読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Red sugar

初心者向けの登山情報を扱った登山ブログ、山と写真とカメラの情報をお届けします

【北関東】高原山、満開のシロヤシオ、栃木の名峰で釈迦に出会う旅

f:id:sakemaro:20150604093207j:plain

今年は暑いです、とんでもなく。

花の開花予想が2週間近く早まる関東、僕は花を楽しめる山を探して必死でした。

山菜の知識はあれど花の知識はありません、そんな僕が関東で花に興味を持って

花に合わせて旅をするようになるとは思いもよりませんでした。

 

5月23日、シロヤシオツツジを見る為に遠く栃木は大田原、高原山へ行ってきました。

毎年この時期どこに登るか迷う方々、花はシロヤシオとシャクナゲだそうです。

今回我々はシロヤシオを目指して高原山へ、そこで我々を待っていたのは

上品な花を携えた満開のシロヤシオ、そして…

受難に苦しむveryblue氏と僕を救いに現れた社畜仏の姿でした。

シロヤシオ、仏、巨人の飯がテーマとなる高原山の旅、始まりです。

 

この週、本来24日に天城山へアマギシャクナゲを見に行く予定だったのですが

なんと今年は花の不作年という情報がsakuさんからもたらされます。

その後、veryblue氏とsakuさんがなにやら協議を重ねた結果、

高原山という名前上がったのは前日だか前々日くらい、そして…。

前日退勤後全員がほぼ寝ない状態のまま栃木へと向かいました。

 

因みに僕は3時間ほど寝ましたが、

マジで一睡もしなかったのに僕より歩くのが早いsakuさんには脱帽です。

因みに高原山の標高は1795m、結構高いです。

 

早朝の駅で待ち合わせをしたのですが、相変わらず寝不足で眠い…。

朝の4時に僕をピックするということは、sakuさんもveryblue氏も寝てないのでは?

 

f:id:sakemaro:20150604095348j:plain

テンション高めの二人と合流し、荒川の上でご来光を眺める。

二人の話を聞くに毎年5月23日という日はどこに行くか迷う日らしい。

花の時期で言うとシャクナゲとシロヤシオツツジの時期。

 

f:id:sakemaro:20150604095354j:plain

ロッキーのテーマが合うような日差しである。

 

f:id:sakemaro:20150531233700j:plain

栃木方面に最近お世話になっているのだが、この佐野SAで休憩する率が凄く高い。

 

f:id:sakemaro:20150531233711j:plain

そして朝ラーメンセットを頼んでいる率がすげー高い。

 

f:id:sakemaro:20150531233828j:plain

佐野で朝食を済ませた後、大田原市に入り一路高原山へ向かいます。

途中山の駅たかはらでトイレ休憩、ここは水洗なので使っておきましょう。

これを逃すと登山口駐車場の臭いトイレを使うはめになります。

 

f:id:sakemaro:20150604095404j:plain

新緑もそろそろ終りという所か、ていうか今日暑いな…。

 

f:id:sakemaro:20150604095407j:plain

山の駅周辺はツツジの散策路になっていました、すげー金かけて整備されてた。

 

f:id:sakemaro:20150604095411j:plain

登山前の時間をだらだらと過ごしている僕らの頭上を飛行機が飛んでゆく。

 

f:id:sakemaro:20150604095418j:plain

登山口駐車場がなんと満杯。

なので、少し離れた所に路駐することにしました、しかしこれが大正解。

帰りに車まで歩く距離が大分減った気がします。

 

そして今回の登山道コース

大間々P7:20→見晴らしコース→八海山神社8:20→釈迦ヶ岳10:15→

休憩後11:50分発→剣ヶ峰12:35→大入道13:15→小間々13:55→大間々P14:10 

 

f:id:sakemaro:20150531234119j:plain

横川知事さんありがとう、確かに立派な道だった!!

