Red sugar

初心者向けの登山情報を扱った登山ブログ、山と写真とカメラの情報をお届けします

【秩父】天空のポピー園、一面を埋め尽くす花の楽園、秩父高原牧場で過ごす休日

2016_05_21_天空のポピー

2016年5月21日、秩父高原牧場で開催される天空のポピー園を見に行ってきました。

登山と組み合わされることも多い、この時期の定番アクティビティではないでしょうか?

牧場の斜面一面に咲き乱れるポピーは圧巻の一言、

真っ赤に染まった山と青空は清々しい気持ちになること間違いなしの風景です。

 

東京から少し離れた秩父ですが、プチ旅行気分で訪れることができるのでとてもおすすめです。 

花のシーズンに入り、花と写真の記事もたくさん見られるようになってきましたね。

5月はネモフィラが前半にあり、後半はポピーが各地で開花します。

ネモフィラの真っ青な世界に触れた後は真っ赤なポピーの世界がやってくるのです。

 


いろいろな方がネモフィラに関しては記事を書いているので

ネモフィラに関してはもはや言うことはありません。

 

1.天空のポピー園について

5月中盤から秩父高原牧場、別名「彩の国ふれあい牧場」にて始まる花見イベントで、

標高500mに位置する牧場の斜面一帯が赤やピンクのポピーで覆い尽くされます。

鉄道会社の季節のポスターで織り上げられることも多く、

関東では吊革広告などでその存在を知る人もいるのではないでしょうか?

天空のポピー公式ホームページ

 

天空のポピー園へのアクセス

【電車】上野→熊谷 (JR線)          1,150円

【電車】熊谷→皆野 (秩父鉄道)         800円

【バス】皆野→天空のポピー園(シャトルバス) 100円

合計往復運賃 2,050円

車でポピー園に行くとすごい混雑に巻き込まれます、車を利用する場合は早朝に行きましょう。

ナビは下記に打つのが良いようです。

名称 「天空のポピー」「秩父高原牧場」「彩の国ふれあい牧場」

住所 「埼玉県秩父郡東秩父村坂本2949-1」

電話 0493-82-1500

 

1.家族で一緒にポピー園

CSD_6829

5月21日、埼玉の自宅を出発した僕は車で一路秩父へ、目的地は天空のポピー園。

高速道路のPAで旅気分を味わいながら秩父へ、埼玉県の内陸に位置する秩父ですが、

山に囲まれているため結構アクセスが遠かったりします。

 

CSD_6831

午前11時30分、ポピー園到着。

シーズン中のポピー園は駐車場の混雑が凄まじいことになります、

お昼を越えると駐車するためだけに1時間渋滞というのもあり得るので、

なるべく早朝に到着するようにするか、バスを利用することをおすすめします。

  

CSD_6834

ポピー園開催中は臨時のトイレがこのように設置されます、トイレすら非常に混む。

 

CSD_6832

駐車場付近からすでにポピーが満開、今日はここからずっとポピー。

 

CSD_6837

ペットをつれてきている方も沢山いました。

秩父という身近な観光地、散歩気分で花畑を見に来るのも楽しそうですね。

 

まずは出店で腹ごしらえ

CSD_6845

出店のご飯はどれも美味しそうです。

秩父名物や豆腐ソフトと行ったメニューが並びます、

しかし、秩父一番の味とも言えるホルモンは流石にありません。

 

CSD_6843

ホルモンの代わりにフランクフルトを食べることにしました、

野外で食べるフランクフルトは最高です、山に登るわけではないのでこういうのを楽しむ。

 

CSD_6847

田舎の定番鮎の塩焼きも頂きます。

埼玉でも両神付近まで行けばいきの良い岩魚がいそうです、

そういったところで取った魚なんですかね?

