Red sugar

初心者向けの登山情報を扱った登山ブログ、山と写真とカメラの情報をお届けします

【高尾】石老山、奇岩転がる相模湖と富士展望の山を歩く、高尾山の次に歩く山の旅

2017_11_19_石老山

2017年11月19日、神奈川県にある石老山に行って来ました、標高は694mとなります。

相模湖の畔に位置し、高尾山、陣馬山と対面する山になります。

中央線で高尾の少し先、相模湖で降りバスでのアクセスが可能な山で、

初心者向けのハイキングスポットとして紹介されることが多い場所です。

実際歩いて見ると高尾山の次に登るにはいい山だなと思う部分が多いスポットです。

 

石老山の特徴的な奇岩、苔むした登山道の雰囲気は高尾とはまた違った景色です。

その割にはコースタイムは程よく、

体力的にも高尾山と変わらぬくらいで歩くことが可能なのがこの山のいいところ!

 

さらに下山後は温泉に行くもよし、相模湖の渡し船を楽しむもよし、

山以外にも楽しむもののある穴場的な山でした。

時期的には紅葉時期がもっとも良いと思われる石老山、

岩あり富士山あり、スカイツリーあり、船ありの楽しい登山を満喫できる山なので

是非とも高尾山の次の段階で歩いて見て欲しいですね!

CSD_2927

石老山について

相模湖の湖畔にあるこの山は岩と富士山とスカイツリーを楽しむ山かなと思います。

登山道は高尾山と似た雰囲気を持っていますが、

高尾山に比べて歩く人が少ないこともあって苔や落ち葉が多い印象。

また、登山道全体が暗いことが特徴的、これは杉の植林が多いことに由来している感じです。

 

大明神展望台からはスカイツリーを眺めることができるので、

出来れば晴れている日に歩きたいですね。

 

CSD_2912

山頂からは富士山と道志山塊を見ることができます、御正体山と富士山なのですが

石老山から見る御正体山はかなりどっしりとした姿で威風堂々とした体格を見せつけてくれます。

この富士山の景色が石老山のハイライトになるので、富士山が見れる日に歩くのが吉。 

 

1.石老山登山に関して

石老山へのアクセス

【電車】新宿→相模湖       970円

【バス】相模湖→石老山入り口   200円

【船】石老山側船着場→相模湖湖畔 1,000円

【電車】相模湖→新宿       970円

合計交通費 3,140円

バスで行くのがオススメの山です、公共交通機関で周回が可能です。

 

石老山登山のコースタイム

DSC_1834

石老山登山口バス停7:35→石老山登山口8:00→顕教寺8:10→融合平8:45→山頂9:10→

大明神展望台9:55→相模湖キャンプ場10:35→船着場11:05→相模湖駅11:25

合計登山時間 3時間50分 うそ……私の登山時間短すぎ……。

 

この登山で使用したカメラ

NIKON D750+AF-S NIKKOR 28mmf1.4E

NIKON D810+AF-S NIKKOR 58mmf1.4G

2017_11_19_石老山 | Flickr

 

2.相模湖駅から石老山登山口へ、電車で向かう登山

D75_6927

2017年11月19日、立川駅。

久々の電車登山です、いろいろあって今は電車登山から遠ざかってしまったが

やはり電車登山は緊張感があっていいな!

今日の目的地は石老山、初心者向けハイキングスポットとして

雑誌やムックで紹介される事の多い山です。

 

D75_6928

午前6時55分、相模湖駅。

高尾からさらに先の相模湖に行くのですが、週末の中央線は登山客で満杯。

登山ブームがちゃんと続いているんだなということを実感させられます。

 

D75_6929

青い中央線で相模湖まで行き着いたら下車。

中々青い中央線に乗った事のある人はいないんじゃないだろうか。

 

D75_6931

駅にはご覧のように石老山ハイキングコースの看板が、

相模湖と言う立派なアウトドアスポットの隣の山も推してくるスタイル、好き。

 

D75_6933

石老山まではバスを利用することとなります、降車は「石老山入口」です。

 

D75_6934

午前7時35分、石老山入口。

バス停がかつてこれほど分かりやすかったことがあるだろうか、登山口って書いてあるよ。

分かりやすい登山口って本当に神だな。

 

D75_6937

石老山入口付近にはトイレがあるのですが、これがまた中々凄い……、

全くおすすめできないトイレなので、用があれば駅で済ませましょう。

石老山周辺はトイレに恵まれていないなと言う感想。

登り、降り、両方で出会ったトイレがあんまり良くなかった。

 

D75_6938

バス停からは暫く歩道を歩きます。

登山口まで看板が所々にたっているので、その指示通りに進みます。

相模湖湖畔の穏やかな畑の中を進んでいきます、山あいの集落って感じですね。

 

D75_6939

こんな感じに町の中に看板が沢山。

 

D75_6941

既に登山は始まっているんだと言わんばかりの指導標、ここ、街中だよな?

