Red sugar

初心者向けの登山情報を扱った登山ブログ、山と写真とカメラの情報をお届けします

【奥秩父】御座山、石楠花咲く花の回廊、樹林を愛でる奥秩父の旅

2017_06_04_御座山

2017年6月4日、二百名山である御座山に行ってきました、標高は2,112mです。

北相木村にある御座山は八ヶ岳や南アルプス、

奥秩父の展望台でもあり周囲を数多くの名峰で囲まれている山です。

 

新緑の眩しい6月、御座山はシャクナゲがたくさん咲く時期でもあり、一つのピークを迎えます。

今年はシャクナゲをあまり見ていないなと言うこともあり、

石楠花トンネルを潜る登山をしてしてみたいという事で御座山に行ってみました。

快晴の空のもと歩く御座山、地味でありながら非常に楽しい山歩きが出来る楽しい山でした。

 

少々アクセスに難のある山ですが、6月に行くところに困ったらぜひともお勧めしたい山です。

 

ASN_5094

御座山について

奥秩父エリアと言えば金峰山や甲武信ヶ岳といった

百名山が集中する奥秩父縦走路エリアを思い浮かべる方が多いと思います。

少し視野を広げてみると御座山、男山、白石山など地図上にはまだまだ楽しげな山が沢山。

御座山は中でも二百名山に指定されていることもあり、そこそこ人気のある山だったりします。

 

御座山の特徴はその展望の良さで、

目の前に八ヶ岳が大きく広がる展望が非常に美しいとされています。

登山道は石楠花が沢山自生しており、

シーズンになれば石楠花のトンネルを潜り抜けて歩く登山を楽しむことが可能です。

 

CSD_7276

御座山の石楠花は奥秩父エリアではよく見るタイプのもので、

瑞牆山などと非常に似た雰囲気があります。

規模こそ瑞牆山には叶いませんが、樹林の美しさは瑞牆山のように綺麗なので

新緑の時期は特におすすめできる山の一つかと思います。

 

 

1.御座山日帰り登山に関して

御座山へのアクセス

御座山は非常にアクセス難易度の高い山です、車を利用することをお勧めします。

車を利用する場合は長者の森ロッジをナビに打つと良いでしょう。

【新幹線】大宮→佐久平  5,380円

【電車】佐久平→小海   500円

【バス】小海→中島    100円 村営バス

【バス】中島→栗生    100円 村営バス乗り換え

【バス】白岩→小海    100円 白石登山口へ下山

【電車】小海→佐久平   500円

【新幹線】佐久平→上野  5,380円

公共交通機関合計運賃 13,140円 車で行くのが良いです。

【公式サイト】長者の森(信州北相木村)公式サイト

 

御座山のコースタイム

D75_6890

長者の森登山口9:10→鉄塔10:15→前衛峰11:30→避難小屋12:00

山頂12:10-13:00→前衛峰13:30→鉄塔14:25→長者の森登山口15:30

合計登山時間6時間20分 樹林が多く長めに感じます。

 

この登山で利用したカメラとレンズ

NIKON D750+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

NIKON D810+AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

Flickr https://flic.kr/s/aHsm3wHCHh

 

2.長者の森からスタート

ASN_4952

2017年6月4日午前8時50分、御座山駐車場。

早朝の上信越道を走りやってきました御座山、このエリアは高速を降りてからがなかなか長い……。

訪れる際は下道を走行する時間を長めに考えて訪れるのが良いでしょう。

駐車場自体は結構な広さがあり、20台くらいは車を止めれるんじゃないかなと言った雰囲気でした。

 

ASN_4953

恒例の登山前トイレチェック、御座山の登山口はキャンプ場と隣接しており

そちらのトイレを利用させてもらう感じになっています。

 

ASN_4955

神のトイレでした、星3つが余裕でつきます。

御座山を訪れる人はトイレに関して心配することは何もない。

 

ASN_4957

午前9時10分、準備をしたら早速登山開始です。

周りに何組かの登山客がおり、人気の山なんだなと言うことを感じさせてくれます。

 

CSD_7188

御座山登山口にはオブジェがたくさん置かれている、

一体何なのかはわからないものが多い、これは怪獣?

