読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Red sugar

初心者向けの登山情報ブログ、山と写真とカメラの旅

【富士】石割山、青空広がる冬の富士、関東登山者にオススメする冬の富士見登山スポット

20170309005003_original

2017年1月7日、富士山中湖の傍に立つ富士展望の山「石割山」へ行って来ました。

標高は1,404m、山頂に上がれば目の前に巨大な富士山がどっしりと構えている姿を見ることが出来ます。

 

冬の関東、雪山ではない里山や低山は富士山眺望の時期を迎えます、

山肌は冬枯れし花も咲かないこの季節。

空気はどの季節よりも透き通り、富士山やアルプスの姿が克明に見えるようになるのです。

 

登山を始めたばかりで冬の過ごし方に困っている人には是非とも登ってもらいたい場所です。

富士山を眺め、山の上で鍋をつつき穏やかな時間を過ごす、山中湖富士眺望の旅の始まりです。

 

 

CSD_2380

富士の裾野に広がる湖と街。

その奥には西と東を分断する壁のようなアルプスの山々が横一線に並んでいる。

植物たちは秋に生の勤めを謳歌し、冬という季節には役割を終えた脱け殻だけを残して行く。

虚しさを感じさせる冬枯れの景色はどの季節よりも透き通った空気を纏い、

整理された清涼な世界を目に押し付けてくる。

 

CSD_2389

頬に当たる冷たい風の先を眺めれば、盆地の中に綺麗な円錐上の姿をした富士が見える。

巨大なその山を近くで眺めていると、自分の中の景色のスケールが壊れていくのがわかる。

鏡のような氷を纏った富士は今日も日光をてらてらと反射して、

白く輝く姿を透き通った空気の中にさらしている。

 

はい、 今回は富士山中湖エリアにある石割山です、標高は1,404m。

富士山がとても綺麗に見えて、かつコースタイムもそこまで長くはないということで

関東近郊の山としては初心者ハイカーの方々が多く訪れるところと言われています。

 

冬の関東近郊は高気圧に覆われ冬晴れすることが多いので、

冬の低山となればもっぱら「富士見登山」となるのではないでしょうか。

 

そんな富士見登山において鉄板とも言える景色を提供してくれるのがこの石割山です、

家族連れの方もたくさん歩いている優しいお山なのでとてもお勧めです!

 

 

1.石割山登山について

石割山へのアクセス

バス

【バス】新宿→山中湖平野 2,100円

往復合計運賃 4,200円

電車

【電車:JR】       新宿→大月     1,320円

【電車:富士急】大月→富士山  1,020円

【バス】富士山→平野      790円

往復合計運賃 6,260円 電車で行くと高いですね…

 

石割山登山のコースタイム

石割山神社登山口12:05→石割山神社12:40→石割山山頂13:10→平尾山14:00-14:50→

駐車場方面分岐14:55→石割山神社登山口15:45

合計登山時間 3時間40分 手軽に富士山の絶景を仰ぎ見ることができる名山です!

そしてこの日寝坊したため午後からの登山となりましたが、

それでも石割山から平尾山まで行くことができました。

 

 

2.石割神社から石割山登山開始 

CSD_2267

2016年1月7日午後12時00分、石割神社駐車場。

年明け石割山登山でやって来ました石割神社、バスで来ることも可能なのですが

奥さん同伴ということもあり車で。

バスで来る場合は平野のバス停で降りることとなります、神社までは1.5キロほどで到着です。

 

CSD_2268

駐車場にはトイレも併設、管理人さんがヒーターをおいてくれているようで、

室内が寒くない程度に加熱されていました、★ひとつ位の綺麗さであった。

 

CSD_2269

登山口は駐車場の向かい、鳥居の奥から入っていきます。

 

CSD_2271

鳥居を潜れば本日のプレイボール、きれいな富士山がいまから楽しみです。

 

CSD_2272

鳥居を越えたら早速階段が続きます、結構な距離の階段なので心してかかるのが吉。

石段なので膝に疲れが蓄積しますね。

 

CSD_2278

登っても全然上が見えない……、殺人的な角度だ。

 

CSD_2280

奥さんが非常に辛そうでした……、登山道というわりにはいきなり石段を登らされたため。

膝に一気に疲れがたまってしまったようです、最初なんでゆっくりと上ろう。

 

CSD_2285

階段をひとつ越えると登山道だと思うでしょ?

