読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Red sugar

初心者向けの登山情報ブログ、山と写真とカメラの旅

【奥秩父】金峰山、雪に染まる五状岩、奥秩父の盟主へ登る雪山登山の旅

 2017_01_22_金峰山

2017年1月22日、奥秩父の盟主たる名峰「金峰山」へ登ってきました。

標高は2,599m、冬季は奥秩父の中で唯一雪山らしい姿になる山。

 

厳冬期の千代ノ吹上は一見の価値がある、という話を聞いて以来

いつかは行ってみたいと思い続けていました。

なにせ金峰山に最初登った時は大弛峠から、標高差の無い道を歩き続け気が付いたら山頂。

金峰山の楽しさを十二分に感じることはできない登山でした。

 

じっくりと金峰山の稜線を味わいたいとなれば砂払ノ頭から稜線を歩き、

五丈岩を視界に収めながらじっくりと登っていきたい…、

白く染まった金峰山の持つ優雅な稜線を楽しみ、雪と氷に包まれた山頂を収める。

 

しかし、そんな金峰山の幻想の前に立ちはだかっていたのは、雪山特有の歩きにくさ。

そしてとても長く続く樹林帯でした……。

樹林を乗り越え稜線を追い求める、冬の金峰山の旅の始まりです。

 

 

CSD_2578-2

目まぐるしく姿を変える頭上の雲。

それを眺める僕の右頬へ、千代の吹上げへと舞い上がっていく寒気が突き刺さる。

霞んだ視界が一瞬で鮮明さを取り戻すような景観、樹林を歩き続けた挙げ句強張った表情筋も

心を打つ景色を前に眉間のシワを残しゆっくりと弛緩して行く。

 

CSD_2659

自然造形物としては些か不自然な様相を携える五丈岩を擁する金峰山。

その山頂は木に恵まれず痩せた砂地と岩が散乱している、

信仰の対象として積み上げられたかのような岩は土着の神たる存在感を静かに発している。

この山が奥秩父にあって盟主と呼ばれるのも、

不思議な威厳を醸し出す岩の魅力によるところもあるのだろう。

 

 

はい、今回は奥秩父の盟主、金峰山冬の陣です。

夏に一度登ったことのある金峰山ですが今回は冬、

そしてコースは富士見平小屋からのピストンコースという標準的なコースです。

しかし、僕が歩いたことのあるのは高低差がほぼない大弛コース、

対して今回の富士見平小屋コースは標高差が1,000mのタフなコースです。

更に足元には雪、絶対に楽ではないことが初めから判明している金峰山ですが

どうしても見たいものがありました……。

 

雪の千代の吹上げ、ただそれが見たいがためだけに金峰山を歩きます。

冬の奥秩父、そこに待っていたのは雪化粧をし、冬の威厳を携えた岩の稜線と五丈岩でした。

 

 

1.金峰山冬季登山について

金峰山へのアクセス

冬季のアクセスは車となります、瑞牆山荘までは地面が凍結しているので

スタッドレスを履いた車で来るようにしましょう。

【高速】初台出入り口(新宿)→ 須玉IC 2,860円(ETC料金)

往復交通費 5,720円 ガソリン代が4,000円くらい

  

金峰山登山のコースタイム

地図

瑞牆山荘駐車場9:25→富士見平小屋10:10→大日小屋11:00→砂払ノ頭12:25→

山頂13:15-13:50→砂払ノ頭14:15→大日小屋15:15→富士見平小屋15:55→瑞牆山荘駐車場16:35

合計登山時間 7時間10分 7時間分以上疲れた登山でした……。

 

今回撮影で使用しているカメラ

NIKON D810+AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED

広角単焦点のみで登ります。

 

flickr

2017_01_22_金峰山(冬/瑞牆側ルート) | Flickr

写真をまとめてみたい方はflickrからどうぞ。

 

2.瑞牆山荘から登山開始

CSD_2459

2017年1月22日6時10分、JR川越駅。

奥秩父金峰山へ向かうために、本日のパートナーであるたけのやさんと合流するため電車で移動。

前日も遅くまで働いていたので、始発で合流となりました

寝不足は変わらず、頭痛がします……。

今日の金峰山は以後ずっと頭痛に悩まされコンディションが上がらない状態に。

 

CSD_2460

中央道をひた走り瑞牆山荘を目指します。

車に乗ると話しちゃうんですけど、おとなしく寝た方が良いのかなと最近思います。

20代の頃より確実に寝不足に対する耐性が弱くなっています。

 

CSD_2464

午前9時25分、瑞牆山荘駐車場到着。

少し遅めのスタートになりますが、天気は良い感じです、

午後になれば曇るということだったので早速出発することにしました。

 

CSD_2465

プレイボールです、まずは富士見平小屋を目指します。

駐車場からいろんな足跡が森のなかに向かって延びている……。

 

CSD_2466

最初は20センチくらいの浅く積もった雪の中を歩き続けます、

踏み固められているのでアイゼンがなくてもこの辺は歩けました。

 

CSD_2474

太陽はすでにこの位置、森に清涼な空気をお届けしてくれています、

冷たい空気が鼻先をツンと刺激してくれる。

 

富士見平小屋

CSD_2478

午前10時5分、富士見平小屋到着。

冬でも運営している富士見平小屋、美味しいコーヒーがあるとの看板が出ており、

早速休憩したいと思わせてくれます。

でもここでコーヒー飲んでくつろいだら山頂いかなくなっちゃうな。

 

CSD_2489

富士見平小屋でトイレ休憩をしたら山頂へ向かいます、次の目的地は大日小屋です。

これが結構遠い……、樹林と格闘し続けるのですが、

久々に12ラウンドKO負けを喫した気分になる樹林でした。

 

CSD_2492

雪の降り積もった奥秩父の山の中をですね、歩き続けるわけですね。

足元にさらさらの雪がまとわりつく、砂の中を歩いているように、

大地を踏みしめる力が分散していくのがわかる。

 

CSD_2494

奥秩父は樹林がきれいな場所です、雪を被った樹林帯にも美しさがある。

しかし、歩き続けていると着実に体力を奪っていってくれます、白い牢獄やー!

 

CSD_2495

前日も晴れていたので雪は乾燥しきっているのですが、

いくら踏み固められていても雪のなかは歩くのしんどいのです。

 

CSD_2496

大日小屋まで結構歩きます、だらだら登り続けるので大変です、

いわゆる横に長いコースなのですが、時折急な登りがあるため体力が削られます。

 

CSD_2497

巨大なばってん発見、こっちに来るなよということでしょうかね?

遊び心のある倒木でした、林業の人もわざとやったんですかね?

 

CSD_2498

ひたすら雪の中を進む、大日小屋まではそんなに積もっていません、

アイゼンなくてもストックがあれば歩けそうです。

そしてこの日僕はピッケル装備だったのですが、

普通に失敗しました、ストックで正解の山でしたね。

 

CSD_2499

木々の模様が綺麗です、苔の雰囲気も良いので夏に歩いても楽しいでしょうね。

僕は夏に金峰山に来たときは大弛峠から歩いたのでちょっと損をしたなと思いました。

 

CSD_2501

最初はこれくらいの雪が積もった樹林山で雪に慣れる経験をしたいところですね。

僕も本格的な雪山に登る前に奥多摩の三頭山や御前山で

雪の樹林歩きをしていましたが、最初から八ヶ岳に行くよりも安心できるのでおすすめです。

 

大日小屋

CSD_2505

午前11時00分、大日小屋。

雪が降り積もった谷底に大日小屋が、ようやく大日小屋前に到着しました……。

軽く休憩したら千代の吹上げを目指して歩くことにします、まだまだ先は長い。

 

CSD_2503

上をみればそんなに時間もかからないだろうと思うのですが、ここからも結構長いのです。

 

CSD_2506

ここからは先頭をたけのやさんに変わってもらって歩いてもらいます、

僕の体力が大分減っているので思ったように速度が出ません。

 

CSD_2509

急な斜面も登場、ここまで来るとアイゼンが必要です。

雪がさらさらしているのであんまりアイゼンが効いてる気がしません、

爪先を蹴り込んで登っていきます、こんなの雪国では日常茶飯事です。

(北海道では冬の雪遊びで雪の斜面歩き等を学習する子供が多いような?)