 

f:id:sakemaro:20150531234038j:plain

なんか良くわからない碑を背に、登山開始です。

プレイボール!!

今回はもちろん見晴らしコースから登って行きます。

 

f:id:sakemaro:20150604095419j:plain

ツツジが咲き乱れる高原山、今からシロヤシオが楽しみです。

 

f:id:sakemaro:20150604095431j:plain

というわけで朝7時30分登山開始。

なぜこんなに早いかと言うと参考にしているヤマレコが全て異常なまでに早い。

ので、我々も早く出発してみたという所でしょうか。

 

f:id:sakemaro:20150604095437j:plain

まずは八海山神社を目指します、そこまでは遊歩道、先は登山道扱いらしい。

 

f:id:sakemaro:20150604095435j:plain

遊歩道は良く整備された砂利道になっています。

 

f:id:sakemaro:20150604095438j:plain

鳥居から登山っぽいのがスタート。

 

f:id:sakemaro:20150604095439j:plain

木に看板があるあたり整備されている感がひしひしと伝わります。

とにかく道が歩き易い。

 

f:id:sakemaro:20150604095440j:plain

そして早朝の緑は気持ちがいい、新緑は何回見ても飽きない。

シカが新芽を食べる理由も何となくわかります。

 

f:id:sakemaro:20150604095441j:plain

もふもふとした芝生のような地面に出来た歩き易い登山道を歩いて行きます。

しかし、この日は全員睡眠無しなので体が重い…、速度が出ない…。

 

f:id:sakemaro:20150604095445j:plain

指導標もしっかりしています、同じ栃木県でも奥日光とは大違いだぜ。

 

f:id:sakemaro:20150604095448j:plain

この高原山の印象は森が奇麗なこと、陣馬山系の楽しさがあります。

 

f:id:sakemaro:20150604095452j:plain

早速シロヤシオが現れてきました、瑞々しい見た目です。

近くで見るととても上品な見た目をしていますが、遠目に見ると凄く爽やかです。

 

f:id:sakemaro:20150604095500j:plain

奥に見えるあれが高原山、しかし直線上には道がありません…。

 

f:id:sakemaro:20150604095506j:plain

さすが見晴らしコース、眺めがいいです。

 

f:id:sakemaro:20150604095507j:plain

登るべき岩も用意されていていい感じです。

 

f:id:sakemaro:20150604095515j:plain

ここは冬に来ても楽しそうですね。

 

f:id:sakemaro:20150604095530j:plain

見晴らしコースの後半にガレ場が現れ始めます、この登りを少し進むと神社です。

 

f:id:sakemaro:20150604095533j:plain

いにしえのはっかいさんじんじゃ に ついた。

手書き感のある看板です…。

 

f:id:sakemaro:20150604095534j:plain

なんか碑が折れてるんだけど…。

 

f:id:sakemaro:20150604095538j:plain

ダッフィー今日も晴れたよ、良かったね。

 

f:id:sakemaro:20150604095542j:plain

因みに神社はこんな感じです、神社の前にはケルンが出来ていました。

 

f:id:sakemaro:20150604095547j:plain

抜群の展望と寝心地のいい岩も用意されているあたり、ここはかなり得点が高い。

少し休憩をしたら神社から高原山本体を目指して歩を進めます。

 

f:id:sakemaro:20150604095549j:plain

しばらく進むと矢板市最高点に到着しました!

 

f:id:sakemaro:20150604095552j:plain

喜ぶ栃木県民代表veryblue氏!!