 

CSD_2288

いままで登った階段は403段らしい、403段で結構な距離歩けるんですね。

 

CSD_2286

再び現れる階段、二段構えで登山者の心を挫きます、こんなの聞いてないよ!

水を一口含んだら気合いを入れて階段登りです。

 

CSD_2289

二つ目の階段を越えたら今度こそ登山道です、お疲れさまでした。

ここから先は石割神社まで緩やかな登りとなります、階段で疲れた足を休ませながら歩く。

 

CSD_2295

道中にはしめ縄を巻いた岩が、既に石割山神社の境内なんですね、階段のせいで忘れてました。

 

CSD_2300

木々の奥に見える大きな山を目指して登ります。

 

CSD_2302

歩き続けると堰堤のようなものが見えてきます、この堰堤を越えたら石割神社はすぐそこです。

 

CSD_2305

冬真っ盛りの里山では花を撮ることは叶いません、撮れるのは冬枯れの寂しい景色のみ。

 

石割山の巨岩 

CSD_2315

午後12時40分、石割神社到着です。

思ったより岩がでかい……、35mmのレンズではその全景を押さえることは難しい。

出来れば24mmかそれ以下がほしくなります。

さてこの巨大なしめ縄を巻いた岩ですが、綺麗に割れています

割れ目を通って時計回りに三週歩けば願いが叶うらしいので是非やってみてください。

 

CSD_2314

狛犬ですが目が真っ赤でした、いままで見てきた狛犬のなかでも

かなり攻撃的な見た目をしているのは瞳のせいか?


CSD_2309

先ずは説明に目を通しましょう、石割神社は休憩にはちょうど良いスポットなので、

ザックを下ろして暫しくつろぐのがおすすめです。

 

CSD_2311

岩の隙間はこんな感じ、首から下げてたカメラは岩にぶつかってしまう。

ちょっと狭いですね、太っている方だとお腹が邪魔して歩けないかも?


CSD_2318

石割神社で三週歩いたり休憩したら気を取り直して山頂を目指します。

石割神社から先は登山道の整備レベルが一段下がります、

虎ロープが垂れていたり梯子が崩れていたり……。

 

CSD_2323

結構急な道を歩き続けてようやく山頂が見えてきます、既に人で賑わっている雰囲気がある。

 

3.石割山頂上から眺める富士山の大絶景

CSD_2333

午後1時10分、石割山山頂到着。

駐車場から数えて1時間で山頂に立つことが出来ました、

ペースとしては普通か少し遅いくらい。初心者には最適な長さのコースですね。

 

CSD_2329

山頂から見える景色の醍醐味はこれ、目の前に素晴らしい富士山。

関東の冬山と言えば富士山です、1月2月に関東で登山をするとなれば富士山を見るのが一番!

撮れ高が稼ぎにくい冬の低山なのですが、

富士山を眺めれる山を晴れている日に歩けば確実に満足できる景色に会うことが出来ます。

 

CSD_2338

記念写真撮影にも適した広い山頂……、年明け時期は晴れていることが多いのですが、

冬は空気が澄んでいるため南アルプスまでくっきりと見ることが出来ます。

 

そして僕の向かい側からワンちゃんが登ってきていますね……。

 

CSD_2343

飼い主の方にお願いして撮影させてもらいました、かわいい柴犬が二匹石割山を上ってきました。

 

CSD_2347

山頂碑とお犬様、何て絵になる!!