 

CSD_6854

豆腐ソフトクリームというのがあったので、ソフトクリーム好きとして食す事に。

豆乳の味がして濃厚美味でした、こういうのもたまにはいいな。

ポピー以外はこの売店しか楽しむところがないので、

しっかりと腹ごしらえしてイベントを楽しむ気持ちになりましょう。

 

ここから大霧山に登ると言うこともできますが、

今回は一般観光客としてポピーを楽しむことに専念します。

 

2.真っ赤なポピー鑑賞

CSD_6840

出店をあらかた楽しんだので本番のポピー鑑賞へ。

 

CSD_6855

駐車場から見えてはいましたけど、斜面全体にポピーが植えられていて結構広い景色に。

一面真っ赤、ピンクと白が混じり綺麗な色に染まる。

 

CSD_6859

秩父の山の中を走っていたら突如山の中に突如として現れるポピー園、満足度は高い。

これと似たイベントにひたち海浜公園のネモフィラがあります、どちらも雰囲気は全く同じです。

登山を含まない花歩きとしては梅、ネモフィラ、ポピー、曼珠沙華が定番になりそうです。

 

CSD_6871

このポピー園も花の密度が非常に濃く、カメラを持ってくれば楽しめること間違いなし。

多くのカメラマンが可愛いモデルの女の子を連れて写真を取りに来ていました。

この日利用していたレンズはTAMRON SP 45mm F/1.8 Di VC USD

マクロレンズみたいに近くまで寄れるタムロンの単焦点レンズです。

 

CSD_6875

寄ってよし、離れてよし、いろんな撮影の仕方を楽しめるかと思います。

 

CSD_6879

真上から撮ったり、しばらくいろいろな角度で花を撮影する、

奥さんと談笑しながらゆっくりとポピーを見て歩きます。

 

CSD_6882

この丘を埋め尽くすポピー、この景色が見たかった。

この位置では多くの人が記念撮影をしていました、我々も家族の一枚をこの背景で撮影。

2歳児くらいの子供とくると本当に楽しいんじゃないかなぁと思わせてくれる景色です。

 

CSD_6889

何度撮影しても飽きないのが不思議。

この日はTAMRONの45mmというマニアックなレンズ一本で歩いてみましたが、

寄れるし明るいしで非常に楽しいレンズでした。

 

CSD_6894

事前にうまい写真を見てから来なかったことが悔やまれる。

友達と来ていろいろとりあったりしたら楽しいんでしょうね。

 

CSD_6900

ひたすら花です、ファンタジーな世界をじっくりと練り歩きます。

ポピーも一年草であるため、ボランティアの人とかが一生懸命植えてくれているんだろうな。

 

CSD_6916

一年分のポピーを見ることが出来る秩父、ポピーを楽しんだ後はかき氷とわらじカツで

1日を締めくくるとか良さそうですね。

ここのかき氷がとても有名なようですね。

 

CSD_6924

流石にポピー園単体では一日の時間が有り余ってしまうかもしれません

しかし秩父には温泉もあるので、それらとポピーを組み合わせるのが観光としては良さそうです。

 

CSD_6934

青い空と真っ赤なポピー、ネモフィラが人生一度はと唄うのであれば

こちらも同じく人生一度は見てもいい景色じゃないかなと思います。

山の斜面を綺麗に埋め尽くすポピーは本当に可愛げがあるし、なかなか見れた景色ではないです。

 

CSD_6941

若いときにはなかなか来ないような観光地ですが、

子供を連れて来たりするのには結構向いてる場所ではないでしょうか?

敷地はかなり広いためたっぷりと遊ぶこともできるでしょう。

 

3.まとめ

CSD_6956

5月、GWを過ぎてから各地ではイベントが目白押し。

登山をやらずとも観光だけでも非常に楽しい時期です、

日光などでも新緑が始まり東照宮や戦場ヶ原の観光はとても気分のいいものがあります。

そんな観光シーズンの始まりを、秩父のポピー園で迎えてみるのもいいのではないでしょうか?

カメラがあれば楽しめること間違い無しのスポットです。

 

天空のポピー園情報はこちら

天空のポピー公式ホームページ

 

おすすめアイテム

Nikon 単焦点マイクロレンズ AF-S  Micro 60mm f/2.8G ED フルサイズ対応

Nikon 単焦点マイクロレンズ AF-S Micro 60mm f/2.8G ED フルサイズ対応

 

花を撮るならマクロレンズが欲しいです、一度使ってみましたが喉から手が出るほど欲しい。

 

関連記事

ポピーの次はシロヤシオです!