Red sugar

初心者向けの登山情報を扱った登山ブログ、山と写真とカメラの情報をお届けします

【北海道】大雪山旭岳、北海道の屋根と雄大な大地と、日本一のチングルマ大群生を楽しむ旅

f:id:sakemaro:20150816175809j:plain

2015年7月20日、北海道は大雪山旭岳に行ってきました。

大雪山は北海道の中心部に存在し、北海道最高地点を持つ広大な山域です。

広義では十勝連峰なども含むため神奈川県と同じくらいの面積を持つ、らしい。

 

大雪山は短い夏で知られていますが、この時期にやってきたのは理由があります。

veryblue氏社畜氏のブログでもこの時期の大雪山を登っていた理由はただ一つ。

7月の中頃は日本一のチングルマの大群生を見ることができるということです。

綺麗なものは見ておきたいし、最高峰も踏んでおきたい。

そんなわがままな気持ちから思い立った北海道旅行の最終目的地。

 

7月の北海道と雄大な大地、そして一面を埋め尽くすチングルマの旅の始まりです。

 

f:id:sakemaro:20150816175828j:plain

9時52分、旭岳登山道。

ジリジリとした太陽光に燻されながらとぼとぼと登山道を歩いている。

下を向いた目線の先は赤茶けた土ばかりで、火星の地面を歩いてるかのように無機質だ。

普段歩いている植物の生い茂った土とは違い、生物の気配が感じられない。

気泡で埋め尽くされた軽石と、鋭い断面を見せる火山岩の落ちた登山道。

目の前にはスケールの大きい赤い丘が広がっているだけ、

左耳の先ではゴウゴウと音を立てて蒸気が山体から噴き出している。

 

何もない場所を登るよりも火山の息吹を感じる方がまだ情緒がある…。

期待とは少しちがう旭岳らしさを感じつつ、僕は足を進めた。

 

今回登る旭岳ですが、火山です。

ロープウェイを降りた瞬間、旭岳の山体から湧き上がる蒸気を目にすることができます。

コースとしては旭岳を登った後、間宮岳を経由して裾合平へ向かいます。

裾合平からは再びロープウェイ山頂駅を目指す周回コースを歩きました。

では今回のコースタイム。

 

旭岳ロープウェイ7:10〜7:15→姿見池7:45→金庫岩10:00→山頂10:15〜10:50

間宮岳12:40→中岳温泉13:40→チングルマ大群生地14:00→旭岳ロープウェイ15:30 

 

7月に旭岳を登るのであれば、最もお勧めできるコースだと思います。

火山あり、火星あり、クレーターあり、お花あり、木道ありの超豪華コースです。

 

f:id:sakemaro:20150815175746j:plain

7月20日朝7時10分、旭岳ロープウェイ駐車場。

前日道の駅東川まで知床から頑張って走り、東川で車中泊を行いました。

さすがに疲れていたのか起きたのは朝6時、準備を済ませ駐車場に着くとこの時間でした。

道の駅東川は隣にモンベルが併設されているという超イケてる道の駅でした。

 

f:id:sakemaro:20150816175754j:plain

ロープウェイ駅の中にはお土産屋さんが、登山客向けというよりは観光客向けです。

今はここを楽しむ予定はないので、ロープウェイに急ぎます。

 

f:id:sakemaro:20150816175753j:plain

唐突ですがここでトイレの紹介です。

登山を楽しむ上で僕が特に感動するのは綺麗なトイレです、

大雪山のトイレは非常に綺麗でウォシュレット付きで軽い感動を覚えました。

さすが観光地です、この点において大雪山は登山満足度100点をつけられていいでしょう。

ウォシュレット付きなんて三毳山以来である。

 

f:id:sakemaro:20150816175752j:plain

話がそれました、旭岳ロープウェイに登場して山頂駅を目指します。

旭岳ロープウェイ往復チケットは2900円という雄大な数字ですが、

実家に届いていた旭岳ロープウェイ割引券で2600円になりました、ラッキー。

道民なら高確率で夏になぜか持っているはずなので使わない手はありませんね。

 

