Red sugar

初心者向けの登山情報を扱った登山ブログ、山と写真とカメラの情報をお届けします

【東北】葉山、月山と対なる寒河江の山、梅雨に濡れた花とブナの森を行く旅

2018_06_17_葉山

2018年6月17日、山形県寒河江市にある【葉山】へ登ってきました。

標高1,462mの葉山はかつて山岳信仰があった山で、

江戸時代初期までは出羽三山は月山、葉山、羽黒山と数えられていたようです。

その後も、農耕の神をまつるこの葉山は修験の地として多くの人でにぎわうのですが……。

 

そんな、山形らしい修験の山としての歴史を持つ葉山。

今回は6月の梅雨空の中、雨に濡れた葉山を登ります。

 

あいにくの天気であったため、眺望に恵まれることはありませんでした。

しかし、山の中の静かなブナ林の音やドウタンをはじめとする

様々な小さな植物たちが登山者を出迎えてくれることとなりました。

 

久々の曇天登山、山の植物の姿に目と耳を傾ける登山の始まりです。

続きを読む

【山と写真】写真の広さを考える、前景、中景、遠景のお話noteを公開しました。

f:id:sakemaro:20190513131100j:plain

こんにちは、Redsugarです。

今回は宣伝なのですが、最近ぱくたそカメラマンになったり、

雑誌に写真を載せていただく機会もあり、

「どうやって写真うまくなろう?」ということをよく考えることが多くなりました。

 

その上で、毎日スナップを始めたりして、それをtwitterにアップしたりしているのですが

今回、普段から考えている「画面の広さ、空間を出すために考えると良いこと」

noteに記事として書いてみました。

 

このような内容が気になる方にはぜひとも読んでいただきたい内容になっています。

f:id:sakemaro:20190513131320j:plain

f:id:sakemaro:20190513131337j:plain

 

有料記事でお値段は370円、僕とタリーズでカフェラテ(一番小さいの)飲みながら写真の話をした程度のお値段です。

 

冒頭の無料部分をブログでも公開しますので、興味のある方は是非noteを見ていただけますと幸いです。

 

note.mu

 

続きを読む

【東北】一切経山、真っ青な魔女の瞳の山は見所満載のネイチャーフォトスポット

2018_06_14_一切経山

2018年6月14日、福島県福島市と猪苗代町との境にある一切経山へ行ってきました。

魔女の瞳と呼ばれる五色沼がシンボルともいえる山で、標高は1,948mとなります。

 

今回は初夏の一切経山。

雲が空を縦横無尽に駆け巡る梅雨の晴れ間に歩くことができました。

魔女の瞳以外にも一切経山は素晴らしいところがあり、

百名山であってもおかしくない、そんな絶景スポットに恵まれた

東北でもとりわけお勧めできる山です。

 

今回は浄土平、魔女の瞳を家形山から見る、酸ヶ平をぐるりと回り東吾妻山へ行き

そこから浄土平に戻ってきてから吾妻小富士に登るという、

一切経山をしゃぶりつくす登山をお送りいたします。 

 

火山規制が適用される一切経山、残念ながら浄土平のレストハウスは

営業を終了している状況です。

しかし、一切経山は登れるときであれば素晴らしい顔を見せてくれます。

色っぽい道と呼ばれる吾妻スカイラインの先にある絶景スポットを巡る登山の始まりです。

 

続きを読む

【上信越】谷川岳主脈縦走、春の谷川岳を駆け抜ける、花と稜線天国の登山

2018_06_02_谷川岳

2018年6月2日、群馬県と新潟県を隔てる谷川岳とその主脈の山々へ……。

いわゆる谷川岳主脈縦走へ行ってきました。

 

その総コースタイムは標準で12時間半!

日帰り登山の登竜門的な甲斐駒ヶ岳黒戸尾根と同等クラスの体力勝負のコースです。

谷川岳馬蹄形縦走の前哨戦として歩く人が多いと聞く谷川岳主脈。

日本三大急登と呼ばれる西黒尾根を登り、

仙ノ倉山を越えて新潟に下山するロングハイキングはかなりタフです!

