読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Red sugar

初心者向けの登山情報ブログ、山と写真とカメラの旅

【東北】面白山、初めての雨の日登山、孤独の限界値を振り切る旅

f:id:sakemaro:20150615085730j:plain

2015年6月6日、東北は宮城と山形を隔てる奥羽山脈に鎮座する面白山に行ってきました。

翌日東根市で開催されるさくらんぼマラソンに出場する為、天童市を訪れていたのですが、

大会前の刺激入れという事でまた山に登る事にしました。

陣馬山〜高尾山を登ったときも、翌日フルマラソンに出場したから問題ないだろう。

という事で登山を決めたのですが、そこで待っていたのは高尾山を遥かに越える

凶悪かつ長大なルートを持つ面白山の姿でした。

 

そして極めつけは登山開始後に降り始める大雨。

大雨の東北原始林に独り残される、孤独の限界値を振り切る旅の始まりです。

 

東京から面白山に行く為にはどうするのが良いか?

幾つかの方法があるのですが、東北の山を登る際に効率的な方法は

夜行バスを利用する事でしょう。

 

夜行バスを駆使して早朝に盛岡に到着する事が出来れば早池峰山にも行く事が出来ます。

 

f:id:sakemaro:20150615085601j:plain

というわけで今回は夜行バスを利用して仙台へ向かいます。

今回使用したのはゆったり4席シートの深夜バス、体質的にバスで寝れないので地獄でした。

 

f:id:sakemaro:20150615085602j:plain

早朝の仙台駅、次に始発の仙山線に乗って面白山高原駅を目指します。

つまり深夜バスで仙台に着いた後始発の電車に乗ればいい、ただそれだけです。

早池峰山に行きたいなら深夜バスで盛岡に着いた後に始発の直通バスに乗ればいい。

ただそれだけです。

 

f:id:sakemaro:20150615085603j:plain

仙山線始発で面白山高原駅に向かうと朝7時台に登山を開始する事が可能です。

というわけで面白山へGO。

 

f:id:sakemaro:20150615085604j:plain

というわけで到着しました、面白山高原駅。

到着した時点では雨が上がりたてでちょっと露が下たる感じです。

この時点での天気予報では10時くらいから晴れるとの事、期待して登山を開始します。

 

今回のコースタイム

面白山高原駅7:10→コスモスベルグ7:30→南面白山9:00→奥新川峠11:00

→長左エ門平11:50→北面白山13:10→面白山高原駅15:00

今回は休憩という休憩を取っていません、所々でおにぎりを齧ったくらいです。

なぜかって帰りの電車の時間が心配だったから。 

 

f:id:sakemaro:20150615085610j:plain

面白山という山は南面白山、北面白山の二座が存在します。

普通であれば北面白山のみという事が多いらしいのですが、今回は南から北に向かって

周回縦走を行って行きます、いわゆる馬蹄形縦走?

 

f:id:sakemaro:20150615085607j:plain

そこいらの花は露でいい感じに濡れている。

 

f:id:sakemaro:20150615085612j:plain

南面白山へはコスモスベルグというスキー場から登り始めます。

 

f:id:sakemaro:20150615085611j:plain

最初はこのような舗装路を歩きます、小雨が降ったりやんだりで嫌な感じです。

 

f:id:sakemaro:20150615085616j:plain

後ろを振り返るとこんな感じ、低層の雲が山から立ち上がっているように見える。

 

f:id:sakemaro:20150615085617j:plain

駅から15分ほどでコスモスベルグに到着です。

 

f:id:sakemaro:20150615085618j:plain

冬はスキー場として運営しているので、リフトなどがしっかりと備え付けられています。

 

f:id:sakemaro:20150615085620j:plain

ゲレンデに到着、ここが今日のスタート地点です。

 

f:id:sakemaro:20150615085621j:plain

ゲレンデの中を登山口に向かって歩いていきます。

登山口はゲレンデの奥にあります。

 