f:id:sakemaro:20150816175801j:plain

ロープウェイから眺める景色は圧倒的樹林帯です、この中を歩くのはしんどいなー。

 

f:id:sakemaro:20150816175759j:plain

10分経たずして終点に到着です、短い空の旅が終わりました。

 

f:id:sakemaro:20150816175800j:plain

雰囲気だけ見ると極地の秘密基地っぽさがある駅の構内を抜けて登山口へ向かいます。

 

f:id:sakemaro:20150816175757j:plain

外に出るといきなり雪解け水でできた池が…、7月ですがここは雪国です。

 

f:id:sakemaro:20150816175756j:plain

目の前には悠然とそびえ立つ旭岳の姿がありました、

ロープウェイ駅からも爆裂火口から湧き上がる蒸気の音が聞こえます

 

f:id:sakemaro:20150816175802j:plain

7時30分、プレイボール宣言。

まずは姿見池まで向かいます、目の前に広がる平坦な登山道はかなり奥行きがあります。

 

f:id:sakemaro:20150816175806j:plain

道沿いにはチングルマの群生が咲き誇っています、今から裾合平の大群生が楽しみです。

 

f:id:sakemaro:20150816175807j:plain

美瑛の丘のような、なだらかな道を歩きます。

 

f:id:sakemaro:20150816175808j:plain

旭岳の反対側は丘陵地帯になっています、実際は溶岩が流れた後の台地のようです。

 

f:id:sakemaro:20150816175816j:plain

よく整備されたとは言えませんが、しっかりとした登山道を伝って姿見池まで。

 

f:id:sakemaro:20150822220130j:plain

姿見池の鐘が見えてきました、鐘の上には登山客のご飯を狙うカラスがいたのが印象的。

 

f:id:sakemaro:20150816175809j:plain

7時50分、20分しないうちに姿見駅に着いてしまいました、誰だ30分かかるって言った奴。

風もなかったので水面に映る見事な鏡旭岳を取ることができました。

 

f:id:sakemaro:20150816175810j:plain

姿見の池を反対方向から見るとこんな感じで、綺麗な青池であることがわかります。

 

f:id:sakemaro:20150816175811j:plain

旭岳方面はこのように蒸気がすごい勢いで噴出しています。

辺りにたちこめる硫黄の匂いはかなりのものです。

 

f:id:sakemaro:20150816175812j:plain

姿見池からは本格的な登山道の始まりです。

日光白根二個分くらいありそうな巨大な山体を登っていきます、本当にでかい。

 

f:id:sakemaro:20150816175813j:plain

右に目を向ければトムラウシ・十勝岳方面です。

あちらも大雪山系と考えると奥秩父と八ヶ岳足したくらいの大きさなんだろうか。

 

f:id:sakemaro:20150816175814j:plain

正面に目を向ければ墓標のようなケルンが立っていました、こいつもでかい。

 

f:id:sakemaro:20150816175815j:plain

左に目を向ければ丘陵地隊と高山植物、リアルに眼前ずーっと丘陵です。

北海道らしいといえば非常に北海道らしい山です。

 

f:id:sakemaro:20150816175818j:plain

登山道は火口の縁を登っていくため、蒸気口のすぐそばを通ることになります。

これがなかなかに迫力があってたまらない、ここが活火山であるということを実感します。

 

f:id:sakemaro:20150816175820j:plain

上から見てもなかなかの迫力です、地球っぽくないよね。

 

f:id:sakemaro:20150816175819j:plain

後ろを振り向くとこのような感じで【雄大】という言葉がよく似合う景色が。

水か溶岩の流れた後だと思うのですが、それが手に取るようにわかるのが面白い。

 

