【観光】上野公園でみる東京の夜桜、喧騒の中佇む桜を楽しむ休日

2016年4月3日、桜が咲き誇る上野公園をぶらぶらと歩いてきました。
3月という残雪期をやりきった後、のんびりと過ごしていたかったのですが、
のんびりする暇もなく東京は開花宣言。

例年より早い桜の開花宣言に驚きつつも、桜を見ないと春が始まった気がしないよね
という日本人的なメンタルの元夜桜を見に行くことにしました。
思えば3月は忙しかった…、中々花見に行くチャンスを得ることができず、
なんとか掴んだのがこの日の上野夜桜だったのです。
上野公園の夜桜と言えば代々木公園に次ぐ花見客の多さ、つまり公園内部はカオスです。

とんでもない喧騒と酒の香りに包まれた中を歩きますが、
ひとたび上を眺めれば美しい桜がそこには咲いているのです。
風物詩に興味のある方は一度歩いてみてもいいかもしれない、そんな桜の上野の始まりです。

夕方になって自由な時間ができたこの日。
花を見るには最後のチャンスであろうという事で我が家では1つの決議が下されました。
「ヨドバシカメラに行くついでに夜桜が見たい。今年桜見てない、このままじゃ俺の春が来ない。」

飽きれ顔の奥さんを伴い自宅を出発し谷中を通り上野公園に向かうことにしました。

谷中周辺に赴けば早速夜桜が、しかし谷中周辺は霊園ということもあり長居は出来ず。
足早に上野公園に移動していきます。

谷中から上野に行く途中にはお洒落なバーとかビアホールとかがたくさんあります。
イチオシは古民家を改装した谷中のビアホール、非常におしゃれです。
詳しくは【上野桜木あたり】で検索すると良いでしょう。

今日は夜桜を見てヨドバシカメラに行かなくてはならないので酒を飲んでいる暇はありません。
谷中から10分も歩けば上野公園に到着です、噴水側は人もまばらで綺麗ですね。
流石噴水側、付近にあるのが博物館と藝大なだけはある。
噴水側から駅方面に向かうにつれて酒盛りの声が大きくなっていくんだぜ?

博物館は綺麗にライトアップされていますが、中には入れない模様…。
この建物自体は授業で習ったが覚えてないな。
国立博物館は収蔵品よりも建物の中身がすでに美しいので一度訪れるのがオススメです。

ぶっちゃけ夜に上野にカメラ持ってくるなら桜よりもこの噴水の方が楽しかったりします。
スローシャッターが非常に捗って楽しい、一眼を持っているならとても楽しいですよ。

因みに噴水がライトアップされている事実はこの付近に4年住んでて今日初めて知りました。
何度も撮りに来るもんじゃないからいいんだけどさ。

様々な角度から楽しめるのがこの噴水の良いところ、ライトアップの色もとても綺麗です。
カメラで撮るとシャーベットみたいに写りますが実際はもっと【水】って感じ。

やはり真正面から見たこの姿が美しい、撮ってても楽しいぜ。
もう桜とる前に満足した、ヨドバシに洗濯機見に行こうぜ!という気分です。

しかしヨドバシに行くためには上野公園を突き抜けていかなくてはなりません、
結局凄い喧騒の中に突撃することに…。
写真だとわかりにくいのですが凄い人です、人酔いしそう…おぇっ。
しかし桜は見事です、地面さえ見なければイケる!

提灯に彩られた桜に視線を集中させる、桜はどこで見たって綺麗なもの。
しかし上野公園の桜は赤が強いのだろうか、残っている写真が軒並み赤い。
桜の写真を撮っていると本当に幸せな気持ちになりますね。

ガッツリとしたピンクの桜、今年も夜桜を楽しむことができてよかった…、
お酒は大して興味はないのですが桜は毎年みたいですね。

僕の実家ではにはソメイヨシノがなく、山桜しかありません。
そのため人一倍ソメイヨシノには執着がある。

桜を撮影し、出店を一通り見つくした後、提灯の回廊を歩いて上野公園を後にするのでした…。
桜シーズンの上野公園はとにかく凄い人です。

出店もたくさんあるのでアトラクション的な楽しさはあるかもしれない。
東京の花見というのを端的に味わいたければ代々木公園か上野公園がいいかもしれませんね。
色々な意味で衝撃を受けることだろう。

夜桜を楽しんだあとは上野のヨドバシで家電の見積もりを立てて帰路につきました。
街が近いと便利だけれども雑多で自然がない場合が多いかと思います。
だからこそ上野公園などの緑が豊かな場所は大切にしたいものですね。

雪山が終わった後の、3月の休日の一コマでした。
近郊にすんでる人はたまに歩いてみても良いんじゃないでしょうか、上野公園。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる