Red sugar

初心者向けの登山情報を扱った登山ブログ、山と写真とカメラの情報をお届けします

【奥多摩】御前山、奥多摩湖から歩ける初級者お勧めの紅葉の山を行く、奥多摩縦走の旅

2017_11_03_御前山

2017年11月3日、東京都奥多摩にある御前山に登ってきました。

標高は1,405m、奥多摩三山と呼ばれる三つの山のひとつで奥多摩湖の東側にあります。

この御前山、以前冬の時期に一度登っており、

積雪が多く非常にいい山だったという記憶があります。

 

11月初頭、関東近郊の紅葉の標高は1,200m付近となっており、

奥多摩駅界隈がもっとも賑わうシーズンの真っ只中。

御前山や三頭山は比較的静かな山登りを楽しめる山だったりします。

今回は御前山に登り、そのあと大岳山、御岳山、日の出山を越えてつるつる温泉へ下山します。

三頭山はさすがに歩けませんでしたけども、奥多摩を縦走して紅葉の変化と

それぞれの山の人の数を比較していければと思いました。

 

登山初心者にオススメの奥多摩紅葉スポット、御前山紅葉登山の始まりです。

 

 

D75_5465

御前山~日の出山縦走と御前山の紅葉について

奥多摩というエリアの特徴は杉の植林地帯にあります

つまらない樹林=奥多摩杉林なのですが、これは奥多摩の東側に多く見られる特徴です。

今回歩く御前山や三頭山等の奥多摩湖周辺の山は杉林のエリアが他の山よりも少なく

登山道における紅葉する樹林の割合が多い山となるため、秋山シーズンにおすすめできます。

 

大岳山や御岳山周辺は植林が多いので、本格的な紅葉を見たいのであれば

奥多摩駅からバスに乗り奥多摩湖方面の山を目指すことをおすすめします。

 

D75_5596

今回はJR青梅線の南側を貫く御前山→大岳山→御岳山→日の出山と、

奥多摩登山でそれぞれ単体で上られる山を繋ぎ、

それぞれの紅葉の雰囲気を見ていきたいと思います。

 

結論から言うとやはり紅葉は御前山が一番、富士山が見たいなら大岳山といったところでした。

つるつる温泉まで歩くと大変なので、僕のおすすめは

御前山→大岳山→鋸尾根で奥多摩駅に下山のコースです。

奥多摩で紅葉登山をするときはぜひとも参考にしていただければと思います。

 

 

1.御前山~日の出山日帰り縦走について

御前山へのアクセス

公共交通機関

【電車】新宿→奥多摩       1,080円

【バス】奥多摩→奥多摩湖     350円

【バス】つるつる温泉→武蔵五日市 400円

【電車】武蔵五日市→新宿     800円

交通費合計 2,630円 交通費3,000円が関東近郊の登山の目安ですね。 

 

今回のコースタイム

奥多摩湖7:45→御前山登山口8:05→サス沢山展望台9:00→惣岳山10:15→御前山10:35→ 

クロノ尾山11:15→大ダワ11:50→大岳山13:00→綾広の滝14:00→御岳神社15:20→

日の出山山頂16:00→つるつる温泉17:00

合計登山時間 10時間45分(標準コースタイム10時間40分)

休憩なしのコースタイム通りくらいで歩けました、後半つまんないので御岳で下山すべきですね。

 

この登山で利用したお金

交通費           2,630円

行動食     900円

朝食      600円

温泉      820円

晩御飯     760円

合計金額 5710円 奥多摩で温泉とご飯を食べるとこんなもんかと。

 

この登山で使用したカメラ

NIKON D750+AF-S NIKKOR 28mmf1.4E

NIKON D810+AF-S NIKKOR 58mmf1.4G

2017_11_03_御前山 | Flickr

 

2. 公共交通機関で行く御前山、秋の奥多摩歩き

D75_5351

午前4時50分、埼玉県某駅。

久々の電車登山です、夏から秋のシーズンにかけては百名山に登ることが多く。

車がメインの登山が多くなってしまっていました。

 

奥多摩は一年目に入り浸った思い出深いエリアです、

電車で朝早く出発し奥多摩駅でバスに乗る……。

奥多摩という懐の広いエリアで僕の登山は育てられたと言っていいでしょう。

その奥多摩に久々に行くということで今回はとてもウキウキとした気持ちでした。

 

