読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Red sugar

初心者向けの登山情報を扱った登山ブログ、山と写真とカメラの情報をお届けします

【奥武蔵】丸山、静かな森林と日向山の節分草に癒される、奥武蔵登山の旅

2017_03_19_丸山

2017年3月19日、埼玉県横瀬町にある丸山へ言ってきました、標高は960m。

奥武蔵エリアに分類される低山となります。

 

春の息吹が吹いた2月。

雪山シーズンから花の季節ということで、里山で花を見る登山がしたくなりました。

今年は花の雰囲気がよく、節分草や蝋梅がとても綺麗だったということで、狙うは節分草。

今まで僕が春を意識する花であるミツマタ、蝋梅、梅、河津桜、カタクリに

節分草を足していこうというわけです。

去年よりもより豊かにをテーマに花も一つ一つ増やしていきたい、

そんなわけで節分草自生地がある横瀬町丸山〜日向山周回登山へ行ってきました。

 

電車周回と縦走が可能でとても登りやすい丸山は肩慣らしにはもってこい!

奥武蔵の低山を楽しむ休日の始まりです。

 

CSD_4076

静まり返った樹林の中を歩いている、森全体がスポンジのように音を吸い込み

あたりには空気の振動一つともない、時が止まったような景色が置かれている。

歩みを留めれば耳鳴りがきこえ、体の奥から川の流れるような音だけが静かに聞こえる。

 

CSD_4071

低山は不思議なもので、一人で訪れれば内省的な気持ちを湧き上がらせ

思考は渦潮の底へ沈んでいくように深くなってゆく。

ふと視線の先に現れる苔や草の一つ一つのディテールが視覚を刺激し、

小さな感動や言葉に言い表せない不思議な感覚が心を支配してゆくのだ。 

 

 

はい、今回は奥武蔵エリアにある丸山です。

芦ヶ久保にある丸山から日向山にかけてを歩いてきました。

何があるかと言われれば、節分草!

同時期であれば四阿屋山の節分草園が満開なのですが

次の日に行く予定が立ってしまっていたので丸山に行くことを決めました。

 

奥武蔵の渋い低山で待っていたのはいつも通りの杉林と冬枯れした木々、

しかし足元に目を凝らせばきれいなものだってある。

そんな心持ちで久々の森林浴を楽しみます。

 

丸山自体はとても初心者に優しい山で、

武甲山の展望もあるため夏に向けてのウォーミングアップにはもってこいです。

それでは春の芦ヶ久保、丸山登山の始まりです。

 

 

1.奥武蔵 丸山について

丸山の登山口、芦ケ久保駅へのアクセス

【電車】池袋→飯能   470円

【電車】飯能→芦ヶ久保 340円

往復交通費 1,620円

奥武蔵は非常にコストパフォーマンスの良いエリアです、花もたくさんあるしオススメ。

 

奥武蔵丸山周回登山のコースタイム

地図_丸山

芦ヶ久保駅7:15→登山口7:50→丸山山頂9:15→山の花道入り口10:15→日向山山頂10:35→

節分草自生地11:00-11:15→山の花道入り口11:30→芦ヶ久保駅12:05

合計登山時間 4時間50分

久々に気持ちの良い登山でした、コースタイムも短くていいですね。

 

この登山で使用しているカメラとレンズ

NIKON D750+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

NIKON D810+AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

しばらくはこの組み合わせで歩きます、日本一山の中で58mmを使う人になりたいですね。

 

1.芦ヶ久保駅から登山口へ

ASN_1352

2017年3月19日、大宮駅。

早朝家を出た僕は久々の電車登山へ、電車登山は時間がきっちりとしているので、

電車にさえ乗ってしまえば気分がいいものです。

今日の目的地へは川越→飯能→芦ヶ久保と乗り継いでいくことになります、僕はね。

 

都民の方は池袋から飯能へ向かい、そこから芦ヶ久保へ向かう形になります。

 

ASN_1354

始発の川越行きホーム、最初降りる場所間違えた??と思いました、

暗黒世界が目の前に広がってるやないか。

 

ASN_1357

朝日が登るのを薄目で眺めながら電車内で就寝…、

目的地まで寝れるというのが電車登山のいいところです。

 

ASN_1359

午前6時35分、飯能駅。

西武秩父線の電車を待ちます、まだ肌寒い朝の空気に身を震わせる。

朝の鋭い空気を一杯に吸い込んで気合を入れます。

 

ASN_1360

午前7時10分、芦ヶ久保駅到着。

本日のスタート地点にして、ゴール地点でもある芦ヶ久保に到着しました。

ゴール地点を横瀬にしても良かったのですが、帰りに節分草を見る場合は周回になります。


ASN_1362

芦ヶ久保駅のトイレはすごくきれい、横瀬も神がかった美しさでした、

西武秩父線のトイレは今のところ全部綺麗だ。

ウォシュレット完備、温水便座のパーフェクトトイレでした、星3です。

 

