読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【関東】三毳山、春の妖精と満開の桜に極上の春を感じる旅

01.登山 17.花見 07.北関東 25.3月

 f:id:sakemaro:20150404163250j:plain

春爛漫、桜も満開を過ぎようとしています。

2015年の桜の見頃は東京では3月最終週だったと言えるでしょう。

そんな中僕は檜洞丸と言う丹沢の奥地でミツマタを眺めていたわけですが…

 

ミツマタを見ることが出来た僕は、今シーズンやり残したカタクリを見る為

カタクリ大群生地、栃木県佐野にある三毳山へ行ってきました。

そこで僕を待っていたのは何とも可愛らしい春の妖精「カタクリ」と満開のでした。

カタクリを楽しむ花の旅の始まりです。

 

 

毎週公共交通機関を使ってどこかに行くようにしています、やることはあるのですが

山に行くようになってから様々なところに行きたくなってしまいました。

しかし、毎週登山に行くとお金がかかるのも事実…、しかも大抵一人。

どなたか私と旅に行ってください状態が続いています、皆で行けば遠くに行けるし怖くない。

何のお願いだこれ。

 

アクセス

【電車:日比谷線】      上野→北千住 165円

【電車:東武線スカイツリー線】北千住→栃木 885円

【電車:JR両毛線】      栃木→岩舟  195円

帰りは逆ルートで上野に帰ります。

往復運賃 2,490円

 

f:id:sakemaro:20150404163312j:plain

4月2日の平日に有給を取った僕は北千住で東武スカイツリー線に乗り込みました。

 

この週は月曜・火曜が大快晴で水曜以降天気が雨。

木曜日はなんとか晴れると言うことで急遽有給を取り、雨が降る前にカタクリを見に行きます。

日光方面は東武線を使うことにより1200円程度で遠征を行うことが出来るというお得な地。

日光連山は駅から近くに女峰山、男体山、太郎山など魅力的な2000m峰がそろっています。

これは行かざるを得ない、特に女峰山と男体山は押さえておきたいところです。

 

f:id:sakemaro:20150404163322j:plain

電車の中では相変わらず速攻で寝落ち、平日なのでハイカーは全く居ません。

気がついたら栃木駅に。

 

f:id:sakemaro:20150404163320j:plain

栃木駅で東武線から両毛線に乗り換えて岩舟を目指します。

三毳山カタクリの里へは佐野駅からシャトルバスがあるとのことでしたが、

シャトルバス運行時刻の情報を得ることが出来ず、最寄りの岩舟駅から歩くことにしました。

 

f:id:sakemaro:20150404163349j:plain

北へと向かう線路に哀愁を覚える、そっちにも登りたい山が沢山あるんだよ。

 

f:id:sakemaro:20150404163407j:plain

スイッチ式どころではなく、手でドアを開けるという今までに経験したことの無い車両に戸惑う。

 

f:id:sakemaro:20150404163411j:plain

かなりふるーい車両だった、今思うともっと楽しんでおくべきだった。

岩舟に到着です。

 

f:id:sakemaro:20150404163424j:plain

さて、岩舟に着いたのでここで今回のコースです。

岩舟に来るまでが大変だけど、そこは書かないッ

 

岩舟駅8:50→カタクリの里9:50→三毳山山頂10:20→山頂広場11:00→

三毳山神社11:20→撮影30分→湿性植物園前12:40→三毳山山頂前13:00→

カタクリの里13:30→岩舟駅14:10

 

三毳山の中をぐるぐる歩き回っています、

カタクリの里から神社に行って帰ってくるだけならお昼くらいには終わったんじゃないだろうか。

 

f:id:sakemaro:20150404163442j:plain

岩舟駅前にはなんか豪快な山がある…、どうやら岩船山と言うらしい。

クリフステージと言うところでBIGINがライブすると言うビラが至る所に張ってある。

後で調べたら日本三大霊山とのこと、これはあれだな、うん、怖い。

 

f:id:sakemaro:20150404163612j:plain

三毳山までは片道40分くらいなので、寄り道しながら歩きます。

道中には可愛い花が沢山咲いていました。

 

f:id:sakemaro:20150404163604j:plain

そういえば今日は何も食べていない、山登る時大体小食なんだけど補給無しは初めて。

 

f:id:sakemaro:20150404163706j:plain

画面中央に鎮座しているのが三毳山、結構歩きそうでちょっとげんなりする。 

 

f:id:sakemaro:20150404163651j:plain

放し飼いになっているお犬様、かわいい。

 

f:id:sakemaro:20150404163724j:plain

至る所に祠がありました、こういう所にあるということは農家の人が立ててるのかな?