D75_5353

午前7時20分、奥多摩駅。

電車登山って良いですね、車と違って眠くなったら寝れるので睡眠不足に優しい。

青梅を越えて奥多摩線に入ってからが楽しいのですが、

軍畑以降完全に寝てしまったのか気がついたら終着駅でした。

 

D75_5354

奥多摩駅についたらバスに乗車します。

気を付けなくてはならないのが「日原方面」と「奥多摩湖方面」の二つのバスを間違えないこと。

駅前に停まるのは日原方面で川苔山に行く人が使います。

奥多摩湖方面は駅の真向かいにあるバス停から出発です。

 

D75_5355

午前7時30分、奥多摩湖バス停到着。

御前山のメジャーなスタート地点は奥多摩湖です、

ダムを見てから登れるし紅葉を楽しみながら登れるので、奥多摩湖側から登るのを勧めたい。

 

D75_5357

奥多摩湖には水に関してのミュージアムがあります。

子供と一緒に来るのには楽しい所じゃないかなと。

 

D75_5363

ダムの上を歩いて登山口を目指します。

 

D75_5358

奥多摩湖がきれいです、前回の笠取山登山でも見たから新鮮味はないけど……。

 

D75_5366

路面の整備中でした、展望台の脇を通り先に進みます。

 

CSD_2244

振り返り奥多摩の紅葉を確認、上の方は色づきよし。

中腹辺りの真緑な部分は植林地帯、杉林になっていて春になると花粉が飛散する悪のエリアです。


D75_5367

公園に着くと指導標が現れます、これに従い登山を開始です。

 

D75_5370

午前8時5分、御前山登山開始。

奥多摩縦走登山の旅プレイボールです、再びの奥多摩、楽しみでしょうがないぜ。

 

D75_5385

登り始めた直後には紅葉のこの字もありません、真緑の樹林が生い茂るつまらない樹林歩き。

 

D75_5378

御前山の登りは杉林が少なく、ご覧のような景色が続く。

 

D75_5386

北側斜面に杉、南側に落葉樹といった構成が多い大ブナ尾根。

 

D75_5389

すごい量の落ち葉です、登山道が見えません。

足元の固さやテープを確認して登ります、木々が色づいているのがわかりますね。

 

D75_5391

しばらく歩くと展望台に到着します。

 

3.大ブナ尾根の大紅葉を楽しむ

D75_5392

午前9時00分、サス沢山展望台到着。

大ブナ尾根で数少ない展望地点です、

奥多摩湖とその奥の大菩薩方面の山々を一望することができます。

ここから見ると今年の頭に上った黒川鶏冠山がなかなかきれいに見えますね。

 

D75_5393

奥多摩湖を挟んで向かい合うのが水根山、

鷹ノ巣山に登ったことのある人は聞いたことがある名前ではないでしょうか?

見た感じ結構上の方まで杉植林に覆われてます……、本当に上の方だけしか紅葉していない。

 

CSD_2265

奥に見えるのは大菩薩嶺の稜線とか奥秩父の山々です、左の一番高い場所が大菩薩嶺

鞍部を通ってまた少し高くなっているのが黒川鶏冠山です。

酉年の山と言うことでちゃんと鶏の名前のつく山から登り始めた2017年でした。

 

www.redsugar.red

 

CSD_2266

水根方面、本当に植林多いな。


D75_5398

展望台で朝食を食べます、パンとせんべい。

電車でパン4つくらい食べたのですが、腹が減るのは早いな……。

 

CSD_2270

展望台付近にはドングリがたくさん、ドングリって食べれるらしいから焼いて食べてみたい。

 

D75_5401

一息ついたら登山再開です、惣岳山を目指します。

 

D75_5406

徐々に紅葉が姿を見せてくる、黄色が強い。

笠取山と同じく黄色が特徴的なんでしょうか。

 

D75_5410

御前山の大ブナ尾根は緩やかで、落ち葉に覆われており快適なハイクを楽しめます。

 

CSD_2273

木漏れ日の雰囲気もいいよね。


D75_5421

朝の空気を浴びながら歩く登山道は気分がいいものです。

 

CSD_2280

飴色に染まった紅葉が姿を表し登山者を歓迎してくれる。

 

CSD_2277

標高1,100mを越えた辺りから紅葉がきれいに見られるようになってきました。

青空の下で見る紅葉は透明感があって好きです。


D75_5430

標高1,200m程に到着すると登山道はご覧のような景色が広がっていました、植林地帯は過ぎ紅葉天国が広がります、最高じゃねーか!