 

D75_6943

石老山参道と書かれた看板が出てきたら登山口です、神社の入口の目の前ですね。

写真の右手側に神社の入り口があります。

 

D75_6946

午前7時55分、相模湖病院裏手。

駐車場でもある病院の裏手の登山口、ここから今日の登山はプレイボール。

 

D75_6947

「滅茶苦茶くらいな……本当に大丈夫かよ……」

肝試しかなにかかと思うくらい暗い、

病院の裏手と言うこともあり、身震いするくらい寒い。

変な写真が撮れたら「おわかりいただけただろうか」ってネタができそうだよこれ。

 

しかし道はこれしかないので進むことにします……人も多いから行けるか。

 

D75_6948

本当にあってるよな?と不安になりますが、

後ろから登山者も来るし立て札もあるし間違いない模様。

明るく写してますが実際は非常に暗く、不気味な雰囲気が漂います。

 

今日誕生日なんだけど、なんでこんな肝試しをしているんだ俺は。

 

D75_6949

石老山は石に特徴のある山らしく、その説明が書かれている、

読んでから上ると楽しさが少し上がります。

 

要約すると、海底にあった礫岩(細かい石が集まってできた岩)でできた岩だよ。

という旨を話していらっしゃいます。

 

D75_6951

早速現れる巨岩、石と石の間をすり抜けていくような感じで登っていきます。

参道と言うだけあってよく手の入った道です、昔っからあるんだろうなこの道。

 

D75_6953

これらの石も石老山特有の石なんでしょう、苔と落ち葉で全く表面がわかんないけども……。

石が出てるので転んだら痛そうだな、礫岩なので細かいごつごつがあるし。

 

D75_6957

顕鏡寺側から歩くと登りで様々な岩を見せつけられます、

登りルートとしてはこっちを使うのが正解なのかな。

 

D75_6959

昔ながらの峠道を歩く感じですね、朝早い時間帯なので登山道が全体的に暗いのが残念です。

 

D75_6963

午前8時10分、顕鏡寺到着です。

山の中腹にある神社に到着です、ここまではウォーミングアップでした。

相模湖病院からちょろっと登るとこの顕教寺に到着します。

 

D75_6964

お地蔵さんや岩窟があり、紅葉も比較的綺麗な場所でした。

 

D75_6967

岩窟はこちら、薄暗い入口の奥には色々あるんだろうけど怖いので入りません

暗い狭いは駄目です。

うわーん暗いよ狭いよ怖いよーとなってしまうので。

うる星やつらとか今の若い子はわかるんだろうか??

 

D75_6970

ちょうどイチョウが黄色く染まっていました、本日最初の紅葉です、

色づき的に少し早く訪れてしまったようですね、もう少しあとだと綺麗だったかも。

 

D75_6971

顕鏡寺の歴史が書いてあったりします、この東海自然歩道注釈が多いぞ。

東海自然歩道ですが、全長は1,697 kmあります。

八王子から大阪まで伸びるとんでもない散歩道で、最高峰は丹沢の姫次になります。

百名山の一つでも入れておけばとおもいましたが、それじゃ歩道じゃなくなるか……。 

 

D75_6972

鐘がありました、登山の最中に鐘がならせる山はいくつかありますけども

寺の鐘ならせるのは覚えている限り高水三山、それ以来ですね。

今回ももちろんならします、緊張しましたけど、一発叩かせていただきました。

 

D75_6973

巨岩の一つ一つには説明が、おめー筑波山みたいだな。

 

D75_6974

ハイキング客は結構入っていて、低山ながら人気のスポットなんだなぁと再確認。

 

D75_6978

所々にいい景色が広がります、基本樹林に包まれた山なので、

「木漏れ日を浴びて森林浴リフレッシュ」を意識して歩きたい。

 

