Red sugar

初心者向けの登山情報を扱った登山ブログ、山と写真とカメラの情報をお届けします

【東北】安達太良山、厳冬の爆裂火口と雪のオブジェ、本当の空を見る安達太良山の旅

2018_01_20_安達太良山

2018年1月20日、福島県二本松市にある安達太良山に登ってきました、標高は1,699m。

特徴的な爆裂火口と豊富に湧き出る温泉、

そして山頂からの眺望に磐梯山、西吾妻山、蔵王、飯豊山という数々の名山を持つ場所です。

福島で山というと安達太良山と磐梯山ではないでしょうか、

どちらも東北の方にはとても人気な登山スポットです。

 

紅葉時期が有名な安達太良山ですが、

冬シーズンも登山が可能で、スキー場からのコースは毎年多くの人が訪れているようです。

冬の爆裂火口の景色もまた凄まじいもので、冬の火山ならではの絶景を楽しむことが可能。

そんな安達太良山をぜひ歩いて見たいということで、冬真っ只中の安達太良へ。

 

コースタイムも短く非常に歩きやすい安達太良山、

爆裂火口と本当の空を目に焼き付ける旅の始まりです。

続きを読む

【八ヶ岳】赤岳、真冬の八ヶ岳主峰を歩く雪山登山の旅

2018_01_04_赤岳

2018年1月4日、南八ヶ岳に聳え立つ八ヶ岳主峰「赤岳」に行って来ました。

2017年の夏、秋と登り続けて来た山で、標高は2,899m。

今回は年末年始の冬シーズン、雪の赤岳登山となります。

 

年末年始は積雪があり、コンディションはまさしく冬。

よく山岳雑誌などで冬のシーズンになると雪山特集が組まれますが、

必ず紹介されるのが冬の赤岳、冬シーズンの憧れの山として毎年その名前を見ます。

僕も冬山を歩き続けていつかは赤岳登りたいなと考えていたところがあり

ついにそれを実行に移すことができました、

今回の冬の赤岳はとても気持ちのいい登山だったのは間違いありません。

 

冬に歩いた八ヶ岳エリアの山は天狗岳、権現岳、硫黄岳、蓼科山、

ここまで来たら次は赤岳ということで、今回は入念な準備をして八ヶ岳へ向かいました。

コンディションは無風快晴で抜群の天気、年明けの赤岳登山の旅の始まりです。

続きを読む

【登山道具のススメ】一眼レフ2台でも快適に持ち運べる、コットンキャリアストラップショットレビュー

DSCN1217

全国の登山とカメラを楽しむ方々こんにちは。

皆さん登山にいくとき一眼レフやミラーレスはどうやって持っていきますか?

たすき掛け、カメラポーチに入れる、

カメラストラップを使う等様々な方法があるかとおもいます。

 

今回は登山ブログを書く上で、山での撮影時に僕が「これいいな」と思った

「コットンキャリア ストラップショット」についてお話ししたいとおもいます。

 

先にいっておくけど「ストラップショット系のアイテムはいいぞ」

2台持ちをやろうとしている人には絶対にお勧めです。

1台の人にはもっとお勧めです。

続きを読む

【登山カメラ道具】ニコン最強画質D850購入、D810とD750、3つの機種を比較レビュー!

D850

 

2017年9月30日、NIKONからフルサイズ一眼レフD850が発売されました。

泣く子も黙る4,575万画素、D5のAFを搭載したハイスペックな高画素一眼レフカメラです。

当ブログではD850を二台購入して利用しています。

え、二台??何言ってるかわからない??落ち着いて読み直そう。

この記事はD850二台をぶら下げて山を歩く男のカメラレビューだッ!!

 

D810から進化した4,575万画素の解像力、暗所でも使える高感度性能、

旗艦機D5譲りのAFと、高画素機のハイスペックカメラ、それがD850

 

これまで当ブログではニコンD810とニコンD750という

フルサイズ2機を利用し登山を行ってきましたが

今現在ではD850×2台を利用して登山を楽しんでいます。

 

この記事では素人なりに「D850のレビュー」「カメラ2台持ちについて」「D810とD750と比べた感想」

などを綴っていきたいと思います。

 

最強の一眼レフD850の使い心地、それ即ち最高である。

高画素機はいいぞっ!