f:id:sakemaro:20150615085625j:plain

流石東北という所でしょうか、草がすげー生い茂ってる。

 

f:id:sakemaro:20150615085628j:plain

一応道はしっかり出来ています。

f:id:sakemaro:20150615085627j:plain

この看板が現れたら、プレイボールの合図です。

 

f:id:sakemaro:20150615085629j:plain

ゲレンデのロッジを後にして、登山道へ入ります。

 

f:id:sakemaro:20150615085634j:plain

面白山からは蔵王方面に抜ける事が出来ますが、今回はそんな方向には行きません。

南面白山から目指すは北面白山です。

 

f:id:sakemaro:20150615085638j:plain

しかし、雨が降った直後だからか露が凄い。

山も雲海に沈んだままです、ちょっと先行きが不安。

そしてここで僕は一つミスを犯します、ゲイターを装備しなかったという事です。

 

f:id:sakemaro:20150615085636j:plain

登山道の脇はシダで覆われ、その姿はまるで原始林のようだ。

蒸し暑さがそれを加速させる。

 

f:id:sakemaro:20150615085637j:plain

登山道にはピンクテープがしっかりと整備されていました。

緑の濃い登山道は気持ちがいい。

 

f:id:sakemaro:20150615085645j:plain

所々に花も咲いています。

 

f:id:sakemaro:20150615085648j:plain

いったん開けた所を登って行くと再び森の中に突入します。

 

f:id:sakemaro:20150615085650j:plain

こんな日に山に入るやつなんて居るのかな?

 

f:id:sakemaro:20150615085652j:plain

ギンリョウソウが生えていました、未だに正面から見た事が無い。

 

f:id:sakemaro:20150615085656j:plain

濡れているギンリョウソウは艶があっていい。

 

f:id:sakemaro:20150615085655j:plain

関東にはなかなか無いクオリティのブナ林を歩きます。

ここがかなり気持ち良かった。

 

f:id:sakemaro:20150615085657j:plain

緑が溢れる感じです、地面もウッドチップを敷き詰めたようで歩き易い。

 

f:id:sakemaro:20150615085659j:plain

ただし、看板はごらんの有様なので注意しましょう。

 

f:id:sakemaro:20150615085701j:plain

凄い曲がり方をした木がちらほら。

 

f:id:sakemaro:20150615085705j:plain

しばらく歩くと岩場が続く地点に到着します、こっからは浮き石の上を歩き続ける感じに。

 

f:id:sakemaro:20150615085707j:plain

ルート状にはペンキが塗られています、濡れている岩に足を滑らせつつ登って行きます。

この時点で今日は足場が非常に悪い事に後悔し始める。

 

f:id:sakemaro:20150615085710j:plain

キノコが一本生えていました、スギタケとかそっちけいかな…。

とりあえず毒でしょう。

 

f:id:sakemaro:20150615085711j:plain

森の中は非常に神妙な雰囲気、これこそ幽玄という感じです。

 

f:id:sakemaro:20150615085712j:plain

倒木と岩の折り重なる道を登って行きます。

 

f:id:sakemaro:20150615085714j:plain

下を見るとなぜかコアラのシールが倒木に貼られていました、

誰だこんなおちゃめないたずらするやつ…、しかも見た感じ最近だぞこれ。

 

f:id:sakemaro:20150615085713j:plain

上を見上げれば今ここが雲の中だという事がわかります。

露の下たる音と鳥のさえずる声の中で、山の中に居るんだなという事を再実感。

大室山に行ったときに感じた自然との対峙感をここでも感じる。

 

f:id:sakemaro:20150615085717j:plain

寂しさと自然の中で独りと言う恐怖を少し感じつつも、道を進んで行きます。

しかし、苔が奇麗です。

 

f:id:sakemaro:20150615085718j:plain

標高も少し上がってきてブナが細くなってきました、岩も無くなり今度は木の根の階段に。

 