 

CSD_7192

渓流は爽やかな風を提供してくれますが、水量があまり多い感じではない。

 

CSD_7194

アミガサタケ……か??

どう見ても巨大なアレにしか見えないんだけど大丈夫かこれ。

女子がいなくて本当に良かった、セクハラ山じゃないかこんなのと思う僕の心は汚れている。

 

CSD_7198

登山口に向かうためにまずは車道を歩きます、車道脇にウドが沢山生えてて面白い。

この山、山菜が非常に豊富だぞ。

 

CSD_7206

登山口への指導表はこんな感じ、よく整備されているわけでもなく、朽ちているわけでもなく。

 

ASN_4962

非常に気持ちがいい樹林帯歩きです、木漏れ日と新緑、足元のふかふかした落ち葉。

歩いていて楽しい山なんですね御座山は。

 

ASN_4961

前半の樹林はこのような感じで山菜とシダが生い茂る、

5月にここに来れば山ウドが採れるでしょうね。

僕は家から片道3時間もかかるから来ないけど……。

 

ASN_4964

前半は水場が近かった為、虫が多いです。

時期的にブヨはまだ出ていないけども羽虫が纏わりついてとてもあるきにくい。

 

CSD_7208

ヒイラギソウかな??

いくつか咲いていました、この時期だと新緑メインで花が少なめ。

 

CSD_7207

緑がとても美しい。

 

ASN_4969

しばらく歩き続けると森の様子が変わり、空が見えるようになります。

ツツジも姿を見せるようになり、本格的なスタートを感じさせてくれる。

 

ASN_4974

今日も快晴です、奥秩父の山々ですが青々としている……。

長野と群馬と埼玉の県境付近って滅茶苦茶山深いんですよね…。

 

ASN_4979

登山道は落葉に覆われ非常に歩きやすいです。

木漏れ日が程よく、気温も涼しいため

一年で一番気持ちのいい山歩きができていると言って過言ではない。

 

ASN_4981

森はご覧のような感じで新緑映えする景色が広がる。

 

3.尾根道に広がる石楠花天国

ASN_4982

午前10時10分、鉄塔。

送電線用の鉄塔が最初のチェックポイントです、鉄塔があると中央線沿いの山とかを思い出す。

低山感を感じさせるアイテムですが、御座山は標高2,000mを越えているそれなりの高さの山。

 

CSD_7227

真下に入るとやりたくなりますよね。

 

CSD_7228

送電線鉄塔の中を通ります、すごいところに道が通っているな…。

 

CSD_7229

鉄塔の足元は何本ものボルトが打ち込まれててカッコいい。

 

ASN_4985

再び樹林帯へ、御座山は山頂以外は全部樹林の山なので、

森歩きが苦手な人には結構苦痛な山かもしれない、森は抜群に綺麗なんですけどね。

 

CSD_7230

木製の階段が設置してありますが、所々壊れているので横をソロりと通ります。

最近木道や階段で怪我をしたので人工物に対しての信頼感がゼロです。

 

CSD_7233

長者の森を過ぎて御座山へ。

 

ASN_4989

ここから倒木が増えてきます。

アスレチックな雰囲気を演出してくれるアイテム程度の倒木なんで歩くのに支障はない。

 

CSD_7239

岩に落ちる木漏れ日、森の中を歩くのも悪くない。

 

ASN_4993

所々にケルンが積み上げられている。

 

ASN_4995

午前10時40分、白岩コース分岐。

白岩登山口方面からの登山道との合流地点になります。

 

CSD_7219

ここから石楠花がスタート、登山道の両脇を彩る石楠花の道が始まる。

 

CSD_7224

ミツバツツジも石楠花の影に隠れて元気に咲いています。


ASN_4998

石楠花トンネルが何箇所も現れます。

 

CSD_7242

しばらくは石楠花を見つつ御座山を登り続けます。

 

CSD_7245

瑞牆山のときと同じく石楠花が登山道の両脇をずーっと彩る。

 

CSD_7252

石楠花撮影タイムがしばらく続きます。

とってもとっても次から次へといい石楠花が現れて困る。

 