 

f:id:sakemaro:20150404163743j:plain

振り返ると岩船山が、凄い山だなこれ…。

 

f:id:sakemaro:20150404163840j:plain

しばらく歩くと両毛線の線路に出ました、線路沿いの桜が満開。

しかしカタクリを見るまで桜はお預けだ!

 

f:id:sakemaro:20150404163919j:plain

あまりにお腹が減っていたのですが、線路を渡った先にセーブオンを発見。

セーブオンで団子を2つほど頂いてお腹を整えます。

 

f:id:sakemaro:20150404163932j:plain

セーブオンから往来の激しい車道を越えてカタクリの里へ。

岩舟駅から大体1時間くらいかかってしまいました。

 

f:id:sakemaro:20150404163944j:plain

早速水芭蕉が出迎えてくれます、水があるわけではないので花は小さいですね。

ちなみに北海道で葉っぱが1mくらいになったお化け水芭蕉を見たことあります

ああいうのはどこに行けば見れるんだろうか。

 

f:id:sakemaro:20150404164010j:plain

カタクリの群生地まではすぐです、5分くらいで突入となります。

 

f:id:sakemaro:20150404164040j:plain

ちゃんと辺り一面カタクリで覆われていました。

 

f:id:sakemaro:20150404164111j:plain

朝の陽光に照らされる奇麗な紫の花。

 

f:id:sakemaro:20150404164144j:plain

可愛いと言う言葉が素直に似合う、まさに春の妖精。

 

f:id:sakemaro:20150404164203j:plain

カタクリ園を30分ほどかけて楽しむと三毳山への登山道へ入ります

まだ午前中だから行けるとこまで行ってみることにしました。

 

f:id:sakemaro:20150404164215j:plain

低山かつ整備されているので歩き易い登山道です。

 

f:id:sakemaro:20150404164241j:plain

登山道にはツツジも咲き始めています、早いよ!!

花が見頃な山に来ましたが、見事に登山に華を添えてくれている、今日も完全勝利

 

f:id:sakemaro:20150404164307j:plain

30分も立たないうちに三毳山最高点に到着しました、まだ10時台なんだけど…。

 

f:id:sakemaro:20150404164353j:plain

下界ではサラリーマンがお昼に向かって働いている頃か、

周りは定年退職後に登山を楽しむシニアの方々で埋め尽くされていました。

 

f:id:sakemaro:20150404164437j:plain

電波塔の麓を越えて三毳山神社を目指します。

 

f:id:sakemaro:20150404164427j:plain

青竜ヶ岳(ブルードラゴンマウンテン)というかっこいい名前の山頂よさらば。

 

f:id:sakemaro:20150404164524j:plain

山頂から神社方面は意外に急です。

 

f:id:sakemaro:20150404164620j:plain

杉は無くこんな感じの木で覆われています。

 

f:id:sakemaro:20150404164643j:plain

因みにこの日は空中を常に歩いていました。

 

f:id:sakemaro:20150404164709j:plain

はい、嘘です。

鞍部にあるみかもの関跡(伝承)に到着、ここに関所があったとのこと。

 

f:id:sakemaro:20150404164734j:plain

中岳という210mくらいの地点に向けて登っていきます。

 

f:id:sakemaro:20150404164846j:plain

ちょっと岩ってきました、低山だからといって舐めてはいけません。

運動靴くらいは履いて登ろう。

 

f:id:sakemaro:20150404164931j:plain

岩ばかりの坂を上りきると満開のツツジが待っていました、真っ赤で奇麗です。

 

f:id:sakemaro:20150404165012j:plain

つつじってそばかすのある可愛い女の子っていう感じがする、どっちかっていうと活動的な。

と、花を女の子に例えると言う気持ちの悪いことを考えながら歩きます。

 

f:id:sakemaro:20150404165039j:plain

三毳山の名石は幾つかあるようです。

 

f:id:sakemaro:20150404165051j:plain

石の上に登っていたとのことですが、あんまり惹かれないなぁ…

 