 

ASN_1364

駅前にはハイキングマップが、代表的な登山コースはこちらに書いてあるので撮影しておきましょう。

 

ASN_1366

午前7時20分、プレイボールです。

今日は赤谷・大野峠コースから登ります、

登山口は少し駅から離れた場所にあるのでまずはそちらに移動します。

 

CSD_4054

霞んだ空を照らす薄い朝日に照らされた山道を30分程歩きます。

 

CSD_4059

住宅街の中を通り抜けて登山口へ、所々に指導標があるので迷うことはないでしょう。

 

ASN_1368

こんな感じに、頭に鳥が止まった指導標が曲がり角ポイントに配置されています。

 

CSD_4060

午前7時50分、登山道入り口。

民家の脇から登山スタートです、低山シーズンスタートって感じがするぜ!

 

2.登山口から山頂へ向けて

CSD_4062

最初はシダっぽい草が生い茂る杉林を抜けていきます、

春に歩くのであれば点鼻薬必須のコースである。

 

CSD_4064

僕の雪山シーズンは終わり、残雪無しで春山へ。

奥武蔵の低山は鬱蒼とした杉林が広がっています、これぞ関東って感じの山道だ。


ASN_1372

途中岩場が現れたり、駅から近い割には景観が豊かな山ですね。

 

ASN_1373

コース上の指導標の状態はよし、朽ちている様子もなく新しめのものが設置されています。

 

CSD_4065

この日は数名の登山者がこの山を歩いていました、

僕は撮影しながらだったのでどんどん追い抜かれていくのみ。

 

ASN_1376

小川なんかもあります、低山だと思い水場はないものだと思っていました。

 

ASN_1379

朝日を浴びる杉林、木漏れ日の中を歩くのは気分がいいものです、

基本的に樹林が好きなので苦痛ではありません。

 

ASN_1385

しかし杉林は暗い、晴れていても全然日の光が差し込んでこないのは驚きです。

 

ASN_1386

沢にかけられた小橋を渡ります、増水さえしていなければ使う必要はなさそう。

くるぶし付近まで包んでくれる普通の登山靴があればこれを使わなくても大丈夫でしょう。

 

CSD_4078

ひたすら杉林、空気はひんやり。


CSD_4074

途中に現れる苔や草がいい味出しています。

薄暗い林の中だけども、目を凝らせば面白いものがたくさんあります。

 

ASN_1390

水場を過ぎてからは上り一辺倒で一気に標高を上げていきます。

 

ASN_1392

視線の先はずーっと杉林、不思議なことに杉林の中にいると花粉の影響をあまり受けません。

これが林を抜けたりコンクリの上に来るとめちゃくちゃくしゃみが出るようになる。

 

CSD_4076

木漏れ日を受けた山道を歩く。

低山ハイクの静かな時間が流れ、一人で歩いていると思考がどんどん深くなっていくのがわかる。

 

ASN_1401

午前8時45分、大野峠。

尾根道手前で道路とぶち当たります、ここが大野峠というスポットです。

休憩ポイントも併設されているのでここで休憩するのもいいでしょう。

 

ASN_1402

僕が車道に上がってきたタイミングでバイクが一台颯爽と駆け抜けていきました。

ツーリングのスポットにもなっているのかな?

 

ASN_1403

白石峠を越えて丸山へ向かいます。

 

ASN_1405

一気に突き上げる階段に少し息が上がりました、ここを越えると開けた尾根に出ます。

奥武蔵の低い山にはなりますが展望はひらけています。

 

ASN_1411

階段を登りきると開けた場所に出ました、風向きを見る旗が用意されていることを考えると

ここはパラグライダーなどの練習に使われているようですね。

 

ASN_1410

3月に入ったこともあり空は圧倒的な霞空、

登山を始めるまでは空の青さや透明度を気にかけることはありませんでしたが

晴れていても霞んでいれば展望はなし、真っ白でわけがわからない世界が広がっている。

 

ASN_1416

3月はこれがあるので花を見る登山をメインに据えたいところです、

展望を得ようとしても霞で泣くことが多いので。

 

ASN_1426

空の白さを確認して、丸山へ向かいます。。

 

ASN_1429

丸山へは少しぬかるんだ道を歩くことになりました、

3月の登山道の特徴は氷や霜柱が溶けたため地面がぐちゃぐちゃになっているということでしょう。

僕は靴や靴下が汚れることはそのまま道具の寿命につながると考えているために、

汚れないように常に長ズボン。

 

裾が汚れても洗濯できますが、靴の中に土が入ると掃除がしにくいので、長ズボンお勧めです。

 