ちなみに展望も糞も無い所にぽつんといきなり出現してビビりました

そんなに最高地点をアピールせんでもええのに…。

 

f:id:sakemaro:20150604095600j:plain

そして矢板市最高地点付近からシロヤシオの群生が始まります。

 

f:id:sakemaro:20150604095602j:plain

花びらと葉の形が非常に上品、流石愛子様のお花とされているだけはある。

 

f:id:sakemaro:20150604095621j:plain

登山道は歩き易く、背の低い笹の中良く踏み固められた道が出来ています。

 

f:id:sakemaro:20150604095622j:plain

シロヤシオは白い花びらに緑のそばかすがついている。

 

f:id:sakemaro:20150604095626j:plain

シロヤシオの写真を撮りながら進んで行きます、水がやたら減る3人。

 

f:id:sakemaro:20150604095627j:plain

大間々台と高原山最高点の釈迦ヶ岳分岐に到着しました。

剣ヶ峰は大間々台の方に行くとあります、我々はまず釈迦ヶ岳に行くのでスルー。

 

f:id:sakemaro:20150604095635j:plain

満開のシロヤシオが迎えてくれます、しかし今年は少し花が小さいとのこと。

シャクナゲと同じくシロヤシオも今年は外れなのか…?

 

f:id:sakemaro:20150604095650j:plain

釈迦ヶ岳に向かう登山道はとにかくだるい。

八海山神社から大きく北に迂回して、尾根を回り込んで行くルートになりますので

釈迦ヶ岳本体にアプローチするまで1時間半は歩くことになります。

 

f:id:sakemaro:20150604095651j:plain

笹を見るとトラウマがよみがえる…、う!頭がッ…!!

 

f:id:sakemaro:20150604095655j:plain

しかしここはシロヤシオの名所、高原山。

滑落の危険も無く遭難の危険も無く、気持ちよく歩くことが出来ます。

 

f:id:sakemaro:20150604095703j:plain

しかし、笹の中を歩くのはあんまり気持ちのいい物ではない。

この岩を越えると釈迦ヶ岳本体へのアプローチスタートです。

 

f:id:sakemaro:20150604095709j:plain

植生的には笹が目立ちますが、白樺なども生えていました。

日当りがいいので全体的に乾燥した山という印象です。

ツツジも日当りが良すぎて渇いてるのがちらほらみえました。

 

f:id:sakemaro:20150604095717j:plain

登山道は明瞭なので迷うことはまず無いでしょう。

 

f:id:sakemaro:20150604095719j:plain

一輪だけシャクナゲが咲いていました、今年が不作なのが悔やまれる。

 

f:id:sakemaro:20150604095721j:plain

人気な山なのか非常にたくさんの人が登山を楽しんでいました。

シロヤシオの撮影に勤しむ我々をどんどん追い抜かして行きます。

 

f:id:sakemaro:20150604095725j:plain

釈迦ヶ岳本体に登り始めてから30分…、大体山頂付近にやってくる。

 

f:id:sakemaro:20150604095732j:plain

というか山頂に到着である。

 

f:id:sakemaro:20150604095733j:plain

山頂には小さな祠が奉ってありました、そして結構広い。

 

f:id:sakemaro:20150604095734j:plain

いやー、今日はさすがにつかれ…

後ろになんか居る…!?

 

f:id:sakemaro:20150604095736j:plain

なんと山頂に大仏様が鎮座していました。

山頂でこんな立派な大仏様を見たのは初めてです、こんな立派な像をどうやって運んだんだ!

 

f:id:sakemaro:20150604095744j:plain

大仏も見たので食事の準備をまず行うことにする。

この日の献立は焼きそばである、例の如く調理は僕である。

なぜかシェフのあだ名がついてしまって以降飯を作っていることが多い。

 

f:id:sakemaro:20150604095745j:plain

こちらのトマトと生ハムのイカした前菜、週末登山に行った方がいい物食べてるな最近。

 

f:id:sakemaro:20150604095747j:plain

焼きそばがいい感じに焼けてきました、フライパン僕も欲しくなります。

食にあまり興味の無い生活を続けている為、登山道具でも食に関する物は集まりにくい。

 

f:id:sakemaro:20150604095751j:plain

温泉卵を乗せて、veryblue謹製焼きそばの完成です。

味は最高においしかったです。

 