 

CSD_2517

太陽がさんさんと照りつけ、木漏れ日が気持ちよいのですが、

風も吹き付けてきたので感動していられません、寒い。

 

CSD_2518

途中までアウターを脱いでいたのですが、ここでアウターを着こみました、手が冷たい……

手袋も2重にすべきでした、ウインタートレッキンググローブだけだと寒くてたまりません、

ザックからアウターグローブを出して装備しておけばよかったと後悔しました。

ザックを下ろすのがめんどくさいのでそのまま上ります。

 

CSD_2521

景色は最高、今日は少し雲が多いですね、西側の山々には雲がかかっています。

  

CSD_2527

千代の吹上げを目指して歩き続けます、風が非常に強くなり、気温も急に下がりました。

寒気の中に突入したんでしょうか、大日小屋付近で急に寒くなりました。

 

CSD_2535

樹林の中なのに風が吹き付けています、写真ではただのきれいな景色なんですけど、

この時結構風が吹いてて体の体温を着実に奪っていってくれていました。

 

CSD_2543

標高も上がり景色の白さが増してきました、ここはホワイトバランスを蛍光灯にして青くして撮影。

まだ写真で遊ぶ心の余裕がある。

 

CSD_2548

千代の吹上げまであと少し、急な登坂を必死で上ります、

一気に標高をあげるわけで……きっつーの一言です。

 

CSD_2554

それ以上に寒い、二人とも寒さに震えながら上ります、なかなか体温が上がらない。

いや、動いていて暖かいのですか吹き付ける風がその熱を容赦なく奪っていきます、

鼻水が無意識に流れ出すくらいには寒い。

 

CSD_2549

景色が雪山そのものとなり、木々の表面は凍りついた真っ青な世界が広がる、

トレースはそんなに濃いわけではなく、場所によっては足をつけば穴が開いてしまう、歩きにくい。

 

CSD_2556

木々や岩についた細かい雪の粒子が寒さを物語っている、ここは極寒の金峰山。


CSD_2550

日陰なのでなおのこと寒いのです、早く日光が浴びたい……、

太陽の出てない雪山とか寒すぎます……。

 

CSD_2558

ようやく稜線か?

太陽の光を追い求めて稜線へと今這い上がります、上はすごい勢いで風が吹いてる。

 

CSD_2560

午後12時25分、砂払いノ頭到着。

ようやく稜線、ここから山頂までまだ少しありますが、展望も開けて大分歩きやすくなります。


CSD_2561

空に向かってつき出す岩、ちょんまげやアシカみたいですね。

 

CSD_2565

少し上の方まで行くと景色が広がります。

快晴であれば屏風のように横一面に広がるアルプスが見えていたことでしょう。

今日はどこも雲の中に頭を突っ込んでおります。

 

CSD_2568

雲が出てきてしまったので先を急ぎますが、全線速度が上がりません……。

これまでの樹林帯歩きで足がパンパンです、

雪山は通常の2倍くらい疲れやすいのですが、この日は寝不足も重なったため本当に大変でした。

 

CSD_2570

富士山も見えましたね、太平洋側は綺麗に晴れているようです。

 

CSD_2571

振り向いて八ヶ岳、赤岳は雲に包まれてしまっています……。

 

CSD_2573

富士山が見えてからは歩くのが楽しくなる、冬の醍醐味は富士山。

富士山を見ながら歩けば不思議と力がわいてくる。

 

