Red sugar

初心者向けの登山情報を扱った登山ブログ、山と写真とカメラの情報をお届けします

【上信越】草津白根山、真っ青な湯釜とコマクサの楽園、夏感じる草津日帰り登山の旅

2017_07_08_草津白根山

2017年7月8日、群馬県と長野県の県境にある草津白根山へ行ってきました、

標高は2,171mとなり、あたりには高層湿原がたくさんあります。

 

山頂の湯釜と言われる火口湖が特徴的な見た目をしており、

入浴剤を入れたような乳白色の池は必見の価値があります。

また、7月上旬はコマクサやワタスゲが火口周辺や弓池周辺を彩り、

草津白根山は最盛期の一つを迎えます。

 

草津白根山自体は山頂まで車で走って登れてしまうため、

登山自体は4〜5時間程度の軽めのものとなります。

しかし、その内容は様々な展望に満ち溢れているため飽きることがありません。

夏山スタートを告げる志賀高原、草津白根山の旅の始まりです。

 

 

ASN_6577-2

草津白根山について

草津白根山は火山であり、山頂は火山規制が敷かれています。

規制レベル1の時でなくては湯釜を見ることは出来ないのでご注意ください。

www.data.jma.go.jp

 

草津白根山の旬な時期は7月上旬の花の時期です。

本白根山周辺に大量のコマクサが咲き乱れる景色がなければ、

何も見るものがない只の火山という感想で終わってしまうかもしれません。

 

7月上旬は山頂の弓池周辺でワタスゲが咲き揃い、

火口では真っ赤なコマクサが見渡す限りに広がります。

それらの花あってこその草津白根山だと思うので、訪れる際は是非花の時期をおすすめします。

 

ASN_6531

車で山頂まで行ける山です。

御来光をとても簡単に見ることができる山、御来光と湯釜を眺めたあと

早朝の弓池周辺を歩けば神秘的な景色が見れます。

風が穏やかな朝の時間帯であれば池に反射する太陽や、

池から湧き上がる朝霧などを楽しむことができるので、ぜひとも早朝に訪れてください。

 

 

 

1.草津白根山日帰り登山に関して

草津白根山のおすすめ時期

7月上旬、コマクサとワタスゲが咲く頃。

御来光と同時に登山を開始すると良い。

 

草津白根山へのアクセス

早朝からの登山を行う場合は車で山頂駐車場へ。

公共交通機関の場合は下記を参照。

【電車】上野→高崎→長野原草津口 3,000円   

【バス】長野原草津口→草津温泉  700円

【バス】草津温泉→白根火山    1,130円

往復交通費 9,660円 車で行くのをオススメします、帰りに温泉に入りましょう。

東京を始発の電車で出発すれば9時35分の白根火山行きバスに乗れるはずです。

 

草津白根山のコースタイム

D75_6891

山頂駐車場4:45→湯釜5:05→弓池5:30-5:40→スキー場6:00→コマクサ群生地6:25-6:40→

遊歩道最高地点6:55-7:25→展望台7:45→鏡池8:15→スキー場8:45→湯釜9:30

合計登山時間 4時間45分 ちゃんと見ると意外に時間かかります。

 

草津白根山を楽しんだあとはお隣の横手山に行くことをおすすめします。

日本一高い場所のパン屋、日本一標高の高いスキー場、国道最高峰地点と

【一日で日本一を3つ】踏むことができます。

そして下山後の温泉は草津温泉か万座温泉が良いです。

個人的には草津の西の河原露天風呂をオススメします!

 

今回の登山で使用したカメラ

NIKON D750+AF-S NIKKOR 28mmf1.4E

NIKON D810+AF-S NIKKOR 58mmf1.4G

ニコンの28mm1.4の初実戦となります。

レンズ界の神、ツァイスOTUSと互角の性能を誇るニコン最高峰レンズで草津白根山を撮る! 