f:id:sakemaro:20150604095801j:plain

食事を済ませたのであたりを見回してみます。

まず見えたのは会津駒ヶ岳方面、非常に近くに見えます。

veryblue氏が会津駒ヶ岳って言ってたから間違いないんだろう、うん。

 

f:id:sakemaro:20150604095759j:plain

燧ヶ岳、これは俺でもわかる。

つまりこの方角に見えるのは尾瀬である。

 

f:id:sakemaro:20150604095804j:plain

辺りを見回しているとsakuさんが気持ちの良さそうに岩の上で寝ていた。 

 

f:id:sakemaro:20150604095814j:plain

非常にいい場所、そして始まる撮影会。

 

f:id:sakemaro:20150604095829j:plain

いやー本当に寝心地のいい椅子ですねーッ!!(棒

 

f:id:sakemaro:20150604095833j:plain

お茶目なポーズをとる方、いつも絵になっています。

 

f:id:sakemaro:20150604095920j:plain

必死に羽ばたく、案の定30分近くこんな小さい岩で遊んでしまった。

 

f:id:sakemaro:20150604095741j:plain

今日の主役は仏様です、至仏山以来の衝撃的画像ですが、今回はマジ如来です。

 

f:id:sakemaro:20150604095928j:plain

ね、マジ如来だからありがたみが違うでしょ?

仏様が2人居る気がしますが気のせいでしょう。

立派な仏像を良くこんな所まで運んだ物です。

 

f:id:sakemaro:20150604095931j:plain

ありがたいなぁ…、金色の後光が射しているかのようだ。

 

f:id:sakemaro:20150604095943j:plain

山頂で多くの登山客が金色に輝くブッダを目撃したそうです。

残念ながら我々はそのような不届きな輩を見ること無く、

スマートにかっこ良く山頂で写真撮影を行い下山に入ります。

 

ちなみにこの登山後、veryblue氏とsakuさんは崩していた体調が良くなったそうです。

僕はこの後38度後半の高熱と喘息の悪化に悩まされました、仏罰かな?

 

 

f:id:sakemaro:20150604095945j:plain

下山は大間々台までをピストンしてそこから大入道コースに入ります。

 

f:id:sakemaro:20150604095947j:plain

山頂手前のこの坂は非常に滑るので焦りました。

 

f:id:sakemaro:20150604095951j:plain

焼きそばのおかげで幾分か体が動く、大分体が楽になったぜ。

 

f:id:sakemaro:20150604095953j:plain

大入道への看板が見えてきました、山頂から折り返しで1時間ほどかかりました。

 

f:id:sakemaro:20150604095955j:plain

大入道方面に3分ほど歩くと剣ヶ峰が出現、なんて可愛い剣ヶ峰なんだろう。

ていうかまったくそんな趣無いんだけどここ…。

 

f:id:sakemaro:20150604095957j:plain

剣ヶ峰を過ぎて黙々と歩き続けます、この辺は平坦な道をずーっと回り込んでく感じです。

 

f:id:sakemaro:20150604095958j:plain

所々アップダウンがありますが50mもありません。

しかし、この日の我々の体には幾分こたえる物がある。

 

f:id:sakemaro:20150604100003j:plain

全員あんまり寝てないor全く寝てないのに凄い体力です。

 

f:id:sakemaro:20150604100006j:plain

帰り道もシロヤシオは満開でした。

アカヤシオの次はシロヤシオ、紅白で縁起がいいと前をあるくveryblue氏が口ずさみます。

 

f:id:sakemaro:20150604100010j:plain

大入道コースは散策路気味なのでアップダウンはあまりありません。

 

f:id:sakemaro:20150604100012j:plain

縄文躑躅というなんかかっこいい木を過ぎると大入道はすぐそこのようです。

ここまでが結構遠い、歩いててつまんないので長く感じます。

 