CSD_7261

玉ボケと石楠花のコンビをしばらく撮影し続けるのでした。


ASN_5003

登山道は場所によってこのように石楠花の木に覆われてしまっています

石楠花の咲く時期に歩くべき山なのは間違いない。

 

ASN_5018

石楠花トンネルをすぎれば松の枯れ葉が積った登山道に戻ります。

 

CSD_7295

木の根が張り巡らされた登山道ですが、周りが松の枯れ葉で覆われているため

とても歩きやすい、高尾山級の歩きやすさがある。

 

ASN_5025

点在する石楠花が道案内をしてくれているようだ。

 

CSD_7269

赤白ピンクと様々な色の石楠花が目を楽しませてくれる。

 

CSD_7273

特にピンクの石楠花は綺麗です、華があっていい。

 

CSD_7281

少し日陰の石楠花のほうが綺麗に撮れた気がします。


ASN_5028

暴力的な石楠花の祭り会場を抜けて行きます、

まさかここまで石楠花がたくさんあるとは思わなかった。

 

CSD_7311

落葉松ですかね、新緑でキラキラしています。

落葉松のある山は地面も綺麗になるのでとても好きです。

 

CSD_7319

登山道の倒木には印がついているのでそのうち解体するんでしょうね。

上のほうはよく手入れが行き届いた山だなと感じる。


ASN_5035

植林地帯が少ないのでしょうか、適度な木漏れ日が本当に気持ちいい。

 

ASN_5039

青空の下に出ると痛いほどの光が照りつけます、6月の太陽は夏の片鱗を帯びている。

 

ASN_5044

ひたすら登る。

 

ASN_5054

午前11時33分前衛峰到着。

前衛峰の手前まで来ました、ここからまだもう一登りが必要になります。

結構歩いたので疲れました。

 

CSD_7322

三角点、この三角点をすぎればあともう少し。

 

ASN_5056

奥秩父らしい枯れ木と倒木が入り乱れる景色が広がってきました、山頂はもうすぐです。

 

ASN_5057

前衛峰から山頂までは大した登りではないのですが、なかなかに体力を使う。

 

ASN_5063

森がきれいなことだけが救いです、奥秩父は長野側など北のほうがきれいな気がします。

山梨側って植林が多いイメージなんですよね。

 

CSD_7334

最後のひと踏ん張り、水だけ飲んで歩きます。

誰もいない森の中、地面を踏みしめる音だけが鼓膜を揺らす。

 

CSD_7339

午後12時00分、御座山避難小屋到着。

山頂直下にある御座山避難小屋に到着しました、ここまでくれば山頂に到着したも同じ。

 

ASN_5066

小屋の窓は締め切られていましたが、中はきれいな床張りで過ごすには快適そうな避難小屋。

 

4.展望ひらける山頂の世界

ASN_5070

小屋の先からは一気に展望が開ける岩稜地帯が広がります。

御座山の長い樹林帯のご褒美はこの山頂。

 

CSD_7342

イワカガミが咲いていました、山頂直下だけに咲いています。

 

ASN_5071

山頂はこのような石峰となっており、抜群の高度感があります。

画面左側は崖なので落ちるとゲームオーバー、細心の注意を払って歩きます。

 

ASN_5118

気持ちの良すぎる山頂にすっかり気分を良くしたRS氏。

八ヶ岳は雲の中に隠れてしまいましたが、南アルプスがきれいに見えるから良し。


ASN_5127

午後12時15分、御座山山頂到着。

ニ百名山の一角を形成する山頂に到着です。

山頂からは南アルプス、八ヶ岳、浅間山、奥秩父を見ることができるため

展望は抜群と言った所です、山自体に格があればこの山も百名山になっていたんだろうけど、

地味だから二百名山ということか。

登山道の雰囲気はよく、歩いていて楽しい山なんですけどね。

 

ASN_5077

八ヶ岳はガスの中、同日登っていた人の記録を見る限りでは

こちら側にだけ雲がかかっており、アルプス側はきれいに見えたんだとか。

 

ASN_5080

二百名山です、ダッフィー。

 

ASN_5083

かっこいい岩山が目の前に飛び出している、絵になる。

 

CSD_7351

af-s nikkor 58mmf1.4gで撮影、岩肌の細微な表情が見えます。

むこう側って行けるのかな?