 

2.車を走らせ湯釜直下の駐車場へ

ASN_6443

2017年7月8日、グンマ県のファミマ

やってしまった……、ナビを打ち間違えて伊香保で降りてしまった……。

頭を抱えつつファミマで朝食を購入し、草津白根山へ向かう旅路につく。

初っ端からナビ打ち間違えによるタイムロスを経験し、草津白根山登山の先行きが暗くスタート。

 

ASN_6447

午前4時45分、山頂駐車場。

車内から真っ赤な太陽を眺め御来光綺麗だねと同行者のくまちゃんと話しつつ山頂駐車場に到着。

くまちゃんとは去年の大雪山トムラウシ縦走以来らしい、

何回か餃子を食べに行っていてそんな気全然しなかった。

 

ASN_6445

御来光はちょうどいい時間。

日の出と湯釜と一緒に撮影することはできなかったけども。

 

ASN_6450

軽く準備を整えたら湯釜に向かいます、駐車場から湯釜へは片道20分のコースタイム。

夜から何も食べれなかったけれども体に鞭を打って歩きます。

正直この登山直前の一週間はいろいろな入稿が重なり激務化、

とてもじゃないけど登山できるようなコンディションではありませんでした、とほほ。

 

登山と言うのは登る前で勝負は決まっている。

 

CSD_8362

駐車場には避難小屋が併設されています、何かあったら逃げ込めばいいのかな。


ASN_6452

午前5時00分、草津白根山登山スタートです。

湯釜までは観光客も登ることを考慮してか、沢山のストックが用意されていました。

 

CSD_8364

噴火の音か、それとも悪天候の音か、どちらにせよでかい音がしたら避難。

 

CSD_8365

早朝は草木が朝露に濡れてとてもフレッシュな姿を楽しむことができます。

 

ASN_6456

笹も露がついていて、朝日に照らされれば綺麗なものです。

多分同じ条件ならなんでも綺麗なんだろうけど。

 

CSD_8367

朝日の金色の光が好きです、一日で一番ドラマチックな時間。

 

ASN_6458

結構急な登りで応えます、息がゼーゼー上がってしまった。

20分はかからないと思うけれどもそれなりに疲れる、ゆっくり登ったほうがいいです。

 

ASN_6454

後ろを振り向くと弓池が、この時点ではただの沼かな?程度にしか思っていません。

降りてみたらびっくりなスポットでした。

 

ASN_6459

朝日に照らされる志賀高原の山々、初めて来た山域なのでどれがどれやら……。

 

ASN_6460

先行するくまちゃんを追いかけて湯釜にたどり着きます。


ASN_6467

午前5時10分、湯釜。

駐車場からは15分ほど、朝日に照らされる湯釜は正直色がわかりません。

朝日の黄色が非常に強く、乳白色の湯釜の色が打ち消されてしまっていたのです。

 

CSD_8371

青い、青いけどこの時間帯では本当の湯釜の姿を拝むことができないッ!!

というわけで少し眺めたら本白根山側に行く事にしました。

 

ASN_6464

さらば湯釜、日が昇りきったタイミングでまた来ます。

というわけで一旦駐車場に戻りパンと水を補給して遊歩道へ向かいます。

 

3.ワタスゲ咲く水辺の楽園から本白根山へ

ASN_6474

午前5時30分、遊歩道入口。

本白根山への遊歩道は弓池から。

最初はあまり期待していなかった弓池ですが、降りてみて驚き。

 

ASN_6477

まだ後ろの池に気が付かず。

 

ASN_6476

あれ、水面すごく綺麗だね……?

朝は風がないので空の水鏡を心ゆくまで堪能できます。

 

ASN_6480

木道へ降りると目の前に薄い蒸気を纏った弓池が姿を表しました。

 

ASN_6482

まず水鏡、本当にきれいな水鏡でした……。

周辺の景色がこれでもかというくらい綺麗に映り込みます。

 

ASN_6485

しばらく水鏡に見惚れてしまう。


ASN_6488

早起きは三文の得と言いますが、早朝登山は絶景分もっと得をします。

 

ASN_6492

この太陽の反射などはなかなか見れたものではありません、

朝から歩くのがおすすめなのはこういう景色が見られるから。

波一つない池に浮かぶ太陽はとても神秘的でした。

 

ASN_6500

絞りを開放気味にしてみる、フレアが消えた、なぜ??