D75_5445

紅葉回廊です、左右に紅葉を迎えた木々が踊ります。

 

D75_5456

ある程度標高を上げたらちゃんと赤が現れました、これが御前山の紅葉です。

 

D75_5461

午前の早い段階であれば日光も気持ちよく、金色に降り注ぐ紅葉の味を楽しんで歩けます。

 

D75_5462

紅葉と言えば晴れている日です、青空にかかる色とりどりの木々が美しい。

 

CSD_2296

初心者のうちに歩く山としては御前山はかなりいい山です、紅葉時期は手軽にいい景色を拝めます。


D75_5468

紅葉回廊が続く。

 

D75_5472

紅葉の色づきがよかったと言うこともありますが、御前山の紅葉自体がなかなか……。

奥多摩エリアで紅葉に行くなら御前山はまず選択肢にいれたい。

 

D75_5474

奥多摩湖から登る大ブナ尾根は登りと平坦な道が交互に現れます、

登り一辺倒ではないのが特徴かな。

 

D75_5476

紅葉の中を歩きたいと言うことであればここは本当にいい。

 

D75_5479

人が少ないので登山道も踏み荒らされていません、

新鮮な落ち葉の中を軽快に歩くことが可能です。

 

D75_5483

御前山と言えば春にカタクリが咲くことで有名ですが、皆その時期に登っているんだろうか?

個人的にカタクリはみかも山や奥武蔵で見た方が数が多く見た目がいいので、

御前山は紅葉で歩いた方がいいよなぁという感想。

 

D75_5486

黄色の道が続く。


D75_5491

真っ黄色です、黄金回廊と言うに相応しい道が続きます。

 

D75_5494

山頂手前位が一番紅葉がきれいでした、黄色が強くて良いですね。

 

D75_5502

柵や歩道が見えてきたら惣岳山が近づいてきた合図。

 

D75_5503

午前10時15分、惣岳山到着。

御前山手前のピークになります、ここまで来たら山頂は近い。

 

D75_5506

惣岳山からは柵のある登山道が続きます、標高も上がりきるので紅葉も結構散っている……。

 

D75_5510

下り斜面が一面の紅葉なので、紅葉を楽しむ場合はそちらを眺める感じ。

 

D75_5511

流石奥多摩です、整備が行き届いていてとても歩きやすい!

 

D75_5513

山頂までは迷うことなく歩けるでしょう。

 

CSD_2309

指導標が見えたら山頂についたと思っていい。

 

4.御前山と大ダワ、奥多摩らしい杉林の道へ

D75_5522

午前10時35分、御前山山頂到着。

懐かしい……、奥多摩の山に来るのが今年やりたいことでした、

やはり百名山とかにはない奥多摩のよさってのがあります。

程よい里山感、人がたくさん歩いているこの感じ……、何よりも「帰ってきた感」が強い。

 

D75_5520

御前山山頂の木々は紅葉終わり位でした。

奥多摩三山の1つ御前山、個人的には一番好きです。

ヌカザス尾根から登る三頭山も思い出深いけど、やっぱり御前山かなぁ……。

 

D75_5515

山頂からは向かい側を走る石尾根らしき山が見えます、植林地帯が多いな……。

 

CSD_2315

山頂には落葉松がしっかりと紅葉していました、

同じ時期に歩いた笠取山に比べると葉が残っており綺麗。

 

D75_5527

さて、今日の目的地は「つるつる温泉」と言うことで御前山は「最初のピーク」でしかありません。

ここからは大ダワを目指して歩いて大岳山へ向かいます。

 

D75_5529

山頂から少し降りると御前山避難小屋への分岐が現れます。

 

D75_5530

午前10時45分、御前山避難小屋。

非常に立派な避難小屋です、ガラス張りの採光性の高い窓、綺麗な室内……。

避難小屋泊の練習にはもってこいではないでしょうか。

 

D75_5531

避難小屋から分岐に戻り大岳山を目指します、御前山から東側の尾根は植林地帯が多く

薄暗い杉林の中を突き抜けたりすることが多くなります。

 

D75_5537

所々に現れる紅葉地帯は気持ちがいいのですが、全体で見ると紅葉箇所が少ないです。

 