3.千代の吹上げを登り金峰山山頂へ

CSD_2578

午後12時30分、千代の吹上げ到着。

ついに冬の千代の吹上げに到着しました、雪はちょっと少ない気もしますが、立派な景色です。

今までの樹林とは全く別の世界が広がります、

この景色を見るためだけに今日歩いてきた、樹林という予期したおまけがついてきたけど。

 

CSD_2581

稜線からの富士山、とても良し。

 

CSD_2589

風が強い、風速20mとかはないけど、10~15位の風が吹き付けています。

細かい砂のような雪が頬を叩き、いつの間にか顔は真っ赤になっていた。

 

CSD_2591

山頂までまだまだ距離があります、近く見えるんですけど、ここからも長いのです。

アイゼンをつけているお陰で膝にかかる負担も大きく、足が疲れやすいんですよね。

 

CSD_2595

千代の吹上げは片側がストーーーーンと切れ落ちた崖なので、

調子こくと大変なことになるでしょう。、覗き込むと心臓に悪い景色が広がっています。

 

CSD_2592

千代の吹上げをゆっくり撮影して体力を回復させたら山頂へ向かいます、どんどん進むたけのやさん。

フリークライミング等をやっているだけあって体力はもちろん僕よりも全然あります、

すいすい上がっていく。

 

CSD_2597

奥秩父の山々を見渡すと本当に樹林ばかりです……、全部植林なんだろうか?

黒々とした森が視界の奥まで広がっている。

 

CSD_2598

稜線はとにかく冷えるの一言、岩の表面を見ても氷の粒がびっしりとつきまとっています。

 

CSD_2599

しばれきった木々、これまでの樹林とは世界が違う、ようやく雪山らしさが出てきた。

 

CSD_2600

山頂までの最後の登りだけども、シャリバテになってしまい足が上がらない、

チョコバーをもっとたくさん食べておくんでした。

 

CSD_2603

青空広がる金峰山、しかし風は冷たく体の芯から引きっています、

指先が冷たい、そして時折歯がガチガチする……。

ご飯パワーが切れると体温が下がる体質なので、早急にご飯を食べなくてはなりません。

 

CSD_2604

すべて稜線というわけではなく、北側の斜面を歩いて上っていく場所もあります、

北側斜面は雪がバリバリなので足を引っ掻けないように注意です。

 

CSD_2605

五丈岩が全近くなりません、呪いでも受けてるのか僕は。

 

CSD_2607

稜線は風の音だけが響く氷の世界が広がっている。

 

CSD_2613

雪の結晶のその一つ一つが綺麗に見えるくらい、乾燥した空気が周りを包み込んでいる。

 

CSD_2611

登る、登る、歩く、歩く。


CSD_2615

疲れたら休憩しても良い、でもひたすら振り絞って歩く、歩く、登る、登る。

 

CSD_2617

富士山を撮影するといって休憩したってバチは当たらないだろう、良い景色なんだもの。

 

CSD_2619

白いサンゴ礁におおわれたような、岩と低木の世界、山頂は真上にあるというのにたどり着かず。

初めて「ここでもう帰ってもいいかも」という気持ちになる、あと100m無いのに。

 

CSD_2621

頬を撫でる風、底冷えした空気、鮮烈な白い景色の奥では寒さに震えた僕が頑張っている状態です。

D810も、そこに付けられたAF-S nikkor24mmf1.8Gもキンキンに冷えていました。

それでもびくともしないのがこのカメラの良いところです。

 

CSD_2623

岩が凍っている。


CSD_2626

最後のつづら折りを登る、カリカリと音をたてる足元、さらさらと上から流れてくる雪の結晶。

金峰山の冬は谷川岳や日光白根山よりも数倍キツイ場所である、まずは寝不足を解消したいけど。


CSD_2631

ようやく目の前に五丈岩が見えてきました、残念ながら空に雲がかかり始めてしまいました。

 

CSD_2633

すごい速度で姿形を変える雲、今ならまだ間に合う!

