読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【関東】城ヶ島、赤い電車で行く河津桜と青い海の世界、京急三崎まぐろ切符の旅

03.観光 24.2月 17.花見

2017_02_12_城ヶ島

2017年2月12日、神奈川県三浦半島の先端にある城ヶ島へ行ってきました。

時期は冬真っ盛り、しかし冬に咲く桜である河津桜が満開との話を聞いた僕は

京急が作りし神切符「京急みさきまぐろ切符」を利用し、花と自然と食の旅をすることを決意。

結果として満開の河津桜と真っ青な海を目の前にした海岸で

大満足のトレッキングをすることが叶いました。

 

関東に住んでいるのであれば、ぜひ使って欲しい京急三崎まぐろ切符、

何をどう組み合わせるかの一つのプランとしてみていただけると幸いです。

 

それでは早速行っていましょう、花と自然と食の旅の始まりです。

 

CSD_3092

朗らかな陽気の中、ウグイス色をした小さな鳥が

ピンク色に染まった木々の隙間を縦横無尽に駆け回っている。

まだ葉が一枚も見られないような生まれたての河津桜は清楚な姿を青空の下に晒し、

にこやかな表情を観光客へと振りまいている。

 

CSD_3087

三浦海岸の春の風物詩は街全体を活気づける、

しかし河津桜の花見は酒を手に持ち楽しむようなものではなく、

沿道を歩き花を眺めて楽しむという、謙遜とは無縁の奥ゆかしさを持つものだった。

時折見るビールの提灯も、ソメイヨシノの頃とは違った爽やかな空気感を演出するのだ。

 

 

はい、今回は山ではなく「京急三崎まぐろ切符」の旅です。

ついに河津桜が開花しました、2月中旬から3月中旬までは河津桜の季節。

冬山と並行して花が走るという時期なんですね、全国的に晴れれば雪山へ。

冬型の気圧配置が強く関東しか晴れない時は花見をしに行こう。

そういったハイキングの仕方を楽しめるのが太平洋側にある関東の強みでは無いでしょうか?

 

今回は三崎まぐろ切符を利用して三浦海岸の河津桜を眺め、城ヶ島の自然を楽しみ、

お腹を空かせた状態で漁師飯を食べるという三段構えのプランを考えました。

ご飯に関しては対応店舗が多く、様々なブログなどで食レポが上がっているので

各々参考にしてみるのが良いのでは無いでしょうか?

 

RED SUGARでは三崎まぐろ切符を利用して関東ふれあいの道を歩く、

というちょっと変わったことを行なっていきたいと思います。

本来であれば大浦海岸から城ヶ島まで15キロ以上歩きたいのですが、

昔やった感じでは女の子がいると完走は無理なので今回は城ヶ島のみにしています。

 

アクセス

品川から3,060円となります、往復切符と食事券とバス乗り放題とお土産券付きです。

 

コースタイム

品川8:45→三浦海岸9:55→三崎口11:40→城ヶ島白秋碑前12:10-12:55→

安房埼灯台13:20→馬の背洞門14:00→中村屋14:40-15:40→産直センターうらり17:00→

三崎口駅17:35 1日をフルに使い楽しむことができる旅です。

 

 

ASN_0054

2017年2月12日、午前8時45分、品川駅京急線ホーム

いつも通勤で使用している品川駅ですか本日は旅行のためにやって来ました、目的地は城ヶ島。

京急が出している最強の旅切符である「三崎まぐろ切符」を利用して

早春の三浦半島満喫の旅が始まります。

 

今回は奥さんと二人、このまぐろ切符使用の旅は友達といってもよし、

恋人といってもかなり楽しめる可能性が高いものになっております。

それでは早速いってみましょう。

 

ASN_0059

やってきたのは京急2100系、快特三崎口行きです。

10分おきくらいでやってくるこの電車が僕らを運んでくれる赤い電車です。

赤い電車の旅プレイボール。

 

ASN_0061

京急2100系電車ですが中はこのような感じになっており、高確率で座ることが可能です。

普通の長椅子があるタイプの車両もあるのですが、

出来れば背もたれ付き車両に乗りたい所です、旅をしている風情が出ます。

 

ASN_0068

まず最初の目的地である三浦海岸までは小一時間ほどかかるので、

外を眺めながらぼんやり過ごすのがよいでしょう。

 

多摩川付近からは富士山を見たり、川崎の街を眺めたりして奥さんと他愛もない話をしていました。

 