D75_5538

道は奥多摩湖側に比べると少し細い……。

 

D75_5541

杉林以外の部分はとても綺麗に紅葉しています。


CSD_2324

御前山を外から見た貴重な一枚、やっぱり黄色が多いんだなこの山は。

黄色く紅葉した落葉松が非常に多く見えますね。

 

CSD_2326

暫くは大ダワを目指して歩きます。

 

D75_5548

御前山の東側はアップダウンが多い、予想よりも激しいルートに困惑している。

クロノ尾山と鞘口山を越えなくてはならないので結構きついです。

 

D75_5549

登って降ってを繰り返す、周囲の景色は徐々に植林地帯へ。

 

D75_5551

大ダワに近づくにつれて景色から紅葉が消えていきます。

いつもの奥多摩じゃねーか、ここ。

 

CSD_2358

奥多摩らしい道です、やっぱりこうじゃないと。

緑に溢れたトリックアートのような植林地帯を暫く歩くことに。

 

D75_5554

午後11時50分、大ダワ到着。

御前山と大岳山の中間地点となる大ダワに到着です、

ここまで奥多摩湖から登る大ブナ尾根に比べるとかなりつまらなかったのは言うまでもない。

 

D75_5555

大ダワにはトイレも完備されていました、

ちょっと整備が行き届いていない感じがしてあれでしたけど。

 

5.大岳山、紅葉とロックガーデンの山へ向かう

D75_5557

大ダワから鋸山を経由して大岳山に向かいましょう。

 

D75_5559

正直ここに来る時間ともなれば正午付近となり、日が傾き始めるタイミングです。

大岳山に登らず鋸尾根を歩いて奥多摩に降りるのも手じゃないかなと思います。

 

CSD_2339

大岳山方面は御前山に比べるとより奥多摩感が強い、植林と森の山だ。


D75_5560

基本的に標高の高い高尾山のような景色。

奥多摩奥地と駅周辺では森の様子が全然違う。

 

CSD_2345

大岳山に向かう時、紅葉がないのかと聞かれればそんなことはないわけで。

 

CSD_2347

御前山ほどではないけども紅葉は所々楽しむことができますといった感じ。

 

CSD_2351

でも基本はこんな感じのどこかで見た景色が続く。

 

D75_5563

大岳山手前の標高1,200m付近がやはり一番紅葉していました。

 

D75_5565

こちらも黄色が強い。

 

D75_5566

紅葉があるだけで道の輝きがこんなにも変わるなんて。

 

D75_5567

大岳山に向かう途中杉林が多かったため、この景色の変化には嬉しいものを感じます。

 

D75_5572

ブナ等が生い茂るエリアって紅葉が綺麗になるからいいですね。

一瞬でしたが楽しい紅葉地帯でした。

 

CSD_2363

基本的に紅葉のカラーは黄色な御前山、大岳山エリア。

大岳山は少し紅葉が少ないから御前山まで足を伸ばしたい。


CSD_2373

馬頭刈尾根との分岐が出てきたら山頂は近い。


D75_5585

大岳山山頂直下は鎖場があります、鎖を使うほどではないんだけども。

 

CSD_2378

山頂手前は紅葉が綺麗。


D75_5588

大勢の人が見えてきた……、これは山頂ですね。

 

D75_5589

午後13時00分、大岳山山頂到着。

鋸山付近から緩やかに登り続けて一時間ほどで大岳山到着となりました。

山頂には50人くらいの登山客が降り、各々憩の時を過ごしていました、

皆さんロックガーデンから登ってきたのでしょう。

 

D75_5596

大岳山からの景色はこんな感じ、遠くに富士山が見えます。

やはり秋から冬の登山は富士山見ないと始まりません。

 

D75_5595

数時間前まで居た御前山方面です、奥多摩三山というだけあって立派な見た目をしています。

 

CSD_2386

望遠レンズを持たずに58mmという標準を使っていますが、そちらで富士山をパシャリ。

雲を被っているものの、今日も綺麗な富士が見れました。

 

6.都民の憩いのオアシス、ロックガーデンを越えて

D75_5609

さて、大岳山からは御岳山に降って日の出山に向かいます、

ロックガーデンを越えるまでが核心部ですね。

 

D75_5611

御岳のロープウェイを利用して登ってくる方々が滅茶苦茶多いので、登山道は大混雑。

道はそんなによくないので皆がすいすい歩けるわけではありません、譲合いですね。

 