下山に使う以外の最後の力を振り絞り山頂に立つんだッ!!

写真を撮りながら全力で登るんだ!ゆっくりと急いで!

 

CSD_2635

午後1時15分、金峰山山頂到着。

ようやく金峰山山頂へ到着しました、長かった……、

樹林を歩き続け稜線に上がってどれくらい歩いたのだろうか。

でも山頂は良い、頭痛も自と気にならなくなりました。

 

五丈岩輝く金峰山山頂

CSD_2637

金峰山山頂といえば五丈岩。

不自然に積み上げられたこの岩は本当に自然の産物なのか疑いたくなります。

絶対に誰か積んだでしょといいたくなるような見た目をしている五丈岩、

流石に冬の期間は登れません……。

 

CSD_2640

ゆっくりと雲が太陽に被さり、空は白と青のコントラストに包まれて行く……。

神妙な気持ちになってしまいます、それと同時にとてつもない寒さが……、

今までの陽光の暖かさが激減したからか。

 

CSD_2641

山頂指導標が新品になってました、前来たときはこんなんじゃなかったけどな。

 

CSD_2649

五丈岩を裏から見上げてみます、本当に綺麗に積み上げられている、どうなってんだこれ。

 

CSD_2652

即座にコッヘルに水をいれて火を着けます、カップラーメンで体を暖めるためにもお湯が必要です。

そしてラーメンができるや否や体に注ぎ込んで体温をあげます。

カップラーメンを補給して体が動くようになったので山頂指導標へ向かいます。

 

CSD_2654

午後1時45分、金峰山山頂標。

この団子のような山頂標こそが山頂の証です。

冬の金峰山、ようやく登ることかできました……、辛かったー。

 

CSD_2657

大弛方面へ足跡が延びていたのですが、この時期向こうから歩いてきたというのか……。

 

CSD_2658

雲が広がる金峰山、風にあわせて刻々と形を変える。

そして僕はあまりの寒さに肩を震わせる。

 

CSD_2659

下で待つたけのやさんの所で補給をしなくては体が持ちません、

こんな寒い奥秩父経験したことがない、流石約2,600m……。

 

金峰山涙の下山

CSD_2663

たけのやさんと合流し、二人で肩を震わせながら下山開始です。

 

CSD_2665

稜線から降りるのが名残惜しい、あんなに苦労して上ってきたのに、

山頂には一時間といないわけです、今日ばかりは自分の体力の無さを恨みます。

 

CSD_2667

着々と金峰山の山頂にだけたまって行く雲、

このままちんたら歩いていても寒いだけと判断し下山を急ぎます。

 

CSD_2670

千代の吹上げ方面は良い天気です、青空が気持ちよく広がっています。

 

CSD_2672

下山のタイミングでも八ヶ岳は雲の中でした……。

 

CSD_2676

既に速度が全く上がらなくなっている僕、後続の方にどんどん先に行ってもらいます。

 

CSD_2680

午後2時15分、砂払いノ頭到着。

ピストンで駐車場まで戻ります、この先の長い樹林が今から不安でならない。

横に長くアップダウンが数回続くので、下山にも体力を使うのが金峰山です。

 

CSD_2683

それでも下っているんだという気持ちのお陰で幾分か楽に下れます、足取りも軽い。

 

CSD_2685

登りでは気がつかなかったのですが、誰かの登山記録の数字が。

丁度昨日のものになりますね、昨日も良い天気だったんだろうな。

 

CSD_2695

午後3時15分、大日小屋到着。

大日小屋までは比較的すんなりと下山できます、

ここから横にながーい道なので軽く覚悟を決めましょう。

全体を通して長い時間を歩いているわけではないのですが、

時間感覚が長くなる魔法をかけられているような気分です。

 

CSD_2696

目指すは富士見平、富士見平まで行けば駐車場までは30分ないはずだ!!