ASN_6499

弓池で驚いたのはこちら、ワタスゲです。

咲いているとは思わなかったのでワタスゲを見れたときはとても嬉しかったです。

湖畔に咲くワタスゲは朝の透明感あふれる光を浴びてキラキラと輝いていました。

 

ASN_6510

ワタスゲがあたり一面に、駐車場から3分程でこんな景色を楽しむことができます。

草津白根山ってすごいいいところじゃないか……!


ASN_6516

弓池を楽しんだ僕らは遊歩道に向かいます、木道が整備されている山頂は非常に歩きやすい。

 

ASN_6519

幾つかの池が太陽の光を反射し、美しい景色を作り出していました。

 

ASN_6531

蒸気をがゆっくりとあがる湖面に別れを告げ、本白根山へ向かいます。

 

ASN_6532

弓池からまずはスキー場に移動します、舗装路を5〜10分程歩けばスキー場に到着。

 

ASN_6535

午前6時00分、スキー場到着。

本白根山遊歩道の入り口はこちらのスキー場になります。

リフト乗り場からスタートするのでリフト乗り場まで行きましょう。

因みにここは標高2,100m付近、スキー場としてはかなり高いところにあるんですね……。

 

ASN_6537

この分岐を左に進めば鏡池、右に進めばコマクサ群生地です。

いち早く夏の香りにありつきたい僕らはコマクサに飢えている……、征くべきは右一択。

 

4.コマクサと本白根山遊歩道最高地点へ

ASN_6550

コマクサ群生地までは木道が一直線に伸びており、アップダウンもほぼ無いため歩きやすい。

これこそ初心者向けハイキングと言っていいだろう、という道が伸びてゆく。


ASN_6548

熊よけのカネが二箇所ほどあるので鳴らしておこう。

 

ASN_6552

道中はイワカガミが大量に咲いている。

くまちゃん曰く「こいつはどこにでもいるからいいや」、確かにね。

 

CSD_8439

草木に付いた水滴が太陽の光を受け宝石のようにきらめきます、

歩いていると視界の先で小さな光がキラキラしていて楽しい。

 

ASN_6557

木道が終わると一気に展望が開け火口が現れます、本白根山の火口ですね。

 

ASN_6569

なかなかのサイズの火口、周辺は小石や砂に覆われており、昔火山だった姿を思わせる。

 

CSD_8435

火口斜面の樹林からはもくもくと霧が舞い上がり、

雲を作り上げているかのような景色を見せてくれた。

 

ASN_6583

入り口から目を下に下ろせばコマクサが迎えてくれる、

今が一番と言わんばかりのコマクサの数に驚きを隠せません。


ASN_6558

草津白根山のコマクサの特徴は色にあると思いました、赤が濃いコマクサが多く

ピンク色の優しいカラーリングのコマクサは数が少ないのです。


ASN_6566

あたり一面にコマクサが咲いている。

しばらく入り口付近でコマクサの撮影会が開かれることに。

 

ASN_6567

視界にいくつも入ってくるコマクサ、紅白色でおめでたい。

花自体は少し小さいものが多いものの、その数は燕岳以上の規模、

コマクサを手軽に見たいなら草津白根山が一番いいと思う一幕でした。

 

ASN_6577-2

もちろんピンク色の株がないわけではありません。

朝露をその身に纏ったコマクサは清涼感が漂う、夏が来たな!

 

ASN_6581

砂利ではなく小石が敷き詰められたこんな斜面に沢山コマクサが咲くとは…

駐車場から一時間もしない距離、観光客でも気軽に見に来ることができるのは凄い。

 

CSD_8448

大地に散らばる赤い宝石やーと顔をにこやかに歪ませるが

どこを見てもコマクサが咲いているのでレア感がだんだん薄れてきた……。

 

CSD_8453

しかし赤い、コマクサってこんなに赤かったか?

と言うような色をしていた、地面の状況により色が変化するんでしょうかね?