D75_5616

大岳山山頂直下には大岳山神社が、狼の狛犬がある所ですね。

 

D75_5617

分岐を御岳山方面に向かいます。

 

D75_5620

こっちも落ち葉ふさふさで楽しいんだけど紅葉がそこまであるわけじゃない。

 

D75_5621

御岳山までは階段、鎖場等アスレチックスポットがあるのでハイヒールとかで来たら死にます。

 

D75_5622

スニーカーも危ないからトレッキングシューズで歩きたい。

 

D75_5623

日陰のポイントは地面が乾きにくく湿っている所もあります、滑りやすいよ。

 

D75_5627

御岳山までは多くの登山者が自然を楽しむスポットです、

往来が激しいので安心してあるけると思う。


D75_5636

下りで転んだか、滑落したかで骨折した女性の方が介抱されていました

20人くらいの山岳レスキューの方が登ってきて、一時回りは騒然としていました。

山で転ぶと平地よりも簡単に骨折できるので、

初心者はハイカットの登山ブーツを必ず買って歩いてほしい。

キャラバンとかでいいから。

 

ハイカットじゃないと足首の防御力が弱いため、

足をグギッとした時に簡単に行動できなくなります。

重いけど初心者こそハイカットで歩いて欲しいですね。

僕はLOWAのチベットを一年を通して履いてます、これがないと何回か捻挫してる気がする。  

 

D75_5639

午後1時55分、ロックガーデン。

この休憩小屋が見えたらそこはもうロックガーデンです、

よく雑誌でおすすめされるスポットですね。

 

D75_5641

日が傾いた時間に来るとロックガーデンはつまらないです、

なぜなら日の光が入らないから。

午後から登ってくる方も多い場所ですが、出きれば朝から歩くことをおすすめしたいですね。

 

D75_5648

午後2時00分、綾広の滝。

ロックガーデンにはいくつかの滝があります、滝周辺は混雑気味。

人が居ない時に堪能したいのであればやはり朝がおすすめです。

 

D75_5668

人が多くて場所を取れない……、子供たちが回りで暴れまわるのでそそくさと退散します。

 

D75_5678

ロックガーデンを御岳山に向かって進みます、沢沿いは歩いてて気持ちいいけど

日が傾くと急速に寒くなるポイントでもあります。

 

D75_5688

薄暗くなってきたロックガーデン、足元は水のなかだったり、滑りやすい。

 

D75_5694

こういうの好きなんだけど、光の入り方が微妙な時間に突入していました。

 

CSD_2419

ロックガーデンは御岳山ロープウェイで気軽に来ることができます

都会の生活に疲れたら訪れてみてもいいかもしれません。


CSD_2424

ロックガーデンを過ぎると天狗のいる岩が現れます、岩の上に天狗様がいるんですね。

 

D75_5705

岩の下は休憩スポットにもなっているので、休むときはこちらがおすすめ。

 

D75_5700

せっかく来たので天狗様に会いに行きます。

この根が異常なまでに発達した崖を登る、鎖があるけど使わなくて大丈夫。

 

D75_5698

岩の上には神社が、手を合わせたら天狗様へ。

 

CSD_2430

天狗様は神社の後ろの岩の突端に安置されています、

危ないので写真とるときは望遠でとりましょう。

 

D75_5707

天狗様を見たあとは御岳山へ下山、まだ先は長いので頑張ろう……。

 

D75_5725

御岳山までの登り返しは何かの冗談かと思える圧倒的なつまらなさだったが、

なんとか耐えきって御岳山にたどり着きました。

 

D75_5726

小屋前で軽く休憩、もう朝の御前山とか覚えてる人いないんじゃないかな……という気分。

 

D75_5727

茶屋前では多くの人が紅葉を眺めて行楽中、俺も数時間前まで紅葉を眺めていたような…… 。

 

D75_5729

御岳山にももちろん登っておきましょう、神社に向けての階段がきつい。

 

D75_5735

午後3時20分、御岳神社。

遅い時間にもかかわらず多くの参拝客がおいでになっていました、

この時間帯に登山の格好して歩くとめちゃくちゃ浮きます。

やめてみんなジロジロ見ないで…。

 

D75_5733

御岳神社には宝物庫などがあり、見学が可能です。

見学が可能ですが今回は日の出山に早く行かないと日没ゲームセットになるので先を急ぎます。

 

D75_5740

御岳ロープウェイからそのまま帰ろうかなと数回考える。

 

D75_5741

御岳山の山道はお土産ショップが立ち並ぶ観光地です、登山というよりはレジャースポットですね。

 

7.日の出山、縦走の最後を彩るのは東京の空

D75_5742

日の出山に向かうにはロープウェイと逆の方向に行かなくてはなりません、

指導標はこっそりとした位置にあるので見逃さないように。

 

D75_5743

日の出山側の山道に入るといきなり人が減ります、さっきまでの賑わいはどこへ?