このような体力勝負の雪山から早く脱出したい気持ちで一杯です。

 

CSD_2703

大日小屋からの道のりは本当に疲れていたんでしょう、写真がろくに残っていません。

午後になり雪も少し溶け、アイゼンをつけなくても歩けそうな状態でしたが、

ストックがないためアイゼンを外すことが出来ず……。

ピッケルだけもってきた数時間前の自分を叱責したい気分にかられました。

 

CSD_2704

午後3時55分、富士見平小屋到着。

ようやく富士見平小屋に到着しました……、感覚的に長かったです。

小屋前では数組のパーティーが休憩をしていました、

ベンチに荷物をおいて一息着いたら我々も下界に向けて出発です。

 

CSD_2706

後は駐車場に向かうのみです。

 

CSD_2712

にこちゃんマーク。

 

CSD_2714

午後4時35分、瑞牆山荘駐車場到着。

金峰山下山完了です、出発時間が遅かったため少し日がくれてしまいました。

満足度は十二分の登山でしたが、随分と体が冷えてしまったので温泉へ急ぎます。

僕の希望はただひとつ「あっついあっついお風呂」です、

山梨の温泉はどれもぬるめの物が多いのですが、今回はどうなることやら。

 

CSD_2717

午後5時15分、若神楼到着。

高速の入り口に程近い場所にあるこちらのホテル、日帰り温泉もやっております。

入浴料は1,000円と少しお高めですが、風呂の広さと立派さは十二分です。

 

CSD_2719

内装も立派でとても満足度が高い温泉でした。

しかし、お湯の温度は比較的ぬるめ、僕の冷えきった体が満足するような

熱々のお湯ではなかったことが残念です。

山梨の温泉はぬるいお湯に長時間入るタイプなんだろうな…。

 

個人的に冬入った温泉で気持ちよかったランキングを作ると、

奥多摩三頭山の数馬の湯、八ヶ岳稲子湯でしょうか。

上記の二つは入ったときにしびれるくらい気持ちよかった思い出があります。

 

今日の疲れを温泉でしっかりと流した後、埼玉(東京に近い埼玉)への帰路へ着くのでした……。

 

4.金峰山登山を終えて

CSD_2585

厳冬期の奥秩父、雪山らしい姿へとその姿を変えるのは盟主金峰山。

稜線にひとたび上がれば、青と白のコントラストが栄える美しい景色が広がっています。

特に千代の吹上げは噂通りの美しさ、

迫力満点の岩壁が空に向かって突き上がる迫力満点の景色は一見の価値はあるのではないでしょうか?

 

CSD_2565

西には八ヶ岳、南アルプス、北アルプスを見渡し

東には富士山を見据える奥秩父の展望台。

冬に訪れるのはアクセスも大変です、そして体力も非常に必要なので、

ある程度雪山を歩いている人の選択肢に上がる場所ではないでしょうか?

 

また夏になれば登ってみたいと思わせてくれる、素晴らしい景色のつまった山でした。

人生最高の山は続く。

 

金峰山の地図はこちら

ヤマケイ アルペンガイド4 奥多摩・奥秩父 (ヤマケイアルペンガイド)

ヤマケイ アルペンガイド4 奥多摩・奥秩父 (ヤマケイアルペンガイド)

 

 

この登山においての必需品

モンベル ライトアルパイン ダウン パーカ Men's #1101532 (L IND インディゴ)
 

めちゃくちゃ寒かったのでダウン、化繊系のダウンは必須です。

いざという時にささっと着れるようにザックに入れておきましょう。

 

寒い場所ではアルパイングローブが欲しくなります、ウインタートレッキンググローブだと

少し寒くなってしまうので厚手のグローブを冬は持っておくと良いでしょう。

  

この山はピッケルじゃなくてストックが最適な装備でした。

 

こちらの記事も是非ご覧ください