ASN_6585

コマクサ鑑賞も程々に、遊歩道最高地点を目指して歩きます。

 

ASN_6586

万座温泉からも登ってこれるんですね、昔泊まったことがあるけどいい温泉だった気がする。

アイドルみたいな変わった女将がいる宿に泊まったっけ。

 

ASN_6592

遊歩道最高地点手前は少しハイマツが濃い。

 

ASN_6593

午前6時55分、本白根山最高地点。

本白根山の本当の最高峰は火山ガスの危険があるため立ち入ることができません。

人が行ける場所で一番高いのはこちらになります。

ここが山頂ということだが、山頂碑的なものはここにはない。

立派な碑はこちらではなく展望台という別の場所にあります。

 

CSD_8455

遊歩道最高地点からは浅間山がよく見える、アレ雲かな?と思ったら噴煙だった。

今日ももくもくと煙が上がっているということですね。

 

ASN_6599

遊歩道っていうのは遊ぶって言う単語が入っているくらいだから楽しいもんです。

飛んだり跳ねたりの楽しい感じで歩きたいもの。

 

野郎二人が看板を前に何度もジャンプする姿は周りにどう写ったのだろうか?

 

ASN_6596

躍動感にあふれる草津白根山。

 

ASN_6610

本白根山と申し訳程度に書かれた看板を背に、山頂記念フォトを撮影して下山を開始します。

最高地点なのにこのショボさとは一体。

 

ASN_6615

火口側を眺める、なかなかでかい火口ですが木道が整備されているので全く苦労なく歩けます。

 

ASN_6622

次は目の前の丘に登って鏡池を鑑賞して下山します。

 

ASN_6624

登山道の両脇にはやはり真っ赤なコマクサが咲いています、

遊歩道最高地点までコマクサが目を楽しませてくれるのです。

 

ASN_6626

多くのカメラマンの方がコマクサを撮影していました、4時間とかの登りの必要はなく

駐車場から少し歩くだけでこの群生を見ることができるというのは素晴らしい。

 

CSD_8461

登りきった太陽からさんさんと降り注ぐ陽光がコマクサを更に鮮やかに染め上げる。

 

5.展望台から鏡池を回り駐車場へ

ASN_6632

分岐を鏡池方面にとり、展望台へ向かいますこの階段は少し急。

 

ASN_6636

空に少し雲が出てきました、快晴は早朝のみと踏んでいたが正しかったようです。

 

ASN_6641

午前7時45分、本白根山展望台。

遊歩道最高地点より明らかに立派な碑が立っている展望台に到着です。

 

ASN_6640

真正面に火口、奥に湯釜火口、一番奥に岩菅山が見えます。

岩菅山って特徴的な見た目をしているんだなということがよく分かる、

台地のような見た目をしている山なんですね。

 

CSD_8468

岩菅山、横移動の稜線歩きが長すぎてつらそうだ…。

 

ASN_6643

草津白根山にも来れて本当に良かったですね、

ダッフィー人形もだいぶ年季が入ってきました。

 

CSD_8471

展望所下もコマクサが凄い、このあたりはまだまだこれから咲くよ、と言った感じ。

 

ASN_6644

展望台を越えるとハイマツ帯に入ります、鏡池までずっとこんな道を歩きます。

木道などはなく、道は普通の登山道と言った感じでした。

 

ASN_6645

指導標に従い鏡池を目指す。

 

ASN_6647

すぐに鏡池が見えてきました、上から見ると地味だな……。

 

ASN_6648

湖畔に降りることができるので降りてみます。

降りるルートはハイマツに覆われていて

中腰になり続ける必要があります。

 

ASN_6656

午前8時15分、鏡池湖畔。

湖畔で男子二名仲良く景色を堪能しました、

ご飯を食べるならここが一番良いと言って過言ではない場所。

飯を食べるために生まれてきた場所なんじゃないか。

 

ASN_6662

朝の風がない時間に来れば、ここも素晴らしい水鏡が楽しめることでしょう。

 

ASN_6663

ハイマツトンネルを潜って登山道に戻ります。

 