 

ASN_5075

目の前の山は男山、天狗岳っぽいですね。

餓鬼岳→女峰山→男山→太郎山という、ガキだった俺が女を知って男になって父になる

というストーリー登山にはこの山が必要です、ちなみにこの提案は青い人がしていました。

 

CSD_7357

この時は八ヶ岳絶望的な状況だな…と思い眺めていました逆側が晴れていたようです何より。

 

ASN_5094

山頂は人で溢れていたのですが、水を飲んだりパイン食べたりして

暇つぶししているうちに一人になるチャンスが到来しました。

すかさずセルフショットを撮影する、ソロは大変です。

 

ASN_5104

奥秩父方面も無事に晴れたようだ。

五丈岩っぽいのが見えているし瑞牆山のギザギザとした山肌も見えている。

 

ASN_5111

こちらもまた気持ちがいい、……座ってみて気が付きましたが

この位置かなり怖い、足滑らせたらとんでもないことになるのでそろりそろりと退散しました。

 

CSD_7355

南アルプス方面は超快晴、気持ち良さそうな天気です。

 

CSD_7373

奥秩父を詳しく見てみましょう、うーん……緑だ……。

 

CSD_7364

両神山、ゴジラの背中のような姿をした山は特徴的ですぐに見つけられますね。

 

CSD_7389

妙義山方面、こちらの景色はかなり個性的。

中国の仙人がいそうな、独特な石峰がいくつも林立しています。

その奥にあるのは赤城山?それとも榛名??

 

CSD_7385

山頂の目の前に見えるのは浅間山、少し天気が悪いみたいですね。

浅間山、四阿山、草津白根山、苗場山と続くラインにはなかなか悩まされます、天気が読みづらい。

 

5.午後の日が照らす森を下山

ASN_5130

午後1時5分、下山開始。

山頂を存分に楽しんだので下山を開始します。

 

CSD_7393

ピストンとなるので、日が傾きかけて色のついた陽光が照らす道を戻ります。

 

CSD_7417

午後の光に照らされて色めき立つ石楠花、午前とは一味違う色味。

 

CSD_7398

午前と午後で日の光の色が違うため、ピストンでもよく見れば景色が違うのです。

 

ASN_5135

午後1時30分、前衛峰到着。

前衛峰でシャリバテ気味になったので食料を補給します。

相変わらずのドライパイン、美味しい……。食欲がわかなくても食べれます。

 

ASN_5136

倒木の道を乗越えてひたすら歩く。

 

CSD_7418

石楠花地点以外はかなり急ぎで歩いた気がします。

 

ASN_5145

後半は石楠花も見飽きてほぼ興味を失うという事態に。

 

CSD_7419

午後の木漏れ日に照らされた森はそれはそれで美しいものでした。

道も歩きやすいし不満はない。

 

CSD_7420

長者の森へ帰りましょう。

 

ASN_5158

午後2時25分、鉄塔到着。

鉄塔では最後の登り返しが待っています、ここを登り返せばもう登りはありません。

とっとと降ってしまいましょう。

 

CSD_7421

折れた木がエイリアンみたいになってました、ななふしのエイリアン。

 

CSD_7426

本当によく整備された道、マイナーな山なんだけれども近郊の人にはよく登られてるんだろう。

 

CSD_7429

新緑登山ということでもちろん新緑も押さえておきました。

ワンパターンな透かし新緑ですが……。

 

CSD_7431

これも登山をしていると風物詩的なものになってきました、この時期はやっぱこれ撮るよね。

そんな感じで撮影対象からも季節感を感じ取るようになってしまった。

 

ASN_5161

シダが生い茂る所まで下りてきたらあともう一踏ん張り。

 

CSD_7435

登山道わきにたらの芽を発見しました、登山道わきで発見したのは初めてです。

 

CSD_7434

ハルゼミの抜け殻も一緒に。

この山は山菜が非常に豊富であるため、登山口の近くを探すだけでボロボロと山菜が取れそう。

 

CSD_7436

ちん……アミガサダケのオブジェまで戻ってきました。

 