飼い主の方曰く、こちらのワンちゃんは八ヶ岳主峰赤岳なども登ったんだとか、

僕は赤岳のみ残しているので先輩に当たりますね。

 

赤岳は夏の時期に泊まりで登って星空とご来光を撮影したい山なのです、なので残してありますが

他の山はなぜか全て冬に登っています、権現、天狗、硫黄と……。

 

CSD_2349

じゃれるお犬様、か、かわいい……!!

 

CSD_2359

山頂を楽しんだらつぎの山で食事をとることにします、

石割山山頂は広いのですが椅子やテーブルがないのです。

 

つぎの平尾山には椅子があるのでそこで調理タイムです。

石割山から西側に向かって歩きますが、一度降るためのこの道が結構地面が緩い……。

 

CSD_2361

一度降ると樹林ウォークへ、回りは杉と柴かな?

桃太郎のおじいさんが刈っていたのは芝ではなく柴です。

柴は薪として優れているので、用は薪を作っていたということです。

 

CSD_2367

花も終わって種も飛んでいったあとでしょうかね?

登山に行くときは解放から絞り11までなるべく使うようにしています、特に理由はないんですけどね。

 

CSD_2371

樹林を抜けると平尾山が見えてきました、だだっ広い山頂です、山頂というよりは道中ですね。

 

平尾山で富士山を見ながら昼食

CSD_2374

午後2時00分、平尾山到着です。

太平山に向かい延びて行くこの道は常に富士山を目の前に見据えることができる素敵なコースです。

なかでもこの平尾山周辺から眺める富士山の素敵なことよ……。

 

CSD_2376

午後になり雲も出てきた富士山周辺、少し雲があるくらいがきれいでよろしい。

この景色を堪能しながら食事をとることにいたします。

 

CSD_2380

ちなみに南アルプスの方々も綺麗に晴れていました、アルプスが眩しい。

1月の初旬だとまだ全然雪をつけていないように見える、実際はすごい雪なんだろうけど。

 

CSD_2381

本日はキムチ鍋になります、豚肉、ねぎ、マロニー、白菜、油揚げをいれたらアルミホイルで蓋をします。

事前に家で野菜を切っておいて、ジップロックにいれて持ってくれば、現地で火を通すだけ。

 

CSD_2384

見た目はあまり変わりませんけど完成、冬の低山で食べる鍋は格別です。

奥さんも大満足、里山登山はご飯を豪華にするととても気分がよいものになります。

 

CSD_2385

ダッフィー撮影、ハイキーになるように、エアリーフォトを目指して撮影してみます。

 

CSD_2386

D810はエフェクトモードなどはないので絞りとシャッター速度をやりくりして

明るめに撮影、かわいい雰囲気になった??

 

CSD_2396

ご飯を食べ終わる頃には太陽も傾き、下山にはちょうどよい時刻に。

今日は太平山はいいかなと言うことで駐車場へ帰ることにしました。

これが次なるラッキー景色を見せてくれるとは……。

 

CSD_2399

午後2時50分、駐車場方面分岐。

駐車場に帰るためには平尾山から石割山方面へ一度引き返す必要があります。

太平山に向かった場合も、駐車場に行くには一度引き返さなくてはいけないようです。

 

CSD_2398

大分日も傾いてきました、枯れた草木の生い茂る道を歩きます。

 

CSD_2401

笹でおおわれた場所は狩り払いされているので歩きやすいです。

 

CSD_2405

午後3時10分、

この指導標が見えたらゴールまでもう少しです、

日の当たらない薄暗い斜面を降って駐車場を目指します。

 

CSD_2409

暫く歩くと川にぶつかります、川を渡って反対側に出れば林道に出るので、後はそれを下ればOK。

 

CSD_2413

川を渡ると何やらオレンジ色のベストを着た方々が歩いてきました、

なんだろうと思ったらハンターさんです。

山頂付近ですれ違ったあとで発砲音を聞いたのですが……、まさか……。

 

CSD_2414

待っていると若い猪を引きずったハンターの方々が!こんな光景初めて見ました……。

何やら猟犬が一匹猪に噛まれて怪我をしたとか……、猪を駆除するのも大変なのですね。

以前金時山の麓で猪の生革が干してあったのを思い出します、この辺は猟が盛んなんですかね?