ASN_0069

午前9時55分、三浦海岸到着。

本日の最初の目的地である三浦海岸に到着です。

ここから先、終点三崎口までは歩くことになります。

 

ASN_0072

夏になればサーファー達や海水浴客で賑わうという三浦海岸、

冬のこの時期は河津桜の名所として多くの人が訪れます。

 

駅を出た瞬間見える河津桜、すでに満開のようですね。

三崎まぐろ切符を利用しているので駅員さんに切符を見せて改札を出ます。

 

ASN_0074

駅前からすでに満開、花見はすでにはじまっていました、

青い空にピンク色の桜がくっきりと浮かび上がります。

京急線沿線の持つ独特な下町感と桜が絶妙な情緒を演出してくれます。

 

CSD_3086

ここから海を見に行くのもよいルートです。

駅からそう遠くない場所に砂浜があり、東京湾を一望できます。

 

ASN_0078

さて、それでは三崎口に向かって移動しましょう、三浦海岸から三崎口まで桜並木が続きます。

 

ASN_0079

河津桜の見頃は2月の中旬から3月上旬。

冬型の気圧配置が強い日にくるのが良い場所でしょうね。

 

ASN_0082

京急線の沿線に沿って続く河津桜、左側の歩道を歩くと線路の上の橋に出ることができ

走ってくる京急線と桜のコラボレーション写真を撮影することができます。

そのため橋の上は大勢の撮り鉄の方がいらっしゃいました。

 

CSD_3083

2015年は蝋梅、2016年は梅、2017年は河津桜と一年ごとに見る花を変えています。

河津桜は色鮮やかで綺麗ですね……。

ピンク色の花を見ていると季節を先取りしたかのような錯覚を覚えます。

 

CSD_3088

桜の花を撮るのは本当に楽しい限り、これから夏に向かって花の季節となります、

今年も色々な花や山を撮影したいですね。

今年はアルプスを重点的に訪れたいと考えていますが、行けるかなぁ。

 

DSCN9229

線路沿いの桜には沢山のメジロが飛び交っていました、緑色のちっちゃくてかわいいあいつです。

 

CSD_3090

2月の中旬、満開直後位であれば葉っぱがまだ少ないため、

ソメイヨシノのようなピンク一色の世界を堪能することができます。

三浦市の桜開花状況を逐一チェックして日付を合わせていくのが良いでしょうね。

 

CSD_3108

ここからメジロパラダイス、野鳥愛好家の方々に混じって撮影してきました。

奥さんの持っていた30倍ズームのコンデジの方がこういう場面では役に立ちます。

2メートル先にいる鳥を撮影するだけでも100ミリ位のレンズがほしくなりました。

 

CSD_3115

メジロは花の蜜を吸って生活をしています、鳥なのに昆虫みたいな生活を送っているんですね。

 


CSD_3097

ウグイスみたいな体の色をしているためウグイスと間違われること多い鳥です。

メジロの由来は目の回りが白いから、そのままですね。

歳を取ったら野鳥の会に入るのも悪くないかもしれないと思えた瞬間でした。

 


ASN_0086

沿線沿いには桜並木が続き、人も長蛇の列を作ります。

ゆっくりと歩いて桜の写真を撮影、いと気持ちよし。

 

CSD_3123

メジロの次はスズメでした。

花をむしっては下に落としていたんですけど何をしていたんでしょう?

スズメ相変わらずの可愛さでした。

 

 

ASN_0093

河津桜を楽しんだら次はアスレチック、今日の本番はまだまだこれからです。

 

DSCN9241

一本道を外れてしまったのですが、神奈川らしい景色に遭遇。

こういう階段と町って雰囲気が良い、旅行で歩くにはうってつけの場所ですね。

 

ASN_0103

高架の上を走る京急線、画面左端には三崎口駅が写り混んでおり、

終点まではそんなに時間がかからないことを示しています。

 

ASN_0109

三崎口に行く前に寄り道、高架下にイチゴ農家がありました、

イチゴ狩りを楽しめるようで多くの子供連れで賑わっていました。

 

DSCN9246

小分けのイチゴがあれば購入したかったのですか、1パックのてんこ盛りイチゴしかないので断念。

イチゴよりも隣の三浦大根に度肝を抜かれました、三浦半島名物の大根ですがとてつもない太さ。

 