f:id:sakemaro:20150816175822j:plain

前を向くと草木の生えていない荒涼とした世界が広がっています。

前と後ろでこんなに景色が違うのは初めてです。

 

f:id:sakemaro:20150816175821j:plain

しかしこの火口、とんでもない大きさです。

対岸まで200m以上距離があるんじゃないだろうか。

 

f:id:sakemaro:20150816175823j:plain

8時45分、六合目到着。

ゆっくりと上がっているのですが、なんとか6合目に到着しました。

 

f:id:sakemaro:20150816175824j:plain

六合目ともなると辺りにある噴気口も少なくなっています。

 

f:id:sakemaro:20150816175827j:plain

登山道ですが道が赤く変色してきました、火山によくある土ですね。

 

f:id:sakemaro:20150816175828j:plain

ここまで赤いともはや火星です、火星の上を歩いてます。

しかし道が歩きにくい…、小さい石ころが滑るためなかなか速度が上がりません。

 

f:id:sakemaro:20150816175829j:plain

ここから登山道が複雑になります、一本道ではなくいくつも道が分岐している感じです。

道がザレてるのでしょうがないといえばしょうがない。

しかしこういう道は乾燥している方が滑るので気を使います。

 

f:id:sakemaro:20150816175830j:plain

歩いていると雲が出てきました…、さっきまで晴れてたんだけど。

 

f:id:sakemaro:20150816175831j:plain

9時35分、八合目に到着です。

残念ながら山頂にガスがかかってしまいました、ここから九合目はすぐです。

 

f:id:sakemaro:20150816175825j:plain

10時00分、九合目に到着しました。

赤土とゴロゴロした岩に囲まれた場所ですが、ここまでくれば山頂はもう少し。

 

f:id:sakemaro:20150816175826j:plain

九合目から山頂へはこの坂を登ればすぐです。

山肌に張り付くように生えたチングルマが印象的。

 

f:id:sakemaro:20150816175833j:plain

後ろを見ると雲に隠れてよく見えませんが、裏朝日へ続く高山地帯が横たわっています。

 

f:id:sakemaro:20150816175835j:plain

指導標に従って山頂を目指します。

 

f:id:sakemaro:20150816175837j:plain

特徴的な岩を発見、これが例の金庫岩か…。

しかしこれを金庫と形容するのはなかなかセンスがいりますね。

 

f:id:sakemaro:20150816175836j:plain

ガスに包まれていく金庫岩に別れを告げて山頂を目指します。

 

f:id:sakemaro:20150816175834j:plain

山頂へはつづら返しを登るのみです、結構滑るから意外に大変。

 

f:id:sakemaro:20150816175839j:plain

10時15分、旭岳山頂到着。

九合目から15分たらずでの到着となりました、本当に早かった…。

 

f:id:sakemaro:20150816175838j:plain

北海道出身者が北海道最高峰に出会った瞬間、喜びのあまり山頂標に飛びかかるの図。

全身のバネを使って嬉しさを表現します。

 

f:id:sakemaro:20150816175847j:plain

そしてすかさず三角点をタッチ、ここまでかかった時間わずか10分!!!早い!!

 

f:id:sakemaro:20150816175844j:plain

しかし残念なことに辺りは文句の言いようのないガス、

山頂に居る人々の中にガス属性の方がいたに違いがない。

 

f:id:sakemaro:20150816175845j:plain

しかし旭岳から黒岳方面を見ると晴れていることがわかります。

晴れ間が僕を待っている。

 

f:id:sakemaro:20150816175842j:plain

山頂ですが結構虫が多く、てんとう虫がたくさんいました。

 

f:id:sakemaro:20150816175843j:plain

山頂でご飯を食べてしっかりとこれからの体力をつけます。

ここからが本日の本番、裾合平への周回路がスタートしていきます。

 