f:id:sakemaro:20150604100013j:plain

因みにゴヨウツツジの名前の如く、シロヤシオの葉っぱは五角形です。

かなり奇麗な形をしていると思う、ジョジョ的に黄金長方形の形をしているに違いない。

 

f:id:sakemaro:20150604100017j:plain

sakuさんが歩いてる途中で変な草があると言うので見てみると、

ギンリョウソウが生えてました!!初めて見た。

 

f:id:sakemaro:20150604100019j:plain

地面を見ているとギンリョウソウはちらほら咲いているようでした。

そんな中大入道に到着、ここまでくれば後少しと思っていたのですが、

駐車場までここからさらに1時間ほどかかりました…。

 

f:id:sakemaro:20150604100022j:plain

大入道を越えるとシロヤシオではなく山躑躅が姿を見せ始めます。

 

f:id:sakemaro:20150604100023j:plain

癒されます。

 

f:id:sakemaro:20150604100030j:plain

なんだろう、やっぱりシロヤシオに比べると町のお嬢さんという感じがする。

 

f:id:sakemaro:20150604100041j:plain

沢沿いが無いためずーっと川が見たいと思っていた願いが通じたのか

枯れ沢を下るルートに出ました。

 

f:id:sakemaro:20150604100047j:plain

下るに連れて水が湧き出てきて、一応最後は小さな川になっていました。

 

f:id:sakemaro:20150604100052j:plain

沢沿いに進むのもつかの間、直ぐに笹薮ルートに戻り平らな道を歩き続けます。

栃木の山はこういうの好きだなぁ…。

 

f:id:sakemaro:20150604100100j:plain

しばらく歩くと開けた場所に出ました、ここめっちゃ奇麗です!

 

f:id:sakemaro:20150604100102j:plain

森林浴と言う単語がよく似合う森です、エゾハルゼミと思われる蝉の鳴き声が心地よい。

 

f:id:sakemaro:20150604100113j:plain

通路沿いにはトンネル状に躑躅が咲いていました。

 

f:id:sakemaro:20150604100116j:plain

レンゲツツジも開花してきているようです。

 

f:id:sakemaro:20150604100103j:plain

犬の散歩をしていたお姉さんが何かを撮っていたので訪ねてみると、なんと春ゼミでした。

 

f:id:sakemaro:20150604100107j:plain

北海道でよく見るタイプの蝉です、僕の知っている蝉はこの奇麗なタイプ。

北海道民はアブラゼミとか言う不快な生物を見ることが無いのです。

 

f:id:sakemaro:20150604100120j:plain

ハルゼミを見ることも出来て大満足です、

先ほどの森からは5分と経たないうちに車道に出ることが出来ます。

 

f:id:sakemaro:20150604100123j:plain

この車道歩きが意外と長い…、20分近く歩いてたんじゃなかろうか。

無駄に長く感じる道でした。

 

f:id:sakemaro:20150604100125j:plain

釈迦ヶ岳が結構遠くに見えます、よー歩いてきたもんだ。

というわけで車に到着した我々はこの日のお昼ご飯へと向かうことにしました。

そう、焼きそばを食べたのは午前10時、つまり朝飯のような物だったのです。

 

f:id:sakemaro:20150604100129j:plain

とりあえず山の駅にソフトクリームが売っているので、食べます。

80点くらいの美味しいソフトクリームでした。

 

f:id:sakemaro:20150604100130j:plain

この日は大田原のお店にご飯を食べに行くのですが、道中変な店が沢山出てきます。

こういうなんだか良くわからない店とか…、弁当と男性用コルセットって…何?