そして写り混んでいる僕ですが、ニコンのD750を新たに買い増ししたため

カメラ二台体制となっております、町中をこの格好で歩くのは大変勇気のいる行為でした。

 

ASN_0114

午前11時40分、三崎口につくや否や出発寸前のバスに飛び乗らなくてはならない、という事態に。

焦っていたため駅の写真を撮り忘れてしまいました。

三崎口から城ヶ島まではバスを利用しますが、

この時期の休日は三崎港観光の方々でバスがごった返している状態です。

 

なるべく早く並んでいたいです、因みに今回は先に城ヶ島へ向かいます、目的はハイキングなので。

 

ASN_0117

三崎港の景色を眺めて城ヶ島までのひとときを過ごしましょう、

三崎港で大半の客は降りるのでそこまで辛抱。

 

三浦半島の先端という東京から一時間ほどのこの場所ですが、

普段とは全く違う異世界情緒に溢れた場所となっています。

 

ASN_0122

城ヶ島と三崎港を繋ぐ城ヶ島大橋を渡って城ヶ島に入ります、

橋の上からは富士山と三崎港がくっきりと見える。

 

約3,000円で楽しめる旅としては既に上出来、ここからさらにご飯やお土産までついてきます。

 

ASN_0127

バスは白秋碑前で降ります、今日は城ヶ島トレッキングをメインのイベントとしています。

そのスタート地点はこちらからと言うわけです。

 

DSCN9251

せっかくなので白秋記念館方面へ、こちらに行くと砂浜です。

トレッキング開始前に行くことを強くおすすめします。

 

ASN_0135

白秋記念館前はこのように広い砂浜が広がり、解放感たっぷりな景色を堪能できます。

目の前の三崎の町も雰囲気出しに一役かってくれています。

 

ASN_0142

白秋碑、詩人である北原白秋の言葉が刻まれています

真上を走る城ヶ島大橋と合わせて撮影すると良い感じ。

 

ASN_0144

一年の中で海に来ることは一度か二度……、たまに海に来るのも良いもんですね。

登り坂を歩かないって新鮮な気持ちです。

 

CSD_3170

海鳥がいたので富士山とツーショット、三浦半島から見る富士山もきれいな形をしています。

遠景も良いのですが、足元にはたくさんの貝殻が転がりシャリシャリと心地よい音を奏でています。

 

CSD_3156

海は穏やかです……、海水もきれいな方なので夏に遊びに来ても良いのではないでしょうか。

 

CSD_3177

さて、白秋碑前のバス停まで戻りトレッキングコースへ向かうこととします。

トレッキングコースと海岸は正反対、ここから車道を少し歩く。

 

ASN_0160

城ヶ島のトレッキングコースにはいるためにはバス停脇の道に入り、

水産試験場の後ろをずっと歩いて行くことになります。

最初に目指す地点は「水っ垂れ」という地点です。

 

ASN_0161

しばらく歩くとゲートが出てきます、ゲート脇を抜けてさらに奥の突き当たりまで歩きます。

 

DSCN9261

この辺は猫がたくさんいます、水産試験場だし食べ物には困らないんじゃないかな。

お魚天国なんでしょうね。

 

ASN_0164

午後12時45分、水っ垂れ到着。

ここが本日のスタート地点となります、要は関東ふれあいの道なんですけども、

三浦半島コースは歩いてて結構楽しいところが多いのでおすすめです。

 

ASN_0162

目の前はこんな感じ、ボートくらいなら入れる入江が用意されています。

 

ASN_0169

看板の後ろくらいをよーく見てみると発見できるのですが、

こういったアスレチックコースが用意されています。

風雲たけし城みたいな感じで落ちると水にドボンです、カメラを落とさないように注意ですね。

 

ASN_0183

崖っぷちの通路を抜ければ磯場が現れます、岩に打ち付ける波の音が心地良い……。

 

CSD_3184

ここは磯釣スポットでもあるので休日ともなれば多くの釣り人で賑わいます。

磯釣は一度はやってみたい釣りですね、この辺は何がつれるんだろうか?