CSD_8478

鏡池を過ぎると木道が復活し、快適な山歩きを楽しめるようになります。

子供でも全然歩けちゃう位しっかりと整備された木道でした。

 

CSD_8479

木道が終わると幅の広い登山道へ、こちらも歩きやすい。

 

ASN_6666

ゴンドラ方面へ向かいます。

 

ASN_6669

途中雪渓が途切れた水場に出くわすこととなります、

この水場ですが最高に冷たい雪解け水が流れており

手を付けるだけで全身の体温が下がるような気分になりました、最高に気持ちがいい水場です。

 

ASN_6672

水場をすぎればすぐにスキー場が見えてきます、ここまでくれば駐車場まであと一息。

 

ASN_6675

最後の登り返し、草津白根山の展望台が有る逢ノ峰に登ります。

階段がついているので苦労せずに登ることができました。

 

ASN_6677

山頂付近にはたんぽぽが、夏を感じさせてくれるぜ……。

 

ASN_6682

今日は夏山シーズン始まった感が凄い、今年は草津白根山から夏が始まった。

 

ASN_6684

階段を登り続ける。

 

ASN_6685

午前9時00分、逢ノ峰到着。

湯釜のちょうど正面にある展望台、逢ノ峰到着しました。

駐車場から木道と階段が伸びており、一般観光客でも登れるような配慮がされています。

 

CSD_8482

山の名前を刻んだ板がこんな簡素でいいのか。

 

ASN_6703

展望台からの展望は湯釜こそ見えません。

しかし、草津白根山山頂付近の伸び伸びとした景色を気持ちよく楽しむことができる。

 

階段を降り駐車場に戻った僕らは、もう一度湯釜を見に行くことにしました。

 

そう、朝は色がよくわからなかったので。

青空の下できれいに乳白色に染まった湯釜を見たかったのです。

 

ASN_6715

午前9時30分、湯釜。

遂に、遂に湯釜が僕の目の前に姿を表しました。

噂に違わぬ不自然な色をした湖が目の前に広がります。

 

空の色を映したわけでもない不自然なまでの

エメラルドグリーンに染まった池、これを見てこその草津白根山といえる。

 

ASN_6723

湯釜の水を汲もうとしましたがうまく行かず。


CSD_8504

本当にキレイな色をした湯釜です。

似たような景色として蔵王のお釜がありますが湖の色が全く違います。

ほぼ塩酸に近いPHの水が溜まっているらしい、水温は18度付近だとか。

 

ASN_6731

無事、乳白色に輝く湯釜をこの目に収めることができて本当に満足です。

高層湿原からスタートしコマクサやワタスゲ、湯釜もしっかりと見ることができました…。

大満足なこの登山を超えようとすれば、一泊で歩くしかないかなと思います。

 

ASN_6735

白根山の素晴らしい景色に感謝するくまちゃん、ありがとう草津白根山。

 

ASN_6738

湯釜の水をくむことはできなかったので、

代わりに山頂レストハウスで湯釜ソフトクリームを購入しました。

 

個人的にはミックスを頼むべきだったかなと思います……、ささパウダー味なのであまり…

やはりソフトクリームはバニラが最高です。

 

6.三つの日本一と草津温泉を楽しむ下山後のレジャーへ

ASN_6739

午前10時25分、渋峠ホテル。

草津白根山を登り終えた僕らですが、まだ時間は午前!!

草津白根山登山はまだここからが長いのです。

草津白根山の隣にある横手山は草津白根山よりも標高が高く

「日本で一番高い場所にあるパン屋」がある山です。

 

ASN_6744

草津白根山で湯釜とコマクサを見るのは序章に過ぎません、我々は草津白根山と同時に

幾つかの日本一をゲットしなくてはならないという使命感に駆られていました。

 

渋峠から横手山に登るのはリフトを利用します、歩くと標高差100mですが

下山後にもう一回山登るとか正気の沙汰ではないという理由でリフトへ。

リフト料金は往復で900円となります。

 