f:id:sakemaro:20150615085721j:plain

この心細い状況の中、ピンクテープを見つけるたびに安心する僕が居る。

正直雨の中歩いていたらいつ遭難したっておかしくはない。

 

f:id:sakemaro:20150615085723j:plain

いつの間にか稜線に出ていました。

 

f:id:sakemaro:20150615085727j:plain

一気に視界が晴れますが、空は真っ白です。

稜線をしばらく歩くと南面白山には直ぐに到着します。

 

f:id:sakemaro:20150615085725j:plain

見えました、南面白山。

この写真を撮った時点では大東岳が奇麗に見えていたのですが、

写真取っている間に見えなくなる悲劇がおこります。

 

f:id:sakemaro:20150615085728j:plain

湿度100%の中を歩いてきたので服が思いのほか湿っています。

速乾素材といえどもこの中を長時間歩き続けるのは危険か。

 

f:id:sakemaro:20150615085730j:plain

僕の見つめる先にあるのは大東岳です、南面白山から見える大東岳の姿は凄くかっこいいです。

正直大東岳を見る為にこの山はあるのでしょう、まるで皇海山と鋸山の関係だ。

 

f:id:sakemaro:20150615085731j:plain

ここからは奥新川峠を目指して歩きます。

 

f:id:sakemaro:20150615085733j:plain

大東岳が雲の中に隠れてしまいました…、標高こそ無い山ですが、その巨大な山容と

独立峰的な見た目は迫力十分でした。

割と登ってみたい、興味がある感じです。

 

f:id:sakemaro:20150615085737j:plain

さて、大東岳も見たので北面白山へ向かいます。

南面白山山頂で雲が晴れそうだったので待っていたら逆にガスが濃くなると言う事態に遭遇。

この時点で少し慌てています。

 

f:id:sakemaro:20150615085739j:plain

樹林のトンネルの中を進んで行きますが、白い虫が沢山落ちてきて地獄のようでした。

柔らかい虫で払うと潰れて白い筋になってしまいます…、

しょうがないから息で吹き飛ばしつつ歩く。

 

f:id:sakemaro:20150615085743j:plain

下っているとガスが濃くなってきました、いや…これはもはやガスというよりは雲。

 

f:id:sakemaro:20150615085744j:plain

俺は今雲の中で超山深い樹林帯を歩いている、帰りたいと思ってももう帰れないのだ。

歩いてるとたまに心が折れそうになります。

 

f:id:sakemaro:20150615085745j:plain

上を向いても真っ白だ、ていうか10mも先が見えない。

 

f:id:sakemaro:20150615085747j:plain

そしてぽつぽつと水の滴る音が激しくなってきました…。

どうやら再び雨が降り出したようです。

 

f:id:sakemaro:20150615085748j:plain

小さな沢を何回も越える作業が出てきます、なんか毎回こんなのばっかりだな。

 

f:id:sakemaro:20150615085749j:plain

雨がかなり強くなってきたのでこの辺でレインウェアとゲイター、

レイングローブを装備して歩いています、おかげで濡れる事は無いんだけれども

レインウェアの下がかなり蒸していました。

僕のレインウェアはサンダーパスと言う非ゴアテックスなのでちょっと蒸れます。

 

f:id:sakemaro:20150615085751j:plain

ナメ沢っていうのでしょうか、粘土質の地面に水が流れた場所は非常に怖かったです。

 

f:id:sakemaro:20150615085752j:plain

全く持って奥が見えない、今鉄砲水でも来ようものなら南無阿弥陀仏である。

 

f:id:sakemaro:20150615085753j:plain

本格的に雨が降り続ける中、精神力を振り絞って北面白山を目指します。

 

f:id:sakemaro:20150615085755j:plain

南面白山から300mほど標高を落とした地点で分岐が出現しました。

ここからエスケープする事が出来ましたが、まだファイティングポーズをとった僕。

因みにここから大東岳にアタックが可能なようだ…。

 

f:id:sakemaro:20150615085757j:plain

ファイティングポーズをとった物の、300mほど歩いてから早速後悔。

雨が…、雨が強いです…。

 