 

ASN_0184

普段登山で鍛え上げた足をお持ちの方であれば、この辺の道を歩くのは朝飯前でしょう。

この辺りは岩が結構鋭く、装具をぶつけないようにだけ注意して歩きます。

 

ASN_0187

丁寧に階段も整備、ちょっと刺激のあるハイキングにはうってつけです。

 

ASN_0194

この日は汐が引いていたため、足元の安定感は抜群でした、

逆に大潮の日等は足元の面積が減るので注意しましょう。

 

ASN_0195

道の雰囲気は鎌倉アルプスですね、岩の削り方などが全く同じです。

鎌倉アルプスを歩いたことのある方であれば余裕で歩くことができるでしょう。

 

CSD_3196

海の色がきれいだ……、釣れてるのかな。

 

ASN_0205

暫く歩くと安房埼灯台が見えてきます、スタートから15分たたずに第一のゴールが見えます。

この手軽さもこのコースの良いところ、満足度が高い景色と体験が凝縮されている。

 

ASN_0207

灯台側の砂浜はなんと貝殻でできています、

関東にありがちな黒い砂浜ではなく白い砂浜が広がる。

ここは家族連れの方々がテントを張って遊んだりしているスポットで、散策するだけで楽しい場所です。

 

ASN_0236

入り江で岩に打ち付ける波を眺めたり、海水から逃げ回ったり……。

 

ASN_0249

灯台とツーショットを撮ってみたり、遊ぶのがよし。

僕は海に来たのに山登りの格好をしていて、なかなか浮いていました。

 

ASN_0258

普段はまず見ることの無い海の景色に奥さん共々大満足、

神奈川のナイススポットとしてもっと押していって良い場所だと思う。

 

ASN_0254

打ち付ける波を見続けるだけで1日過ごせそうだ、

たまには一日中海を見続ける日があっても良いんじゃないか。

人生働いてばかりではいけません、たくさん休まないとね。

 

CSD_3210

この時点で少し予定よりも時間が押していたので、ご飯のために先を急ぐことにしました。

灯台からは城ヶ島公園に上がり島の反対側を目指して歩きます。

 

ASN_0269

城ヶ島公園は展望台などが設置された大きな公園です、

春先くらいに来ると芝生も緑で気持ちが良いところです。

子供をつれてくるには最高のスポットと言えるでしょう、バスで来ることができます。

 

ASN_0270

トイレもきれいだし。

 

ASN_0276

公園内は広い、綺麗、眺めが良いと好条件が揃う。

 

ASN_0277

冬には水仙の花が咲きます、水仙の良い香りがあたりに立ちこめている。

 

ASN_0281

さて、次の目的地は馬の背洞門です。

城ヶ島灯台への案内板があるので、城ヶ島灯台を目指して指示にしたがいます。

 

ASN_0287

コース中には景色を切り取る展望スポットがいくつも用意されています。

 

ASN_0295

公園から城ヶ島灯台までは1時間かからずに到着が可能です、コンパクトに凝縮された城ヶ島ですが

見るべきスポットはメリハリが効いてて分かりやすい。

 

ASN_0305

午後2時5分、馬の背洞門到着。

先ほどの階段を降りれば到着する城ヶ島の有名スポットです、記念撮影を一枚いかが?

毎年侵食が進んでおり、近い未来見れなくなるであろうと言われているスポットです。

 

ASN_0298

馬の背洞門を越えればあとはご飯屋さんまで歩くのみ、気持ちの良い海岸トレッキング。

 

ASN_0310

砂浜を眺めるもよし、波の穏やかな磯場があるので蟹を探して遊ぶのもよいです。

小さなイソギンチャクとかがこの辺にはいるので見るものには困らない。

 

ASN_0311

遠くから見ても結構特徴的な見た目ですね。

 

CSD_3233

富士山に向かって歩き続けましょう、右手に見える建物が今日のゴール地点です。

 

ASN_0317

午後2時40分、港屋前到着。

三崎まぐろ切符を利用するのであれば、個人的には港屋がおすすめです。

まぐろ丼にかま焼きとボリューム満点の定食を食べることができます。

不定休なので営業確認をした上で訪れる必要があります。

 

CSD_3254

本日はあいにくの休業日、しょうがないので他のお店でご飯を食べることにしました。

 

CSD_3256

城ヶ島の市内に向かって延びる道沿いには数件の食堂が立ち並ぶ。

サザエや蛤を炉端で焼く香ばしい薫りが辺りに充満し、食い気を刺激する。

 

ASN_0328

本日は港屋のお隣さんである中村屋でご飯とすることにしました。

こちらのお店はまぐろ丼とイカ焼き、おつけものがついてくる定食を出してくれます。

おばちゃんのサービスも良く、漬物やご飯がたくさん出てくるのでオススメ。

 