f:id:sakemaro:20150816175840j:plain

まずは旭岳から間宮岳に向けて歩きます、裏旭岳側にまず下山します。

この登山において最も危険だった場所はどこかと聞かれればここでしょう。

道が急な上にザレザレでめちゃくちゃ滑ります。

 

f:id:sakemaro:20150816175852j:plain

かなりゆっくりと歩いて漸く雪渓に取り付きました、雪渓はだいぶ柔らかくなっており

アイゼンがなくても歩くことができます、ヒップソリで滑った後もあるのがすごい。

 

f:id:sakemaro:20150816175851j:plain

山頂直下のこの雪渓、すごい大きさであることがわかるでしょうか。

7月にこんな雪渓を見ることができるのはさすが北海道というところ。

 

f:id:sakemaro:20150816175848j:plain

雪渓を歩き切るとだだっ広い草原に到着です。

 

f:id:sakemaro:20150816175850j:plain

この辺に咲いているのはチングルマではなくキバナシャクナゲです。

 

f:id:sakemaro:20150816175849j:plain

燕岳でも生えていましたが、旭岳ではかなり背丈が低いです。

寒冷地の高山植物の特徴なんでしょうか?

見た感じ燕岳の物に比べると赤みが強いのも特徴な気がします。

 

f:id:sakemaro:20150816175853j:plain

苔の上に咲いた可愛らしいチシマクモグサが登山道を彩ります。

 

f:id:sakemaro:20150816175857j:plain

間宮岳に向けて緩やかな坂道を登っていくのですが、道の雰囲気が一気に変わりました。

土の色が白くなり火山とは思えない世界に。

 

f:id:sakemaro:20150816175856j:plain

玉砂利のような砂の道を歩いて行くと裏旭の大雪渓が見えてきます。

 

f:id:sakemaro:20150816175854j:plain

前を向くとこれまたカラフルな登山道が続いています。

燕岳のような砂地の登山道はウッドチップの上を歩いているように柔らかです。

 

f:id:sakemaro:20150816175859j:plain

ガスの合間の晴れ間を目指して歩を進めます。

 

f:id:sakemaro:20150816175908j:plain

非常になだらかな山体というか、でかすぎる山体ゆえ稜線の上に立つと目立つ。

右端の方とかすごい目立ってますね、はい。

 

f:id:sakemaro:20150816175901j:plain

登山道にはチングルマやキバナシャクナゲが多いのですが、

エゾコザクラもしっかりと生えていました、とても可愛らしい花です。

 

f:id:sakemaro:20150816175905j:plain

アオノツガザクラでしょうか、ジムカデと区別がつきにくいですね。

 

f:id:sakemaro:20150816175909j:plain

裏旭に入った瞬間からすでにお花畑は始まっている。

 

f:id:sakemaro:20150816175910j:plain

内地ではすでに終わりを迎えているチングルマですが、ここ旭岳では元気です。

 

f:id:sakemaro:20150816175904j:plain

お花畑を過ぎて間宮岳に近づくにつれ、世界の果てっぽさが増してきます。

 

f:id:sakemaro:20150816175906j:plain

規則正しく並んだような高山植物、火星のプランテーションか何かかな。

 

f:id:sakemaro:20150816175917j:plain

そうこうしているうちに間宮岳に到着しました、ここがこの周回ルートの中間地点。

 

f:id:sakemaro:20150816175902j:plain

間宮岳からはこの登山のメインの景観が一つ、御鉢平を望むことができます。

この御鉢平、巨大カルデラなのですが直径が2キロあります。

東京ドームが直径250mくらいなんでたくさん入りそうですね。

 

f:id:sakemaro:20150816175913j:plain

中央には温泉が湧き出ているようですが、有毒温泉ということで近づくことはできません。

御鉢平の枝分かれした川がいくつも流れるその姿は異様そのもの。

 