f:id:sakemaro:20150404165122j:plain

山頂広場に到着です、ここで感動的な出会いを果たします。

ちょっとお腹の調子が悪かったのですが、山頂広場にあるトイレはめちゃくちゃ奇麗

ウォッシュレット完備の完璧なトイレが用意されていました、本当にありがたい。

 

f:id:sakemaro:20150404165157j:plain

山頂広場を後にして三毳神社に向かいます

 

f:id:sakemaro:20150404165218j:plain

この日はキタテハが沢山飛んでいました、蛾と蝶はダメなんだけど飛んでなければ可愛い物です。

お願いだから飛ばないで。

 

f:id:sakemaro:20150404165525j:plain

佐野市に比べると岩舟方面はのどかです。

 

f:id:sakemaro:20150404165549j:plain

開けた所でテントを張っているのかと思ったら、パラグライダーでした。

この高度から飛べるのか!?

 

f:id:sakemaro:20150404165632j:plain

お姉さん、走る。

 

f:id:sakemaro:20150404165649j:plain

お姉さん、飛ぶ。

お姉さんは岩舟の空に気持ち良さそうに飛んでいきました。

 

f:id:sakemaro:20150404165800j:plain

パラグライダー場を越えると神社の境内が見えてきます、しかしそこに広がっていたのは…

 

f:id:sakemaro:20150404170143j:plain

満開の桜である!!

桜が満開過ぎた衝撃で境内の写真を撮るのを忘れてしまった…。

 

f:id:sakemaro:20150404170302j:plain

大快晴+桜、こんな快晴のもと桜を見たのは何年ぶりだろう。

登山初めて本当に良かったと感動する。

 

f:id:sakemaro:20150404170352j:plain

まさに旬です。

 

f:id:sakemaro:20150404170025j:plain

しばらく桜を写真取り続ける。

 

f:id:sakemaro:20150404170636j:plain

この桜の下に茶屋があれば最高、みたらし団子とか食べたいなぁ…。

 

f:id:sakemaro:20150404170734j:plain

散る前の最も勢いのある桜ってあんまり見たことないことに気がつく。

これが最も旬な桜だという確信がある。

 

f:id:sakemaro:20150404170850j:plain

いつまで見てても飽きません、そしていつまで写真を撮っていても飽きません。

 

f:id:sakemaro:20150404171002j:plain

結局30分近く桜を撮り続ける。

 

f:id:sakemaro:20150404171035j:plain

飛行機飛んできた、ちょっとドラマチックやん。

 

f:id:sakemaro:20150404171146j:plain

時計も12時を回ったので下山することにします、さらば三毳山。

最高の桜をありがとう。

 

f:id:sakemaro:20150404171227j:plain

神社からの帰り道に蝋燭岩というのを発見、炎の形か…

 

f:id:sakemaro:20150404171246j:plain

どこが??全く持って見えません、赤くない、もっと熱くなれよ!

俺がお前を真っ赤にしてやる!!

 

f:id:sakemaro:20150404171438j:plain

蝋燭岩、赤くなる

 

f:id:sakemaro:20150404171505j:plain

往来激しい所で不審な動きをするハイカー、正直恥ずかしかった。

 

f:id:sakemaro:20150404171525j:plain

山頂からピストンするのはつまらないので湿性植物園方面のカタクリ園に降ります。

 

f:id:sakemaro:20150404171545j:plain

こちらのカタクリ園はもう終りが近い。

 

f:id:sakemaro:20150404171616j:plain

カタクリよりもニリンソウが沢山咲いています。

 

f:id:sakemaro:20150404171628j:plain

タンポポにミツバチが、もう初夏なのだろうか。

 

f:id:sakemaro:20150404171656j:plain

12時もまわって大分暑くなってきました、

登山をするときはいつもトレールアクションパーカを着てますが、脱ぎます。

肌着だけになると最高に涼しい。

 

f:id:sakemaro:20150404171725j:plain

来週再来週は新緑が気持ちのよいシーズンになるんだろう。

 

f:id:sakemaro:20150404171755j:plain

不思議な茸が生えてました、触って見るとめちゃくちゃ堅い…

 

f:id:sakemaro:20150404171816j:plain

こんなの見たこと無いよ…、キノコ図鑑が大好きな幼少期を過ごした俺もこれは見たことが無い。

 

f:id:sakemaro:20150404171933j:plain

植物園方面に大分下ってきました。

しかし、このルートを使うとカタクリの里に帰れないことに気がつきます。

 