ASN_0323

三崎まぐろ切符を出して、三崎まぐろ切符メニューをいただくことに。

ここまで歩いてきたので食欲は全開、何を食べてもうまいと叫ぶ状態で挑みます。

目の前に出てきたのが本まぐろでもインドまぐろでも満足できるおおらかな心が今の僕にはある。

 

ASN_0324

ついでにかまも注文、この後イカ焼きも出てきてボリューム満点のお昼ご飯となりました。

食事をしっかりイベントに据えた旅行を久々にした気がする。

 

ASN_0332

ご飯を食べたらあとはお土産をもらって帰るだけ、

城ヶ島灯台をぶらりと回ってバス停に向かいましょう。

 

ASN_0339

逆側の灯台と違ってしっかりとしてます。

 

CSD_3265

灯台の前には日向ぼっこする猫が、気持ち良さそうだ。

 

CSD_3266

ずっと目を瞑って、鼻先を舌でペロペロして眠たそうにしていました。

 

CSD_3260

灯台から見えるのは伊豆の天城山ですね、こうしてみると結構広い山に見える。

海の上にいきなり山があるようにも見えます。

 

ASN_0340

灯台から京急ホテルの裏手へ下り、バス停へ。

回り道となりますが景色が良いので灯台に行くのは是非おすすめしたい。

 

ASN_0345

観光橋をわたると中村屋さんの目の前に戻ります、本当にただの回り道です。

 

ASN_0353

バス停の近くにはダイビングのお店があるのですが、

そこで天日干しされていたウエットスーツが非常に楽しい見た目になっていました。

人がぶら下がっているのかと勘違いしました。

 

ASN_0356

午後4時40分、三崎港バス停

三崎港へ戻ってきました、なぜ三崎港?と思われるかもしれませんが。

三崎まぐろ切符の最後の一枚である「お土産切符」を利用するためです、

夫婦で協議の結果温泉でも施設利用でもなくお土産をもらうということになりました。

 

ASN_0361

こちらがお土産切符を利用するための施設である「うらり産直センター」です。

 

ASN_0360

店内には三崎を代表する海産物の加工食品がずらりと並んでいました。

なかでも気になったのはまぐろ胃袋やまぐろ卵などの所謂ゲテモノです。

こんなの初めて見ました、胃袋とかどうやって食べるんだろう??

 

ASN_0357

うらりで切符二つ分のお土産をゲットし、来週の食卓が賑やかになるねという会話をしつつ帰路へ。

日の暮れてゆく三崎の街を眺めながらバスを待つのでした。

 

ASN_0370

もちろん帰りは京急線で、交通費食事代お土産代含めて一人約3,000円という

圧倒的コストパフォーマンスと満足度を持った旅がいま終わるのでした…。

 

CSD_3097


京急三崎まぐろ切符は年中売っている切符になりますが、

河津桜の咲く今の時期などは絶好の旅行日和となる日が多いのでは無いでしょうか?

 

桜を楽しみ城ヶ島の自然を楽しみ食を楽しむ、1日の充実感はしっかりと感じれます。

 

CSD_3168

快晴の日には富士山も見ることができ、そのまま釣竿を片手に海へ行きたい気持ちになります。

登山ばかりではなく、たまにはこういった変則的な

アスレチックやトレッキングも良いのではないでしょうか?

三崎まぐろ切符は使えば間違いなく満足することができる、素晴らしい切符です。

 

みなさんも自分だけの三崎まぐろ切符の最高コースを見つけ出してみてください。

 

三崎まぐろ切符のページはこちら。


この旅で役に立ったアイテム

D750を買い増ししたのですが、カメラを二台着けて歩くためにストラップショットを購入しました。

今のところとても良い感じです、激しい登山でもちゃんと使えそうな気がします。

 

KOSE コーセー サンカット 日焼け止めジェル 50 (ウォータープルーフ) (SPF50+ PA++++) 100g

KOSE コーセー サンカット 日焼け止めジェル 50 (ウォータープルーフ) (SPF50+ PA++++) 100g

 

海沿いは日光が強いです、2月なのに日焼けしました…。

これからどんどん日差しが強くなるので、夏に向けて日焼け止めは必須です。

 

岩場が多い場所ではグローブが役に立ちます、こちらのグローブを使っていますが

これからの低山シーズンでは活躍間違いなしでしょう。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。