 

f:id:sakemaro:20150816175931j:plain

奥に見えるのは大雪山黒岳でしょうか、向こうまで歩く縦走をいつかしてみたい。

 

f:id:sakemaro:20150816175912j:plain

さて、御鉢平の外周を北鎮岳方面に歩き中岳温泉を目指します。

この稜線歩きももはや稜線と言っていいのかわからないくらいでかい。

 

f:id:sakemaro:20150816175903j:plain

北鎮岳方面はなんとか天候が持っているようですが、今回は行きません。

そのうち周回か、赤岳〜旭岳、旭岳〜黒岳の連続縦走で歩いてみたいものです。

 

f:id:sakemaro:20150816175925j:plain

指導標を見ると御鉢平へ降りる道もあるようです、危ないんじゃないのかよっていう。

ここは裾合平を辿り姿見駅へ戻るルートへ。

 

f:id:sakemaro:20150816175919j:plain

裾合平が見えてきました、谷間に地平線のように見えるのが裾合平です。

ここから見ると風の谷のようです。

 

f:id:sakemaro:20150816175920j:plain

まだまだ雪渓が残る北海道の夏山です、これぞ北海道の山のでかさ。

 

f:id:sakemaro:20150816175921j:plain

中岳温泉へ向かう途中の道はハイマツとこのような高山植物の絨毯で覆われています。

やっぱり寒いから草木が育たないんですね…。

 

f:id:sakemaro:20150816175922j:plain

中岳温泉へ向けては御鉢平の外周から続く稜線をひたすら歩いて、高度を下げます。

 

f:id:sakemaro:20150816175926j:plain

左右に背の低い高山植物が生えた道をひたすら突き進みます。

 

f:id:sakemaro:20150816175924j:plain

ついに北鎮岳にもガスが差し迫ってしまいました。

 

f:id:sakemaro:20150816175928j:plain

ようやくジムカデを見つけました、アオノツガザクラに似てますがこちらは赤いです。

 

f:id:sakemaro:20150816175930j:plain

こちらの綺麗な花はなんだろう??ちょっと名前がわかりませんでした。

誰か教えていただけると幸いです。

 

f:id:sakemaro:20150816175929j:plain

小さな花ばかりですが、どれくらい小さいかというとこれくらい。

 

f:id:sakemaro:20150816175948j:plain

北鎮岳を眺めつつ裾合平を目指して行きます。

開けたこの山体の大きさは本当にすごい、アルプスとはまったく違う凄みがあります。

 

f:id:sakemaro:20150816175946j:plain

そして現れるハイマツ帯、割と道の幅が狭いので雨上がりなどは苦労するかもしれません。

 

f:id:sakemaro:20150816175949j:plain

中岳に向かう途中でも巨大な雪渓が姿を現します。

 

f:id:sakemaro:20150816175941j:plain

中岳温泉へはこの道を降って行けばたどり着けます、雪に囲まれてますね。

 

 

f:id:sakemaro:20150816175944j:plain

この下に見える川が温泉と雪解け水の混ざった中岳温泉です。

 

f:id:sakemaro:20150816175942j:plain

硫黄が噴出しているからか、周囲とは少し色が違います。

 

f:id:sakemaro:20150816175937j:plain

下まで降りてきました、巨大な谷間の底にあることがよくわかります。

 

f:id:sakemaro:20150816175939j:plain

ボコボコと音を立てて温泉が噴出していました、温度はかなり高めです。

 

f:id:sakemaro:20150816175940j:plain

足湯を楽しんでいる登山客の方がいましたが、先を急ぐ必要性があったので僕はスルー。

北海道というホームで、旭岳は再び来ることがあると思うのでその時にとっておきます。

しかし、ここで足湯に入れるなんて幸せそうです。

北海道では屈斜路湖や阿寒湖など、地面を掘るとお湯が沸く場所が多い気がします。

北海道はどこでも野宿ができる可能性を秘めている素敵な土地です。 

 

f:id:sakemaro:20150816175934j:plain

火山らしい見た目の谷を沢沿いに降っていきます、この谷を抜ければそこは裾合平です。

 