 

D75_5745

同じく日の出山に向かう人か、雰囲気のいい宿に宿泊することを目的としている人か。

それらの人々としかすれ違うことがない。

 

D75_5746

御岳山から日の出山まではよく整備された登山道となっており、非常に歩きやすいです。

高尾山クラスの歩きやすさといっていいだろう。 

 

D75_5751

もちろん紅葉なんてものはない、あるのは杉林のみ、これが奥多摩だッ!

 

D75_5752

鳥居をくぐると山頂まではそう長くかからなかったと思います。

 

CSD_2443

フォトジェニックなスポットはほぼないので、無言で登り続けることになる。

 

D75_5755

疲れた体に容赦なく打ち付ける階段の洗礼、さすがに疲れてるので厳しいものがあります。

 

D75_5759

山頂が見えてきました、日の出山山頂の手前には山荘があり

宿泊者の方々の笑い声があたりにこだましていました、羨ましいぜ。

 

D75_5762

午後4時00分、日の出山山頂。

東京都を一望できるという噂の日の出山山頂にやってきました、日が傾いててちょっと凹むな。

 

D75_5769

低山ながら標高は1,000m近くあります、低山の定義ってどれくらいだよって

よく話題に上がりますが、僕のイメージではだいたい1,000m以下くらいかなと……。

下界と植生が変わらない標高までが低山かなと思います。

 

D75_5763

日の出山からみる東京都、奥の方何も見えない。

かろうじて新宿ビル群が見えるくらいですね……。

 

D75_5780

日の出山山頂で撮影を終えたら下山を開始です、つるつる温泉まで約1時間20分のコースタイム。

午後6時前に到着できれば御の字としましょう。

 

D75_5778

さらば日の出山、周りカップルだらけで非常に辛かった、既婚者だけど。

 

CSD_2454

日の出山からつるつる温泉へ下山する際はまず凶悪な階段が出現します。

バカ尾根かおまえはーーッ!といった感じの階段、よく整備されていて歩きやすい。

 

D75_5781

スイスイ下山できて良い。

 

D75_5782

つるつる温泉の指導標ですが、わきっちょにポツンとある感じで可愛い。

 

D75_5791

暗くなってくると尾根道もだいぶ怖い雰囲気が出てきます、動物が普通にいるので

夜は歩きたくないよねーといった感じ。

 

D75_5794

下山路後半はこのような道を延々と降り続けます、暗い中無心で歩き続けました。

 

D75_5795

午後4時50分、車道分岐。

思ったよりも早く車道に合流することができました、ここまで来れば迷うことはありません。

グーグルマップ先生に聞いてつるつる温泉を目指します。

 

D75_5797

夜の田舎道怖えぇッ!

怪談話の舞台にでもなりそうな薄暗い道を歩き続けて下山を続けました。

 

D75_5799

午後5時10分、つるつる温泉到着。

ようやくつるつる温泉に到着しました、本日のゴール地点です。

朝の御前山とかもうはるか昔のことのように思います、今日は紅葉を見たんだっけか思い出せねぇ。

 

D75_5800

このつるつる温泉ですが、紅葉シーズンはめちゃくちゃ混雑するので注意です。

奥多摩もえぎの湯と同じく、登山者の下山時刻付近は整理券体制になります。

幸い僕の到着した時間帯は帰る人があふれ返る時間で、バスに乗るのが一苦労な時間でした。

 

D75_5801

登山者専用の棚が用意されていて、そこにザックをボロンと放置する形です。

着替えとカメラと財布を取り出して温泉へGO!