3.丸山山頂、武甲山の眺め

ASN_1431

午前9時15分、丸山山頂到着。

武甲山を眺める山、丸山山頂に到着しました、頂上には展望台が設置されています。

床が汚れている展望台で、ホコリが舞いまくっているので喉が弱い人は注意。

 

ASN_1439

展望台から見る秩父、武甲山が街を見下ろすように座っている。

削られた山肌は特徴的な姿、三角形にすらっと立ち上がった姿には貫禄を感じますね。

しかしすごい霞だな…、秩父の町がよく見えない。

 

ASN_1441

丸山山頂には展望台があるのみなので、次の目的地である日向山へ向かいます。

山の花道で蝋梅と節分草を見つけに行きます。

 

CSD_4100

丸山から日向山へ向かう際、注意したいのは指導標に日向山とは書かれていないことです。

日向山は果樹園、芦ヶ久保方面なのでその表記を追いかけて歩くことになります。

 

ASN_1445

僕はここで登山道から歩道に出てしまいました、

散策者用の歩道を歩いても日向山に向かうことができます

三叉路位になっていて道がややこしいのですが、この写真の道を歩けばOKでした。

 

ASN_1446

歩道を歩き続けるとやがて登山道との分岐が現れるので、そこで登山道に復帰します。

写真の地点で左に曲がれば登山道に復帰です。

 

CSD_4104

以後は再び杉林の中を下り続けましょう。

 

ASN_1450

道は乾燥していたのですが、小石が滑る感じで歩いていて楽な感じはしませんでした。

気を抜いたら転んでしまうので気をつけて下りましょう。

 

ASN_1452

乾燥したグラウンドみたいな地面、斜度が結構あるので、小石で足が滑る。

 

悪魔の実、現る

CSD_4110

しばらく歩くと悪魔の木が姿を表しました、

その体に花粉をふんだんに蓄えたスギ……、禍々しすぎる。

 

CSD_4111

目の前に現れる悪魔の実、魔界生物と等しいもので、触ると黄色い煙がファサァッと広がります。

流石に僕もここで我慢の限界が訪れくしゃみが、

残り少ない点鼻薬を鼻に打ち込んで涙目になりながらその場をあとにしました。

 

ASN_1465

スギ花粉でひどい目にあった…。

山の花道へ行くためにはああいった杉林の間を抜けていくので、非常に骨が折れます。

 

4.山の花道、蝋梅と節分草を眺める山

ASN_1466

午後10時15分、山の花道到着。

日向山がある山の花道に到着しました。

地図ではわからないのですが、日向山は山の花道の中にあります。

 

ASN_1469

日向山に入ると早速甘い香りが漂ってきます、これは蝋梅の香り…。

 

蝋梅と武甲山を眺める

ASN_1471

山の花道の蝋梅はまだ咲いていてくれました。

蝋梅は2月で終わりというイメージがあったのですが、3月でも場所によっては見れるようですね。

青空に黄色の花がきれいに浮いています。

 

CSD_4112武甲山と蝋梅、甘く上品な香りがあたりを包み、自然と気持ちが安らいできますね。

家に一本ほしい木です。

 

CSD_4115

今年は蝋梅はあまり見れないかな、と思っていたのですが、

無事山で蝋梅を見ることができて大満足です。

 

蝋細工のように繊細な花弁と上品な香り、梅と一緒に楽しみたい花です、

蝋梅を楽しんだら「春だな!」という気持ちが一層強くなります。

 

ASN_1474

コンビニで買ってきたサンドイッチで小休憩、一人で登るときはあまりご飯を食べません。

 

ASN_1477

蝋梅を楽しんだら日向山へ向かいます、蝋梅のあった場所から10分たらずで山頂。

 

日向山山頂、武甲山は目の前に

ASN_1478

午後10時35分、日向山山頂。

武甲山を目の前にした秩父展望スポットでした、丸山よりも全然展望がよかったです。

日向山だけ登る人ばかりなのも頷けます。

 

CSD_4094

武甲山がよく見えるなぁ……、それ以外何も見えないけど。

 

ASN_1480

山頂には見えている山が何かというアナウンスもしっかり。

相変わらず奥武蔵、秩父方面は派手な山がない。

そして今日はすごい霞で武甲山、大持小持以外は見えない…、伊豆ヶ岳すら見えない霞です。

 

ASN_1487

山頂で休憩したら節分草を探して帰ることにしました、空も午後に入り雲が出てきたことですし。

 

ASN_1490

節分草生息地は日向山の裏手、川沿いのエリアになります、

なので北側斜面をズズッと降りていきましょう。

 

ASN_1493

地図を見ながらでもわかりづらいのですが、

この写真の真ん中にあるベンチがある場所、そこが節分草自生地です。

 