f:id:sakemaro:20150615085759j:plain

ゴアテックスと革の靴といえども色が変わる程度に濡れた位で奥新川峠に到着。

ここでも面白山高原駅へのエスケープが、しかし俺は逃げない。

 

f:id:sakemaro:20150615085800j:plain

奥新川峠から北面白山方面の登山道を見るとこんな感じです。

鬱蒼としています、ていうか登山者を食べるかのようなこの両脇の草木。

 

f:id:sakemaro:20150615085801j:plain

果敢に飛びかかっていきます、雨の中このような道を歩くと草の露でびしょぬれに。

 

f:id:sakemaro:20150615085803j:plain

歩いてると倒木にびっしりとキノコが生えていました。

見た目ムキタケに見えるけど…、時期が違う…。

 

f:id:sakemaro:20150615085802j:plain

雨で濡れていてよくわかりません、この木が何かもわからないし。

ボリボリかなめこだとおもって放置。

 

f:id:sakemaro:20150615085808j:plain

びっしりとしたキノコがあったという事だけ覚えて先を急ぎます。

奥新川峠からは草木のサイズがちょっと大きくなったようです。

 

f:id:sakemaro:20150615085809j:plain

頭を上げると透明なキノコが生えてました、雨でもうダメだなこれ。

 

f:id:sakemaro:20150615085811j:plain

新緑もここまで来るとちょっと怖い、というかこの状況が少し怖い。

 

f:id:sakemaro:20150615085812j:plain

途中切れた崖なども出現します、登山道から割と離れてるので危険は無いと思います。

 

f:id:sakemaro:20150615085813j:plain

しかし真っ白だ、こんな所で道を見失ったらどうなってしまうのか。

 

f:id:sakemaro:20150615085815j:plain

新しい次なる標識が見えてきました。

 

f:id:sakemaro:20150615085816j:plain

現在地がよくわかりませんが、辛うじて長左エ門平と読めました。

つまり大体半分くらいまで来たという認識、次に向かうのは中面白山から北面白山。

 

f:id:sakemaro:20150615085821j:plain

あたりはすっかり雨で水浸し、花もこんな感じ。

 

f:id:sakemaro:20150615085823j:plain

アザミが咲いていました、長左エ門平からはアザミが登山道脇にずーっと咲いてます。

 

f:id:sakemaro:20150615085828j:plain

ここからはひたすら登りが続きます、この辺でシャリバテを迎えかなり歩くのが辛い。

ストックを持ってくるんだったという思いと、踵が非常に痛いことに怒りを覚え始める。

シリオには悪いが俺の足にはシリオは合わないようだ…。

 

f:id:sakemaro:20150615085826j:plain

ヤマツツジがぽつぽつと現れ始めます、花を見ると気持ちが落ち着きます。

 

f:id:sakemaro:20150615085833j:plain

つづら折りの登りを登りきると稜線へ、本来であればここからの稜線歩きは展望が良く

面白山周回でも核心部となる場所なのですが…、あいにくの天候。

 

f:id:sakemaro:20150615085834j:plain

時折姿を見せる先のピークを見つめながら、残りの食料を全て食べます。

この時点で標高は1100くらい…、あと100mくらいなら30分かからないだろうと予測。

 

f:id:sakemaro:20150615085836j:plain

登山道脇の花を楽しんだら出発です。

 

f:id:sakemaro:20150615085840j:plain

予想通りすぐに山頂直下まで来る事が出来ました。

 

f:id:sakemaro:20150615085842j:plain

あとはこれを登りきるだけ、高度から逆算すると間違いないと言う確信を持ちます。

そしてここで奇跡的な事に、晴れ間が見え始める。

 

f:id:sakemaro:20150615085841j:plain

そしてようやく見えてきました…、山頂です!