ASN_6750

標高2,300mでは暑さから逃れることができません、

リフトを使わなければ汗だくで死んでしまうところでした。

リフトで山頂につくとすぐにこの群馬百名山の碑が現れます。

 

ASN_6752

午前10時45分、日本一高い場所のパン屋「横手山頂ヒュッテ」到着

リフトを降りて目の前にある建物が日本最高地点のパン屋です。

一応日本一のパン屋の前にいると思えば感慨深いものがある。

 

ASN_6754

ヒュッテ内ではご覧のようにパンがずらりと……、室内には焼きたてパンの香りが充満する。

もっとお値段するのかなと思ったら結構良心的な値段です。

 

ASN_6755

お腹が空いていたので野沢菜パンを購入しました。

ここは群馬県、野沢菜おやきではなく野沢菜パンなんですね。

ちょっと硬めの生地はもっちもちで歯ごたえがよく、中の野沢菜はシャキシャキ。

非常に美味しいパンでした、余裕で二つは食べれたと思う。

 

ASN_6758

日本一のパン屋でパンを食べた我々は山頂ヒュッテを後にします。

入り口の看板の人はパン職人のご夫婦だろうか?

 

ASN_6765

ヒュッテの向かい側にはロープウェイ小屋があり、展望台が付属しています。

展望台からは志賀高原の景色を一望することが可能。

晴れていれば北アルプスや高妻山が横一線に並んだ綺麗な景色が見れるんだとか。

 

本日は霞がかかっているのと遠方は曇っているため山の景色はいただけませんでした。

 

ASN_6769

志賀高原自体はとても綺麗な場所です。

ポスター見て知ったのですが、ここ普通に樹氷が見れるエリアなんですね。

 

ASN_6771

ちなみに横手山は日本一高い場所にあるスキー場なんだとか。

冬季に普通に滑れるスキー場としてはここが日本一らしい、今日二つ目の日本一です。

 

ASN_6774

二つの日本一をゲットし、非常に得した気分です。

雲がもくもくと増えてきた横手山を後にして温泉に向かうことにします。

下山とは草津白根山なんだから草津温泉が良いだろう、ということで草津温泉へ。

 

ASN_6778

午前11時25分、日本国道最高地点。

草津温泉へ向かう途中本日三つ目の日本一を抑えることになりました。

国道で最も高い場所は志賀高原にあった!

これは調べてなかったため偶然の発見でした、

日本一好きのくまちゃんは非常にテンションが上がる。

 

ASN_6785

ちなみに国道最高地点からは志賀高原の湿原地帯が非常に良く見えます。

下の湿原地帯は歩くのが非常に楽しそうなので、紅葉の時期などに来てみたいものですね。

 

ASN_6787

横手山から見る草津白根山、やはり火山らしい特徴的な見た目をしていました。

 

ASN_6791

午後12時00分、草津温泉。

草津白根山を下山し、草津温泉の有料駐車場に到着したのは11時50分ほどのこと。

正午付近に温泉に入るという、登山道楽としては最高クラスの贅沢を満喫しにきました。

 

ASN_6796

目指すは西の河原温泉、草津でも屈指の有名露天風呂です。

向かう途中で驚いたのは賽の河原らしき道中、川の水が全てお湯なこと。

 

ASN_6802

いたるところに野湯が掘られ、足湯がたくさん設置されています。

まさに温泉パラダイス、自然の恵みが最大限発揮されていると言っていいでしょう。

 

ASN_6803

我慢できなくて足湯に入りましたが最高です、最高に気持ちがいい……!

