えると良いこと」

noteに記事として書いてみました。

 

このような内容が気になる方にはぜひとも読んでいただきたい内容になっています。

f:id:sakemaro:20190513131320j:plain

f:id:sakemaro:20190513131337j:plain

 

有料記事でお値段は370円、僕とタリーズでカフェラテ(一番小さいの)飲みながら写真の話をした程度のお値段です。

 

冒頭の無料部分をブログでも公開しますので、興味のある方は是非noteを見ていただけますと幸いです。

 

note.mu

 

続きを読む

【東北】一切経山、真っ青な魔女の瞳の山は見所満載のネイチャーフォトスポット

2018_06_14_一切経山

2018年6月14日、福島県福島市と猪苗代町との境にある一切経山へ行ってきました。

魔女の瞳と呼ばれる五色沼がシンボルともいえる山で、標高は1,948mとなります。

 

今回は初夏の一切経山。

雲が空を縦横無尽に駆け巡る梅雨の晴れ間に歩くことができました。

魔女の瞳以外にも一切経山は素晴らしいところがあり、

百名山であってもおかしくない、そんな絶景スポットに恵まれた

東北でもとりわけお勧めできる山です。

 

今回は浄土平、魔女の瞳を家形山から見る、酸ヶ平をぐるりと回り東吾妻山へ行き

そこから浄土平に戻ってきてから吾妻小富士に登るという、

一切経山をしゃぶりつくす登山をお送りいたします。 

 

火山規制が適用される一切経山、残念ながら浄土平のレストハウスは

営業を終了している状況です。

しかし、一切経山は登れるときであれば素晴らしい顔を見せてくれます。

色っぽい道と呼ばれる吾妻スカイラインの先にある絶景スポットを巡る登山の始まりです。

 

続きを読む

【上信越】谷川岳主脈縦走、春の谷川岳を駆け抜ける、花と稜線天国の登山

2018_06_02_谷川岳

2018年6月2日、群馬県と新潟県を隔てる谷川岳とその主脈の山々へ……。

いわゆる谷川岳主脈縦走へ行ってきました。

 

その総コースタイムは標準で12時間半!

日帰り登山の登竜門的な甲斐駒ヶ岳黒戸尾根と同等クラスの体力勝負のコースです。

谷川岳馬蹄形縦走の前哨戦として歩く人が多いと聞く谷川岳主脈。

日本三大急登と呼ばれる西黒尾根を登り、

仙ノ倉山を越えて新潟に下山するロングハイキングはかなりタフです!

 

上信越、東北の山々に高山植物の花が咲き乱れ、夏の始まりとなる6月初旬。

花盛りにして快晴の谷川岳主脈。

行く先々で様々な顔を見せる、個性豊かな山々を歩きます。

 

笑いあり、心臓バクバクのスリルありの谷川岳主脈縦走です!

続きを読む