D75_6983

椅子みたいな岩、これもなんか名前あるんだろうか。

足元にはシャガが生えていたので春先にはシャガの花が沢山咲いて綺麗なんじゃないでしょうか。

 

D75_6984

少し高度が上がると段々展望がよくなります、樹林の隙間から晴れ間が覗く。

 

D75_6988

さんさんと降り注ぐ太陽、山の幅尾根を照らします、あんまり展望はよくない。

 

D75_6990

石老山の山頂側です、緑が濃いな……。

植林の山ですねここは。

 

D75_6994

山火事注意の張り紙などがある木漏れ日登山道を歩く、

看板が何枚もあるけど道はそんなにないぞ。

 

CSD_2881

午前8時45分、融合平見晴台到着。

融合平って名前がすごい、なにと融合したんだろう?

 

CSD_2883

融合平からはまずまずの展望、ベンチとかがあるけども、日陰なので寒い、そして暗い。

目の前の相模湖湖畔の高速道路を走る車を眺めるくらいしかやることがないので先に進みます。

 

D75_7000

森を歩いていると時たまいいなと思う日が射していることがあります。

どことなくノスタルジックな気持ちになれる瞬間です、この懐かしさはなんなんでしょうね。

前世かな。

 

CSD_2890

所々で紅葉が現れますが、そんなにすごいってわけでもない。

今年はハズレだったのか、それとも参考にしているブログの写真の彩度が高いのか。

 

CSD_2892

高尾山のとなりだからか、道はよく整備されています、木の根も少なく歩きやすいよ。

 

CSD_2895

山頂手前でグッと上る感じ。

 

CSD_2897

毎回思うんだけどもこういう絶妙なバランスで石を乗っけるのは

結構時間がかかると思うのですが、休憩がてらこれを作ったりするんだろうか?

落としたやつはもちろん魂をコインにされて持っていかれるんだろう。

 

CSD_2898

山頂まで3分とかいてあるが、この手の表示を信じてはいけません。

大体二倍くらいはかかるものです。

 

フルマラソン走っていてゴール3キロ前で

「がんばれ!あと2キロだ!」っていう沿道のおじさんに似たようなもんで。

体のコンディションが悪ければ軽く殺意を覚えることもある標識です。


D75_7005

山頂手前の階段は中々のもの、これ上ってる間に3分は経過します。

トレランとかで鍛えてる人じゃないと軽々と3分とか言っちゃいけないと思う。

 

D75_7008

午前9時5分、石老山山頂到着。

石老山の山頂は広場になっており、休憩用のベンチがいくつかおいてあります。

ここでご飯を食べて後半戦へって感じの場所ですね。

 

眺望?そんなもんはない。

 

D75_7010

石老山の山頂は立派です、黒くてでかい山頂碑がそそり立ちます。

 

D75_7012

山頂からは御正体山ごしの富士山を眺めることが可能です、

「おい、道志山塊邪魔だぞ」といいたくなりますが

ここから見る御正体山はかっこいい形をしているので往復ビンタくらいで許してあげてほしい。

 

D75_7013

山頂碑のとなりに山頂碑、市や県の境目は必ず起こる山頂どっちか問題かな?

立派なのは相模原市、小さいのは藤野町のやつです、これは領土問題に違いない。

 

CSD_2900

この日は晴れ間もよく、白く染まった富士山がきれいに見えました。

石老山の一番の展望スポットです、手前の山も結構綺麗に見える。

富士山の眺望をしっかりと楽しんだら下山へと移ります。

 

D75_7015

石老山の山頂からは周回ルートでプレジャーフォレスト側の登山口に下山します。

山頂から再び杉林の樹林帯へおります。

 

D75_7021

こちら側は礫岩が多いです、ちょっと歩きにくい場所もある。

 

D75_7033

紅葉はこちら側の方が多かったです、

プレジャーフォレスト側に向かう登山道は日当たりもいいので色づきも良い。

 

CSD_2923

今年も紅葉は結構見ることができました、大マテイ山という穴場も見ることができたし。

百名山系の紅葉を見ることができなかったのは物足りないけど、

苗場山と鳳凰三山に行けたのでよしとします。

 

www.redsugar.red

 

CSD_2942

紅葉も始まりと晩秋で色味が随分と違うというのをようやく理解してきました。

やはり紅葉は初期が好きです。

 

CSD_2931

石老山は紅葉が少し少ないかな。

人が少なくて静かなんですけど、ちょっと物足りないところもあるので。

紅葉を求めて歩くなら奥多摩の御前山や三頭山まで入るといいかも。

 

D75_7038

午前9時50分、大明神。

この先に大明神展望台があるのですが、その手前に社のある休憩場があります。

大明神山と名前がつけられていますが樹林に囲まれた普通の山です。

 

D75_7039

ねん坂を目指して歩きます。

 

D75_7041

標高が低い石老山は紅葉があんまり綺麗じゃないようです、常緑樹が多い印象。

 

D75_7043

午前9時50分、大明神展望台。

相模湖を望む石老山の展望台に到着しました、先行者が結構休憩してる。

 

D75_7044

展望台からの景色は……。

「おい、この展望台展望がねーぞ」

 

CSD_2928

相模湖はかろうじて見えるレベル、融合平の方が景色が良かったような。

 

CSD_2927

唯一喜びを得たのはスカイツリー。

そう、この展望台からは天気が良ければスカイツリーが見えるのです。

富士山とスカイツリーを見れれば石老山から見えるすべてのものを見たと行って過言ではない。

 

D75_7047

展望台を後にしてプレジャーフォレスト方面へ下山開始、

日当たりの良いコースを歩くので紅葉が比較的多い。

 

D75_7051

すぐに過ぎ樹林の谷間へと誘い込まれました。

 

D75_7054

こちら側は礫岩が多い、岩肌が随分とザラザラしている。

 

D75_7056

雰囲気としては鎌倉アルプスとかが近い、神奈川県の低山って感じだ。

シダとスギで構成されていて苔がいたるところを覆っているってやつですね。

 

D75_7064

谷底は谷底で雰囲気がいいので、頑張れば綺麗な写真を撮ることはできるんでしょう。

こういう時に写真の上手い知り合いとかと一緒に歩いて教えてもらいたい。

 

D75_7076

下山路はちょっと道が荒れている。

 

D75_7085

しばらく歩くと舗装路との合流地点に到着、登山道は終わり舗装路歩きがスタート。

 

D75_7097

落ち葉で道路が見えません、秋の景色って感じがします。

 

D75_7098

しばらく歩くと石老山登山道のトイレが出現します。

特に使いたいと思うことはなかったのでスルーしましたが、周辺がすげー臭い。

 

D75_7099

瘴気を放つ白亜の城は無邪気な顔をしています、正直立地といい雰囲気といい

こんなところで用を足すやついるわけないだろなんのために立てたんだこれ……

そう思わざるを得ない雰囲気を出していました。

 

D75_7100

午前10時35分、相模湖休養村キャンプ場入口。

登山道の先にはキャンプ場との合流が、ここから先はキャンプ場の敷地になります。

営業はもう終わっているようで、人っ子一人いませんでした。

 

 

D75_7101

キャンプ場はコテージがたくさん、焚き火とかをするスペースはあるんでしょうか?

個人的にはコテージ、キャンプ場で思い出深いのは銀山平。

銀山平キャンプ場だけならまた行きたいなぁ……。

 

www.redsugar.red

皇海山だけはもう二度と登りたくはないんだけどね。

 

D75_7105

キャンプ場の敷地内を横断させていただいて車道へ、ここからバス停まで行くのですが

目の前に「渡し船」の文字が……、なんか心に残る。

ピンッときてしまったものって大体使うことになるの法則がここで発動する。

 

D75_7106

帰り道「風呂」と「渡し船」が頭の中で交錯します。

石老山は登山時間が短く、汗を流すこともなかったので風呂に入りたい欲求がわきません。

 

D75_7108

これは渡し船に乗って見るのもいいんじゃないか?