 

f:id:sakemaro:20150615085845j:plain

午後1時15分、北面白山山頂到着。

雲の合間から出た太陽に後押しされるかのように山頂へ到着しました。

 

f:id:sakemaro:20150615085846j:plain

ようやく来たよ…、面白山大権現様。

 

f:id:sakemaro:20150615085856j:plain

仙台方面は晴れているようです、緑の山々をすっきりと拝む事が出来ました。

 

f:id:sakemaro:20150615085849j:plain

天童方面は少し雲が多いです、これより左を向いた山形方面は真っ白でした。

 

f:id:sakemaro:20150615085850j:plain

本来であればここから船形山も見えたのだろうか、

今は青々しい東北の原始林が見えるだけである。

 

f:id:sakemaro:20150615085852j:plain

相当苦労して登ってきたので少し放心していました。

 

f:id:sakemaro:20150615085855j:plain

そして我に返った瞬間、面白山大権現に文句を言い始める。

人を指差してはいけません。

 

f:id:sakemaro:20150615085857j:plain

山頂はそんなに広いわけではないので、記念撮影を終えたら直ぐに下山を開始します。

 

f:id:sakemaro:20150615085901j:plain

下山はカモシカコースを利用する事に、これがちょっと失敗。

急登を下るコースなので膝への負担が相当大きかった…、しかも長命水に行けない。

北面白山からの下山は天童高原に抜けるルートが絶対的に正義のようです。

 

f:id:sakemaro:20150615085903j:plain

このカモシカコース、意外に長い。

 

f:id:sakemaro:20150615085904j:plain

ここで天童高原側に行くべきだった…。

 

f:id:sakemaro:20150615085906j:plain

一気に下って平らになって、一気に下ってを繰り返します。

 

f:id:sakemaro:20150615085910j:plain

午後になって晴れ間が見えて明るくなってきました、もっと早く晴れてくれよ。

 

f:id:sakemaro:20150615085909j:plain

大分膝が痛い、ストック無しでこのルートは膝を壊しにきている。

 

f:id:sakemaro:20150615085913j:plain

それでも1時間位で駅が見える地点まで帰ってくる事が出来ました。

写真には写ってませんが左を見れば面白山高原駅の高架が見えます。

 

f:id:sakemaro:20150615085916j:plain

もー後少しだ…、頑張ろう…。

 

f:id:sakemaro:20150615085917j:plain

カモシカコースの入口付近はこんな感じにトラロープが設置してあったようです。

 

f:id:sakemaro:20150615085918j:plain

ていうか沢の中を歩いてくんだな最初。

この沢を抜けるとめでたくゴール、面白山高原駅に到着です。

 

f:id:sakemaro:20150615085919j:plain

駅に着いたらこのざまです、雨の中朝7時から午後3時まで、8時間ほど歩きましたが

さすがに疲れました。

 

f:id:sakemaro:20150615085924j:plain

30分ほど電車を待って帰路につく事にしました…、この日は天童に用事があったので

天童温泉へ向かう事に、天童温泉って結構お勧めなんだぜ。

という感じで面白山登山は終りを告げました。

 

f:id:sakemaro:20150615085801j:plain

初めての本格雨の日登山という事で、いろいろ学ぶ事が多い登山でした。

何よりもゲイター、次回から曇っている場合はこいつを最初から装備します。

背の低い草に付いた露で靴が濡れるのをある程度防いでくれるのはありがたいです。

 

面白山は北と南でそれぞれ別の楽しさを持った山でした、南面白山は大東岳が

北面白山は開けた展望が見えてとても気持ちが良い山です。

僕は南面白山から登りましたが、稜線が登りだった事を考えると

天童高原を経由して北面白山から登った方がいいかもしれません。

 

面白山高原には紅葉川渓谷もあるので、

新緑の季節以外なら紅葉時期がとても良いのではないでしょうか。

 

面白山の地図はこちら

山と高原地図 蔵王 面白山・船形山 2016 (登山地図 | マップル)

山と高原地図 蔵王 面白山・船形山 2016 (登山地図 | マップル)