続きを読む

【富士】竜ヶ岳、ダイアモンド富士と真っ青な青空と、新年ご来光富士を見る旅

2018_01_02_竜ヶ岳

2018年1月2日、山梨県の富士外輪エリアにある竜ヶ岳にいってきました。

竜ヶ岳は年末から年明けにかけてご来光が富士山頂から現れるダイアモンド富士が見れる山です。

毎年多くの登山者がダイアモンド富士を見るためにナイトハイクで山頂を目指します。

その標高は1,485m、麓のキャンプ場からは片道2時間程度の登りとなります。

 

2018年は輝かしい山の記憶から始めたい、

だからこのダイアモンド富士は絶対に失敗することができない。

そう、2017年のダイアモンド富士においてガスにつつまれ悲しみを背負った僕は

この竜ヶ岳ダイアモンド富士に対して並々ならぬ執念を抱いていたのです。

ガスに包まれたあの悲しみを僕は忘れない、この怒り、憎しみ……、今年は十倍返しだッ!!

怒りの形相を携え山梨に向かい、ランボー怒りの竜ヶ岳ナイトハイクへと向かいます。

 

そして迎えた1月2日、ついにダイアモンド富士を目にすることが出来ました。

2018年のスタートを飾るサンシャイン登山の始まりです。

続きを読む

【八ヶ岳】蓼科山、北八ヶ岳に構える女の神山、雪景色の写真撮影登山

2017_12_23_蓼科山

2017年12月23日、世間はクリスマスの炎に包まれたッ!

クリぼっちで煽られる者、サンタの服を来てバイトに精を出す者。

悲しみを背負い部屋で枕を噛んで寝る者……、だが登山者はそんなことどうでもよかった。

「ヒャッハッハーーっ!山だーっ!」「標高もたっぷり高いぜっ!」

「クリスマスなどいらぬっ!引かぬ!媚びぬ!省みぬ!」

長野県北八ヶ岳蓼科山は登山者が支配する日になっていた。

 

2017年12月23日、長野県八ヶ岳にある蓼科山に行って来ました。

円錐形で均整の取れた独立峰として知られており、

別名女の神山、諏訪富士とも呼ばれています。

百名山の一角に選定されており、標高は2,531mと結構な高さを誇る立派な山です。

 

世間はクリスマスムード一色で、

山の上でもクリスマスのケーキを食べたりするモヒカ……登山者が増えるこの時期。

クリボッチなので山にいこうぜ登山隊なども過去に居ましたが、

今やクリスマス前夜に山に登る物好きは少数なのでは……。

 

この日僕はある任務で蓼科山に降り立ちました、それは『年賀状写真の撮影』という重大任務。

 

結婚すると「年賀状しっかり出せよ」という圧力が何処からともなくかかってきて

『デザイナーなんだからいけてる年賀状作れるよね』とまで言われる始末。

考えた末、お家で手軽に印刷で済ませたいけど、写真は頑張ります。

という事で年賀状写真の素材を撮影するために、蓼科山に行って来ました。

 

山頂は噂に聞く強風、雪は少ないながら極寒の世界が広がる中の撮影登山旅が始まります。

続きを読む

【上信越】黒斑山、蛇骨岳、噴煙挙げる白き浅間山を望む、冬の浅間外輪の旅

2017_12_09_黒斑山

2017年12月9日、浅間山外輪を歩いてきました。

黒斑山の標高は2,404m、蛇骨山の標高は2,366mとなります。

浅間山エリアは春よし、秋よし、冬よし。

目の前の浅間山の壮大な景色のお陰で一年を通して様々な景色が楽しめる山と聞いていました。

特に興味があったのは秋と冬。

秋は落葉松紅葉が素晴らしい。

冬は浅間山に雪が降り積もりガトーショコラのようだ

という事で多くの登山者を引き付けています。

 

特に冬の時期は雪山入門の山として様々な雑誌で取り上げられる事が多い黒斑山です。

僕のようなただ歩くのみの初級者にはうってつけということで、今回は外輪を蛇骨山まで歩きます。

雪が積もる浅間山の旅の始まりです。

続きを読む