草津温泉って最高じゃん、なぜ今まで西の河原温泉にこなかったのか

なぜ今まで湯畑ばかり見に行ってしまったのか、軽く後悔しました。

 

ASN_6807

西の河原温泉へ到着しました、入浴料金は大人600円。

洗い場などはなく、脱衣所から5秒で露天風呂が広がる素晴らしい温泉です。

公式HPからその景色を見ることができますが、この温泉は絶対に入っておいたほうがいい温泉です。

草津温泉の実力がよくわかる素晴らしい露天風呂だと思いました。


やはりメジャーなところはメジャーになるなりの理由があるんですね。

 

ASN_6810

午後13時00分、結局1時間近く温泉にいました。

温泉の中で寝てしまいましたが最高に気分が良かったのでよし。

 

ASN_6812

最後に草津観光を絡めて帰路につこうということになりました。


ASN_6814

風呂を上がった我々はすでに気分が夏。

草津温泉を駆け抜ける爽やかな風と透明感のある景色、何を見ても夏を感じる。

 

ASN_6816

露天に出た涼しげなサイダーに感動すら覚えます。

見ているだけで喉の渇きが……、凄まじいシズルを感じる。

 

ASN_6822

とりあえず草津でご飯を食べようということで昼食はこちらのうどん屋へ。

冷やし中華ならぬ冷やしぶっかけうどんをさらりと胃袋に収め、夏の爽やかな昼食としました。

 

ASN_6819

梅おろしぶっかけ、夏に食べるには最高のメニュー。

 

ASN_6840

食後は湯畑を観光、日がサンサンと照りつける湯畑は驚異の高温地帯。

地面から湧き上がる地熱と湯気でとんでもなく暑い場所になっていました。

せっかく温泉で汗を流したのに台無しです。

 

ASN_6844

ふらーっとあるいていると偶然発見したのは深田久弥の名前。

確か半年前に来た時も見つけたような……、百名山選定者の深Qも草津白根山後に

草津温泉に入ったのだろうか?


ASN_6856

湯畑らしい景色をこの目に収め、草津をほどほどに楽しむ。

 

ASN_6863

湯畑の水の色を見ていると草津白根山の山頂の湯釜の色を思い出します。

草津温泉も濃縮するとあんな感じになるのかな。

 

ASN_6873

草津温泉で湯畑を観光した僕らは帰路へ着く前に炭酸へ。

夏を感じるサイダーで勝利の乾杯を行い、草津白根山登山成功を祝いました。

もう、最高に夏。

 

ASN_6874

草津白根山から横手山、そして草津温泉へ。

夏の始まりを彩る思い出の1ページとしては最高の出だしになるかと思います。

草津白根山へ行くときはぜひ草津温泉に立ち寄ってほしいです。

温泉最高かよ。

 

7.まとめ

CSD_8504

日本百名山「草津白根山」

文句なしで百名山でした、車で山頂までこれるから楽勝とか言ってごめんなさい。

湯釜、花、湿原、眺望と貫禄の百名山ですが、歩く時期にだけは注意をしたいところです。

真価を発揮するのは花が咲く7月上旬になるかと思います。

うまく時期を合わせれば短時間で超充実の登山経験ができることでしょう。

 

CSD_8461

草津白根山はコマクサを押し出している山、群生地は非常に広く

コマクサが咲いている時にこそ訪れてほしい山です。

登山初心者の方を連れてきていい思いをさせるには

一番良い条件が揃っている山と言えるくらい環境が良いです。


7月、梅雨明けまでは天気を読みにくい日が続きます。

草津白根山はわずかな晴れ間でも歩ける山なので、

晴れ予報が出たらとりあえず草津に行ってみるというのは大いにありなんじゃないでしょうか?

個人的にはご来光から歩くのがとてもオススメです。


人生最高の山は続く。

 

 

草津白根山の地図はこちら 

群馬県の山 (分県登山ガイド)

群馬県の山 (分県登山ガイド)

 

  

この登山で役に立ったアイテム

SLIK 三脚 スプリント MINI II GM N 4段 旅行用三脚 106556

SLIK 三脚 スプリント MINI II GM N 4段 旅行用三脚 106556

 

三脚変えました、フルサイズでも耐えれて軽い三脚にしました。 

 

山専用ボトルですが、夏は氷をしこたま入れておくと幸せになれます。

日帰り登山であれば帰りまで冷たい水を飲めますよ。 

 

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 28? f/1.4E ED フルサイズ対応

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 28? f/1.4E ED フルサイズ対応

 

究極のレンズでした。 

 

初夏のオススメ登山記事はこちら