ASN_5168

午後3時30分、長者の森登山口到着。

途中山うどの株を確認するために20分ほど山中をウロウロしてしまい道草を食ってしまった。

歩くだけなら午後3時には下山できたと思います。

帰りの支度を整えたら温泉へ向かいます。

 

ASN_5170

午後4時5分、登山口から車で15分ほどの温泉「滝見の湯」へきました。

南相木村の温泉になりますが、御座山下山後はこの温泉が非常にオススメです。

 

ASN_5172

南相木村というど田舎にあるのでどんな温泉かと思っていたら……

あれ、めちゃくちゃ綺麗だし施設がでかい。

 

ASN_5174

休憩室は漫画完備、クッション完備のねれる個室まであります。

最強かよ。

 

ASN_5176

お風呂も非常に気持ちがよく、露天風呂水風呂を交互に行き来して最高にリフレッシュ。

風呂上り後のビン牛乳も最高に美味しかったです。

山以上に温泉のクオリティが高くて驚きました、このエリアの山に行くならここはオススメ。

 

ASN_5177

最後に極め付けのソフトクリームを味わいます、非常に……濃厚!!

那須高原で食べるような濃厚な脂肪分の味わいが舌と喉を刺激する一級品のソフトでした!

 

CSD_7437

温泉をあとにした僕は北相木村へ戻り、ぶどう峠という酷道を通り埼玉まで下道で帰る。

という誰にもオススメできない後半戦を展開しました。

北相木村へ戻る途中、御座山を下から眺めることができたのですが

下から眺めると全然印象の違う山ですね、こんなに立派な岩山だとは思いませんでした。

長者の森からは緑豊かな山の一つにしか見えませんが、正面のこの姿はかっこいいの一言。

ぜひこの御座山の姿をみなさんにも見てもらいたいものです!

 

6.まとめ

CSD_7440

日本二百名山【御座山】

二百名山の一角を構成するその山は北相木、南相木ではとりわけ目立つ立派な石峰でした。

華やかさこそはないものの、歩いてよし、見てよし、温泉良し

楽しい山歩きの要素を3つも満たしてくれていたと思います。

6月という高峰がまだ雪に閉ざされているシーズンですが、

少し標高の低い2,000m級の山は高山植物などが咲き始めるシーズンでもあります。

奥秩父の山は一斉に石楠花が開花し、花の季節の始まりを告げる時期。

瑞牆、甲武信岳など百名山を歩いたあとであれば、ぜひ御座山も歩いてみてほしいところです。

 

ASN_5118

山頂からの景色は抜群で、山座同定をするのがとても楽しい山です。

百名山をいくつも眺めることができ、高度感も非常にあるので満足度は高いでしょう。


ASN_5111

八ヶ岳、南アルプスの眺望は抜群。

今回は八ヶ岳こそ見ることはできませんでしたが、南アルプスは南部方面まで見ることができ

本当に綺麗で透き通った空を味わうことができました。

梅雨入り前の空が綺麗な時期に、とてもおすすめできる山域です。

 

アクセスは多少難しいですが、楽しい山歩きと気持ちのいい温泉に入れることは間違いありません。

 

 

御座山の地図はこちら

山と高原地図 西上州 妙義山・荒船山 2017 (登山地図 | マップル)

山と高原地図 西上州 妙義山・荒船山 2017 (登山地図 | マップル)

 

 

この登山で役に立ったアイテム

パーフェクトポーション アウトドアボディスプレー50ml

パーフェクトポーション アウトドアボディスプレー50ml

 

最初は虫が多いところを通るので虫除けスプレー必須です。

 

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 500ml エスプレッソ JNO-501 ESP

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 500ml エスプレッソ JNO-501 ESP

 

暑くなってきたので、氷を満杯まで入れて水を入れて持って行きました。

家に帰るまで冷たい水が飲めます。 

 

KOSE コーセー サンカット 日焼け止めジェル 50 (ウォータープルーフ) (SPF50+ PA++++) 100g

KOSE コーセー サンカット 日焼け止めジェル 50 (ウォータープルーフ) (SPF50+ PA++++) 100g

 

日光が非常に強い季節に入るので日焼け止めは必須です、塗らないと悲惨なことになります。 

 

こちらの奥秩父関係の記事もぜひご覧ください。