 

f:id:sakemaro:20150604100139j:plain

そしてこの日の昼食の戦場へとやってきました、そして我々はここで大田原という地が

巨人の街ということを知るのです。

このお店の名物はオムライス、ということでveryblue氏と僕はオムライスを頼みます。

 

…待つこと15分くらいでしょうか。

現れたのは縦横10cm×30cmはあろうかと言う巨大オムライス

 

f:id:sakemaro:20150604100135j:plain

僕の使ってる初代エクスペリアzが小さく見えます、正直2人前くらいあるでしょこれ。

 

f:id:sakemaro:20150604100137j:plain

そして目の前のsakuさんの席へと運ばれてきたポークステーキ、

こちらも皿の直径が45cm超あったと思います、周りの人の注文を見ても全部こんな感じ。

なんなのこの店、プロレスラーでも通っているの?

因みにこの店の前に入ろうとした阿Qさんと言う中華料理屋も特盛りで有名な店らしい。

大田原には特盛りメニューしか無いのかよ。

 

f:id:sakemaro:20150604100140j:plain

巨大なオムライスでかなり満足した我々ですが、風呂に入っていません。

帰りの高速沿いの風呂屋を捜しているうちになぜか千本松牧場に来ていました。

 

f:id:sakemaro:20150604100142j:plain

那須高原の牧場牛乳ソフトクリームが食べれるとか、今日はついているなぁ(棒

 

f:id:sakemaro:20150604100145j:plain

牧場ソフトクリームというのはソフトクリームの中でも屈指の味を誇る。

その味、100点満点である。

 

f:id:sakemaro:20150604100148j:plain

ソフトクリームを食べながら汗臭い野郎3人が

カップルとファミリーしか居ないような観光地をうろうろします。

ジンギスカソバーガーに見える。

 

f:id:sakemaro:20150604100149j:plain

なんか全体的にゆるいぞこの牧場。

 

f:id:sakemaro:20150604100151j:plain

馬に向かって語りかける人。

 

f:id:sakemaro:20150604100152j:plain

話しかけた瞬間馬が不機嫌に鳴いてビビる人、何をさせても絵になるから困る。

 

f:id:sakemaro:20150604100153j:plain

千本松牧場さんざん楽しんだ我々は本日の温泉、彩花の湯へ。

牧場からは10分ほどの距離でした。

 

f:id:sakemaro:20150604100155j:plain

温 泉 は 貸 し 切 り 状 態 !

非常にいい湯でした…、関東東北の暑い湯船は最高です。

この日の疲れを落とした我々は休憩室で1時間ほど仮眠を取った後、

東京への帰路につくのでした…。

 

f:id:sakemaro:20150604095609j:plain

この記事を書いている今、関東は梅雨に入る直前です。

新緑のシーズンというのは早い物で5月から6月中盤くらいしかありません。

その間に花はものすごい速度で開花して行きます。

花が最も見頃なタイミング、晴れの天気、休日、この3つが重なるということは稀です。

山は逃げると言う事をこの新緑シーズン、身を以て感じることができました…。

旅をする際には一日を最大限輝かせる為の努力を続けて行きたい物です。

 

今年は檜洞丸のシロヤシオが不作という事で落ち込んでいたのですが、

無事この高原山で沢山のシロヤシオを見る事が出来てとても満足する事が出来ました。

しかし、何よりも山頂で仏様を見れたのが最高です。

ご利益があると良いなと思える登山旅でした、シロヤシオの時期は是非お勧めです。

 

今回の記事のsakuさん視点はこちら

blog.livedoor.jp

 

 

高原山の地図はこちら

山と高原地図 日光 白根山・男体山 2016 (登山地図 | マップル)

山と高原地図 日光 白根山・男体山 2016 (登山地図 | マップル)

 

 

この登山で役に立ったアイテムはこちら

モンベルのグローブを利用しています、サンダーパスグローブは薄いので春には活躍します。

グローブがあると気をつかんだり岩に手を掛けたりしやすいので、必携です。

 

モンベル(mont-bell) フライパン アルパインフライパン18 1124570

モンベル(mont-bell) フライパン アルパインフライパン18 1124570

 

登山用フライパンは登山において万能調理器具となります、持ってて損はありません。

 

こちらの記事もぜひご覧ください