f:id:sakemaro:20150404172011j:plain

しょうがないから青竜ヶ岳に登り返して帰ることにします。

 

f:id:sakemaro:20150404172055j:plain

基本的に整備されているのですが、植物園から戻る道は一部倒木などが激しかったです。

 

f:id:sakemaro:20150404172103j:plain

20分ほど登り返して分岐点まで帰ってきました。

 

f:id:sakemaro:20150404172123j:plain

この辺は磨けば奇麗になりそうな岩が多い。

 

f:id:sakemaro:20150404172143j:plain

何やら触手のような物が生えた花が…気持ち悪いなこれ。

 

f:id:sakemaro:20150404172216j:plain

カタクリ園まで戻ってきたのですが、どうやらお昼を過ぎて花が元気になった模様。

 

f:id:sakemaro:20150404172236j:plain

朝元気の無かったカタクリですが紫がとても奇麗になってます。

 

f:id:sakemaro:20150404172314j:plain

桜も奇麗だけどカタクリのこの瑞々しい感じは本当に奇麗だと思う。

 

f:id:sakemaro:20150404172404j:plain

模様も可愛いです。

 

f:id:sakemaro:20150404172422j:plain

ニリンソウとカタクリを楽しんで帰路につきます。

 

f:id:sakemaro:20150404172438j:plain

帰り道にステージを発見、この椅子意味深だな。

 

f:id:sakemaro:20150404172526j:plain

ボッチ登山っていうのはこういうことなんだぜ?

 

f:id:sakemaro:20150404172538j:plain

寂しすぎて叫ぶの図。

この後後から来た夫婦に、カメラのSD落ちてませんか?と話しかけられるも

微妙に夫婦がにやにやしていたため俺が赤面する事案が発生。

 

f:id:sakemaro:20150404172622j:plain

カタクリの里に帰還、万葉の里ということで一句彫られていました。

 

f:id:sakemaro:20150404172608j:plain

カタクリ、桜、ツツジと花を満喫しました、ありがとう三毳山!

 

f:id:sakemaro:20150404172726j:plain

歩いて岩舟駅に戻る途中、あの線路にある桜によってみましたがこちらも満開のご様子。

お店も無いので、岩舟駅から佐野駅に移動して食事をとることにしました。

もちろん狙いは佐野ラーメン。

 

f:id:sakemaro:20150404172749j:plain

佐野に到着です、のどかでいい所じゃないですか。

しかし、この佐野で悲劇は起ります、僕は天候や季節といった自然には割と恵まれてきました。

しかし、お店に入るなど人が絡んだ瞬間全てが上手く行かなくなると言う性質があるようです。

つまり木曜日午後3時に開いてるラーメン屋なんて無いので行く店が全て閉まっていたのです。

 

f:id:sakemaro:20150404172827j:plain

落胆して駅前のそば屋に入りました。

「名物なんですか?」と聞いたら大根そばというものが出てきました。

しかし、佐野ラーメンを求めていた僕は「佐野らしい何か」を求めて彷徨い続けます。

 

f:id:sakemaro:20150404172812j:plain

駅の裏の公園には特に何もない…。

 

f:id:sakemaro:20150404172840j:plain

さのまる、お前の頭に乗ってるそれを俺に食わせてくれ…。

 

f:id:sakemaro:20150404172849j:plain

そんなときに見つけた「佐野名物いもフライ」マジで名物?

有無をいわさず突入です。 

 

f:id:sakemaro:20150404172853j:plain

なんていうか、お腹空いてるから何を見ても美味しそうに見えるよ!

お菓子としてはかなり行けてる部類だと思いました、3本くらい頼むんだった。

 

そんなわけで佐野名物を楽しんだ僕は再び東武鉄道に乗り込み、東京への帰路につくのでした…

 

 

f:id:sakemaro:20150404172931j:plain

「旬な山は何ぞや?」ということを考えた時、この時期であれば桜が第一に浮かぶことでしょう。

春の花は可憐な物が多く、瑞々しさに溢れていると思います。

僕はミツマタ、カタクリ、桜と言う花に的を絞ってこの時期歩くことに決めました。

テーマを持って旅に出ると近場であっても達成感がありますね、やりきった感最高。

5月になればシロヤシオやツツジ、シャクナゲが始まるということで見る物には困らなそうです。