 

D75_5803

温泉に入る前に喉が渇いたので水分補給をすることにしました。

車を運転しなくてもいいのでアルコールがスイスイ体に入るね、やったね。

 

D75_5804

温泉は非常に良いもので、1日の疲れを十分に癒すことができました……。

文句があるとすれば人気すぎて体を洗うまでに結構待たされたことか。

やはり奥多摩エリアの温泉施設はどこも混み合いますね。

 

入浴後はコーヒー牛乳で喉を潤しました、

自販機が更衣室の中にあるという罠があるので注意してください。

 

D75_5807

いい加減お腹が空いたので夕食を食べてから帰ることにしました。

つるつる温泉の名物とかないのかなと探していたら、おすすめはこれと出されたのが

「日の出名物赤いうどん」

赤をテーマとしている僕としては食べないわけにはいかない……、頼むか……。

 

味はトマトベースでとても美味しかったです、チリヌードル食べてるみたいでした。

食後、休憩を挟んだのちバスに乗り武蔵五日市へと移動するのでした。

 

D75_5808

武蔵五日市で渇いた喉に炭酸を入れます、今日も1日お疲れ様でした……。

 

D75_5810

午後7時45分、武蔵五日市駅。

御前山〜つるつる温泉縦走を終え埼玉に帰ります、いやー長い戦いでした。

奥多摩を堪能しきった僕でしたが、

この2日後再び奥多摩を訪れることになるとは誰が想像したでしょうか。

 

御前山という奥多摩のメジャースポットを歩いた次の目的地。

奥多摩紅葉の聖地「大マテイ山」に向かうこととなります、そこで待ち受けていたのは

奥多摩最高レベルの紅葉の森でした、次回もぜひご覧になって頂けますと幸いです。

 

8.まとめ

D75_5456

御前山〜大岳山〜日の出山縦走

御前山は文句なしに最高の紅葉を楽しめました、2017年は紅葉がきれいな年でしたが

奥多摩の紅葉も例年になく綺麗だったのでしょう。

標高1,200m付近に標高が降りてきているときが狙い目です、

赤と黄色の金色模様を思う存分に楽しみながら歩くことができます。

 

早朝の奥多摩線に乗れば朝一のバスで奥多摩湖に行くことができます、

朝一で登ると人も少なく快適な登山が約束されることでしょう。

 

D75_5607

大岳山から先は非常に多くの人で賑わうエリアになります。

御前山から歩くと距離も遠く、途中の尾根もつまらないというのが今回わかりましたので

誰かにお勧めすることはないでしょう、今回僕の歩いたコースは御前山以降はおまけ。

紅葉を楽しむという目的を持って歩くのであれば御前山単体をしっかりと楽しむのがオススメです。

 

D75_5520

久々に訪れた奥多摩御前山、やはり奥多摩には奥多摩の良さがありました。

いつまでも初心を忘れずに歩き続けたいですね。

 

奥多摩を歩いてもえぎの湯に入って生ビール飲んで電車で帰る

そんな都民の定番の登山を今後も定期的に取り入れていきたいと思いました。

人生最高の山は続く。

 

御前山の地図はこちら

ヤマケイ アルペンガイド4 奥多摩・奥秩父 (ヤマケイアルペンガイド)

ヤマケイ アルペンガイド4 奥多摩・奥秩父 (ヤマケイアルペンガイド)

 

 

この登山で役に立ったアイテム

finetrack(ファイントラック) スキンメッシュソックス 5本指クルー FSU0213 BK M

finetrack(ファイントラック) スキンメッシュソックス 5本指クルー FSU0213 BK M

 

長時間歩く上で問題になるのは足の汗、靴の中の快適度に直結する問題ですが

スキンメッシュ靴下を履いているとだいぶ解決されます、

ファイントラックのスキンメッシュの中では安いので超オススメです。 

 

SLIK 三脚 スプリント MINI II GM N 4段 旅行用三脚 106556

SLIK 三脚 スプリント MINI II GM N 4段 旅行用三脚 106556

 

登山用の三脚の決定版です、2キロまで載せれるのでフルサイズ+軽いレンズなら全然乗ります。

手軽に持っていける三脚としてはかなりオススメできるでしょう。

 

標準+中望遠担当のD810をぶら下げる時に利用しているストラップショットです。

ザックの肩紐につけていますが、これがかなり調子いいです。

カメラを持って山に入るならば是非とも購入しましょう、めちゃくちゃ楽になります。

 

こちらの奥多摩エリアの記事も是非ご覧ください 

昔の記事って読み返すと恥ずかしいですね。