節分草、気品に溢れる白い花を見つける

CSD_4127

節分草登場です、白紫金色というとても高貴なカラーリングをしたお花、それが節分草です。

奥武蔵では3月に咲く花で、一週間程度しか持たない花、

なので満開で晴れている日がそもそもレア。

狙いすましたように見に行かないと見ることができないお花です。

 

CSD_4132

四阿屋山の麓にある節分草園が有名ですが、奥武蔵にはいくつかの自生地があります。

山の花道の節分草はこじんまりとはしていますが、節分草をしっかりと見ることができました。

 

CSD_4130

気品のあるカラーリング、あたり一面に咲いていればすごいきれいだろうけども、

日向山の節分草はそこまでたくさんあるわけではありません。

 

CSD_4135

カタクリの葉があることからも、節分草とカタクリの自生地は被っているようですね。

それにしても白い花が透明感あってきれいだなー。

 

ASN_1512

ザゼンソウも生えていました、川沿いなので植生が豊かなんでしょうか?

 

ASN_1530

山の花道を流れる小川、ダッフィーと一息ついたら帰ることにしました。

 

ASN_1541

山の花道から道路までは一瞬です、車道に出れば後は山を下って芦ヶ久保の駅に向かうのみです。

 

ASN_1545

果樹園の中をショートカットできるみたいなので、こちらを降りて行くことに。

 

 

CSD_4151

道の駅芦ヶ久保が見えてきました、

すごい大量の車が止まってるような気がするけどみんなどこに行くんだろう…?

 

ASN_1546

季節が来れば果樹園は甘い香りで満たされるんでしょうか?

3月だとみかんの木が寂しげに立っているのみでした

 

CSD_4145

オオイヌフグリ、最小サイズの春の使者です。

梅や蝋梅のような華やかさはないけれども、道端にこいつが咲いていると春の訪れを感じますね。

小さいのでマクロレンズが欲しくなる。

 

CSD_4150

帰り道、梅の花などを楽しみ山の花々に傷ついた鼻を癒やしてもらうのでした、もう花粉でグズグズです。


ASN_1550

道の駅芦ヶ久保に到着しました、電車がすぐ来るので急いで見学。

するとオリジナルソフトクリームがあるではないか…、

元祖ソフトクリーム登山写真ブロガーとしてはソフトクリームを食べなくてはならない(使命感)

 

ASN_1551

優柔不断の証であるバニラと紅茶のミックスを頂きました、えーと。

バニラだけで食べるのがよいです!

 

ASN_1556

ソフトクリームを片手に、どでかいカメラを2個装備した真っ赤な登山装備の僕ですが、

観光客で溢れた芦ヶ久保ではさぞかし浮いていたことでしょう。

多少横瀬で降りるんだったべやーという気持ちになりました。

 

そんなこんなで、久々の奥武蔵杉と花の低山ハイクは終わってゆくのでした。

 

5.丸山登山を終えて

ASN_1432

奥武蔵、やはり渋いエリアです。

派手な景色や登山らしい稜線や景観は少なく、一般的な登山の喜びを得ることは難しいと言えるエリアでしょう。

 

この丸山、日向山では秩父の街と武甲山の姿をいい位置で眺めることができます。

しかし、

それ以上に節分草や蝋梅といった春の花を一度に楽しめるところも特徴です。

短時間のハイキングで気持ちよく運動も出来るので、冬明けの体を鳴らすにはちょうどいい所です。

 

ASN_1379

玄人感溢れる奥武蔵ですが

一度足元や木肌、身近な自然に目を向け歩き続けると不思議と思考がシャープに。

終わってみればこれもいいじゃないと思えるような気持ちになっているのです。

 

雪山を登らない方も、3月になれば低山が楽しい時期に入ります、

お近くの低山で春の印を探してみるのもいいのではないでしょうか。

 

人生最高の山は続く。

 

丸山の地図はこちら

山と高原地図 奥武蔵・秩父 武甲山 2017 (登山地図 | マップル)

山と高原地図 奥武蔵・秩父 武甲山 2017 (登山地図 | マップル)

 

 

この登山で役に立ったアイテム

(モンベル)mont-bell ジオラインEXP.ラウンドネックシャツ Men's 1107518 BK ブラック M

(モンベル)mont-bell ジオラインEXP.ラウンドネックシャツ Men's 1107518 BK ブラック M

 

この時期は厚手のインナーと薄手のシャツで行動するくらいがちょうどいいですね。

冬でも使えますし、夏でも高所のテント泊などでは役に立ちます。

 

FITS(フィッツ) エクスペディションブーツ ネイビー M

FITS(フィッツ) エクスペディションブーツ ネイビー M

 

初心者の方は靴よりも靴下に力を入れると幸せになれます、

FIT'sを使うと靴の快適性がとてもよくなります、僕は靴擦れしなくなりました。

 

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B

 

花を撮影するのに使いました、手軽に利用できるので一台あると便利です。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。