 

上信越、東北の山々に高山植物の花が咲き乱れ、夏の始まりとなる6月初旬。

花盛りにして快晴の谷川岳主脈。

行く先々で様々な顔を見せる、個性豊かな山々を歩きます。

 

笑いあり、心臓バクバクのスリルありの谷川岳主脈縦走です!

続きを読む

【トレーニングのススメ】Suunto 3 Fitness、街を生きるあなたのフィットネスに最適なスマートウォッチ

DSC_2122

SUUNTOのフィットネス用スポーツウォッチ、SUUNTO 3。

登山でSUUNTOを使っている方も多いと思いますが、

登山のために体を鍛えるナイスガイ、クールビューティーの方々は

街用のスポーツウォッチにもこだわりがあるのではないでしょうか?

 

また、登山をやってみたけど大変、体を鍛えなきゃ……という人。

ジョギングやウェイトトレーニングの際に使える時計、

さらにカロリー計算等が自動化され睡眠の記録まで取ってくれる、

そんな時計があればトレーニングの継続性に一役買ってくれるかもしれません。

 

スマートトレーニングウォッチのSUUNTO 3 Fitness、

こちらを半年以上使用させていただき、登山、トレーニングの双方で使ってみました。

シンプルでお洒落なデザインのスマートトレーニングウォッチ、

軽量で女性にもおすすめできるこちらの時計を今回はレビューします。

 

続きを読む

【東北】船形山、奥深き奥羽の一角『船形連峰』、新緑に染まるブナと残雪の山旅

2018_05_21_船形山

2018年5月21日、山形県と宮城県の県境にある船形山に行ってきました。

奥羽山脈船形火山群の主峰である船形山の標高は1500m、日本二百名山に数えられる山です。

東北の山であるがゆえにシーズンも短く、5月の船形山は入山者も少なく山の上は初春の景色。

 

今回は山形神室岳から引き続きの登山で、

山形神室岳からみた大東岳の遥か北に位置する船形山に登ります。

2018年の5月の山形帰省ではこの船形山に登れないかの調整を必死でつけたのです……。

 

なぜ船形山に登りたかったかといわれれば下記の理由ですね。

・僕の周りでは船形山は歩いた方がいない、どんな山か知りたい。

・東北にある数少ない二百名山、きっと良い所なんだろう。(百名山選定漏れの山)

・奥羽山脈の結構いい位置にあって山深い

という上記の理由から非常に興味をそそられる山だったのです。

 

実際に登ってみると5月の船形山は非常にタフで厳しい山でした。

予測はしていたのですが、5月の東北では麓と山頂エリアで春と冬が並存している世界。

美しいブナ林とツリーホールが広がる山麓の原生林。

そして、注意深く進むことを要求される雪渓の世界が待ち構えていたのです……。

 

それでは行ってみましょう、5月の東北「船形山登山編」です。

続きを読む

【東北】山形神室岳、北蔵王の巨大な稜線と二口山塊に挟まれた隠れた名峰を歩く

2018_05_20_山形神室岳

2018年5月20日、山形県と宮城県にまたがる蔵王連峰、

その北部に位置する山形神室岳に行ってきました、標高は1,254m。

 

高速道路と並走する笹谷峠と呼ばれる峠道の一番てっぺんから登ると

30分足らずで稜線に上がることが可能な山で、

ご来光を山の上で見るには隠れたおすすめスポットです。

 

山形宮城といえば

「エコーライン駐車場から徒歩5分で絶景に出会える蔵王」という存在があります。

そのため、関東などから山形に遠征に来た場合は蔵王稜線の他の山に

なかなか目が向かないのではないでしょうか?

 

山形神室岳はお隣にある仙台神室岳と兄弟として扱われており、

地元の人から愛されるハイキングスポットとされているようです。

 

今回は【門限】の関係で山形神室岳までとはなります。

しかし、北蔵王のどこまでも歩いてみたい稜線の広がる景色の一端を見ることができました。

それでは行ってみましょう、東北蔵王、我が第二のホーム山形県の山です。

 

続きを読む