 

CSD_2418

ハンターの方々が猪を軽トラックに乗せて運びます、猪の重さは95キロくらいとのこと。

猪の体にはライフルで開いたであろうでかい穴が、散弾ではないんですね。

登山していて猟に出くわすとは思いませんでした、なんというか貴重なものを見た……


CSD_2420

ハンターの方々が去ったあとの林道を奥さんと歩き始めます、

なんだか二人とも珍しいものを見て疲れを忘れていました。

 

CSD_2422

途中貯水池がありましたがよく見たら凍ってる?

 

CSD_2423

転がった石がぽつんと水の上に浮いていたので凍っていたようです、

石を投げてみたい気持ちになりました。

 

CSD_2425

午後3時45分、石割山駐車場到着。

登山開始から約4時間、ほどよい疲れを感じながらの帰還です。

平尾山で鍋を食べたからですかね、満足度が非常に高い登山となりました。


CSD_2431

帰りは石割の湯へ、下山したらすぐそこにあるので便利です。

 

CSD_2435

なんとか日が沈む前に湖畔の富士をカメラに納め、この日の登山終了としました……。

年明けようやく富士山の絶景と満足行く山飯を食べることができ、

奥さんには感謝で頭が上がりません。

 

CSD_2448

帰りに寄った道の駅で富士山が萌えキャラ化していました、

職業柄こういうのをよく見るデザイナーをしていますが

何て言うか見るたびに恥ずかしくて苦笑いしちゃいます、何故だろう。

 

お土産をいくつか買って東京への帰路につくのでした…。

 

4.石割山登山を終えて

CSD_2386

石割山、富士山を綺麗に拝み、富士山に向かって歩けば最高に気分の良い山旅が出来る場所です。

冬の低山となれば富士山か冬の花をみる、関東であれば定番の山旅のひとつに含まれる石割山。

空気の澄んだ晴れた日であれば南アルプスまで見える良い景色が間違いなく出迎えてくれます。

 

CSD_2376

冬の一日を彩る山旅をお考えの際は是非とも石割山を考えてみてください。

帰りに富士吉田の街を歩くもよし、湖から見える富士山を撮影するもよし、

カメラが一台あれば旅の楽しさがグッと上がるスポットです。

ヘビーな山旅をお求めの方は御正体山からの縦走をやってみるのも良いかもしれません。

 

冬の富士山は間近で見れば表面がガラスのようになり白く輝く山となります、

夏とは全く違う景色を見せる富士山を見に行ってみるのもよいのではないでしょうか?

 

人生最高の山は続く。

 

石割山の地図はこちら

アルペンガイドNEXT 雪の近郊低山案内 関東版

アルペンガイドNEXT 雪の近郊低山案内 関東版

 

 山と渓谷社の地図であれば、富士山エリアに載っています。

 

この登山で役に立ったアイテム

モンベル(mont-bell) フライパン アルパインフライパン20 1124571

モンベル(mont-bell) フライパン アルパインフライパン20 1124571

 

 フライパンは少し大きめのサイズをオススメします、20か22がいいです、

僕は22にしておくべきだったと後悔しました、20だと鍋を作る時に具材が全然入りません。

 

PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー

PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー

 

バーナーはひとつ持っていると世界が変わります、

バーナーとフライパンがあれば冬の低山は鍋山に変身します。

 

PRIMUS(プリムス) GAS CARTRIDGE ハイパワーガス(小) IP-250T [HTRC 2.1]

PRIMUS(プリムス) GAS CARTRIDGE ハイパワーガス(小) IP-250T [HTRC 2.1]

 

ガスは出来ればハイパワーのものを。

普通のガスだとパワー不足な時がいつかやって来るでしょう……、寒いと全然出力上がらないんです。

 

 

こちらの記事も是非ご覧ください