そんな欲求がむくむくと沸き上がります。

 

D75_7109

午前10時55分、渡し船へ。

気がついたら渡し船へと足を進めていました、風呂とレジャーを天秤にかけた結果

レジャーを選択することにしました、風呂なんて家に帰ってからでいいやの精神。

 

D75_7113

途中にお寺とかがあって、そこには綺麗な紅葉が落ちていたり。

下山してからの方が綺麗な紅葉が見られるのは低山あるあるですね。

 

D75_7115

5分も歩かないうちに船着場に到着しました、ドラムを叩くとおじさんがやってきて

船を出してくれます、料金は一人の場合1,000円かかります。

複数人だったら安いんですけどね、思わず「え、マジで!?1,000円!?」と漏らしてしまった。

 

月々の収入がおこづかい制である既婚男性には1,000円というのは大金なのです。(白目

 

D75_7118

「ここまできたらやるしかねぇ」の精神で船に乗ったら相模湖駅に向かってスタート。

おじちゃんに船を出してもらって相模湖を横断します。

 

D75_7130

「ヤベェ!!山よりも楽しいぞ、なんだこれおいっ!」

船というのは不思議です、山に登るよりもかなり楽しい。

今日のハイライトが石老山から相模湖の汽船になってしまう……、湖畔からの眺めいいし。

 

CSD_2954

登山をしていたはずなのに船からのいい景色を眺める帰路。

釣り人が何を釣っているのかがすごい気になりました。

 

CSD_2951

カヌーの練習している人たち、相模湖では釣り人、カヌー、スワンボートなど

湖のレジャーに楽しむ方々が楽しそうにしていました。

一人だけ登山の格好で船に乗るのは非常に恥ずかしいものがありましたね。

 

D75_7140

降車駅側に到着、スワンボートの主張がすごい。

 

D75_7146

降りると船頭のおじさんが「写真、撮るかい?」と聞いてくれたので

無言で親指を立ててカメラを渡し、1ショットお願いしました。

今日唯一のセルフショットは山じゃなくて湖に、今日何しにきたかもう曖昧です。

 

CSD_2956

湖畔の定食屋を横切り駅に向かいます、駅までは少し道が入り組んでいるので

グーグルマップ先生に道を聴きながら歩くのが良いでしょう。

途中にはこんな感じでジブリの魔女が釣りをしていたりするイラストが、すげぇ楽しそう。

 

D75_7152

午前11時25分、相模湖駅前。

午前中のうちに帰ってきてしまいました、高尾山よりも早い下山に衝撃をうけます。

当ブログの記事の中で登った山では一番下山が早かったんじゃないかこれ。

 

D75_7153

早く帰れればそれだけ家族が喜ぶという環境に置かれているため

この日はアイスも食べることなく家に帰ることに、JRだけで帰れるから相模湖って便利ですね。

D75_7156

スムーズに電車に乗り、埼玉のお家までぐっすりと寝ながら帰ることができる1日でした。

石老山、もっと長くて時間がかかる山かなと思いましたが

意外にサクッと終わったなという感想を得た山でした。

 

 

D75_7012

石老山、富士山とスカイツリーの見える山。

初心者向けのハイキングスポットということでしたが、体力的には楽チンで

富士山やスカイツリーを見ることができるので、高尾山の次に歩くのであれば

とてもオススメができる場所だと思います。

電車で直接アクセスすることも可能というところがいいですね。

 

D75_7067

帰りの樹林帯は少し億劫かもしれませんが、

樹林の景色を楽しむというところに焦点を当てれば新しい発見もあるかもしれません。

また、石老山は地質学的にはレアな礫岩がたくさんあるところなので

そう行ったところでいつか使える雑学を収集しておくのもいいのかなと思いました。

高尾山の次に登る山の一つとして、是非考えて見るのがよい山ではないでしょうか?

 

 

石老山の地図はこちら

高尾山と中央線沿線の山 陣馬山・生藤山・権現山・扇山・百蔵山・岩殿山・石老山・九鬼山など (ヤマケイアルペンガイド)
 

初心者にはオススメです、高尾周辺の山はレベルアップに最適な場所が揃っています。

 

この登山で役に立ったアイテム

カリマー リッジ 30 タイプ2 ブラック 57812

カリマー リッジ 30 タイプ2 ブラック 57812

 

軽めのザックを利用するといい山です、30リットルくらいのザックがいいでしょう。

 

ウイダーinゼリー エネルギー マスカット味 180g×6個

ウイダーinゼリー エネルギー マスカット味 180g×6個

 

低山をスムーズに歩くのであればウイダーはオススメです。

高山だと荷物になりますが、これくらいの山だと非常に使えます。

 

ファイントラックの神がかったインナーです、汗の悩みから解放されます、超オススメです。 

春夏秋とこれがあればめちゃくちゃ快適になります、汗のべたつきから解放されたい方は

ぜひともスキンメッシュを購入しましょう。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。