f:id:sakemaro:20150816180004j:plain

雪渓の上を歩きます、下はもちろん川です。

 

f:id:sakemaro:20150816175933j:plain

なにやら美味しそうな山菜めいた草がたくさん生えていました。

エゾノリュウキンカかヨブスマソウかな…、だとしたら食べれる草なのですが。

 

f:id:sakemaro:20150816175932j:plain

こちらには黄色い花をもたげた山菜っぽいやつが、

これは間違いなくエゾノリュウキンカ、食べたことはないけど美味しいらしい。

 

f:id:sakemaro:20150816175943j:plain

中岳温泉周辺は山菜もさることながら

キバナシャクナゲやエゾイソツツジがたくさん咲いています。

 

f:id:sakemaro:20150816175947j:plain

エゾイソツツジ、ツツジと名が付いていますがツツジらしくない見た目です。

 

f:id:sakemaro:20150816175945j:plain

シャクナゲのような花のつけ方をしています。

 

f:id:sakemaro:20150816175950j:plain

花や山菜を楽しんだら、裾合平のチングルマを目指して木道をひた走ります。

 

f:id:sakemaro:20150816175951j:plain

木道の合間は雪渓あり川ありで非常に面白い。

 

f:id:sakemaro:20150816175954j:plain

裾合平のトレッキングはそんなに辛くないから登山が苦手な人でも楽しいと思う。

 

f:id:sakemaro:20150816175953j:plain

雪解け水で作られた川はとても冷たいのだが、水を飲むことは絶対的禁忌である。

 

f:id:sakemaro:20150816175955j:plain

湿原地帯ではあるので、いたるところに池ができています、まるでツンドラ。

 

f:id:sakemaro:20150816175957j:plain

旭岳は残念ながらガスの中に完全に隠れてしましました。

 

f:id:sakemaro:20150816175958j:plain

がっかりしていてもしょうがないので足を進めてチングルマの元へ向かいます。

 

f:id:sakemaro:20150816175959j:plain

徐々に現れ始めるチングルマ。

 

f:id:sakemaro:20150816180000j:plain

エゾコザクラや高山植物の草原が広がっています。

 

f:id:sakemaro:20150816180001j:plain

そして溶岩の流れた後に沿って雪渓が形成されたこの裾合平の地形。

内地でこんな景色が観れるのは僕の知識だと鳥海山くらいしか思いつきません。

九州とかに行くとこんなのたくさんあるのかな?

  

f:id:sakemaro:20150816180006j:plain

裾合平ですが、ここすごく長いです。

凹凸のない平坦な道をひたすら駆け抜けていく感じです。

 

f:id:sakemaro:20150816180007j:plain

場所によっては雪渓に埋もれた木道などアスレチックな場所がちらほら。

 

f:id:sakemaro:20150816180009j:plain

そしてついにチングルマが姿を現し始めます。

 

f:id:sakemaro:20150816175952j:plain

大雪山を背景に広がるチングルマ畑。

 

f:id:sakemaro:20150816180010j:plain

まさにどーーーーーん!!!

可愛らしい白い花の絨毯が麓に向かって広がっていきます。

 

f:id:sakemaro:20150816180013j:plain

後ろを振り向いてもチングルマの大群生は続いています。

この辺はあたり一面チングルマです。

 

f:id:sakemaro:20150816180016j:plain

必ず見たいと思っていた景色が目の前に広がります、感動ものです。

木道の上にはカメラを抱えた登山客の方がたくさんいました。

この景色を見たら当たり前のようにカメラを向けてしまうでしょう。

 

f:id:sakemaro:20150816180021j:plain

ちょっとした模様みたいになってる、ネモフィラほどの密度はありませんが

それでもあたり一面見渡す限りのチングルマはすごい迫力です。

 

f:id:sakemaro:20150816180023j:plain

ところどころエゾコザクラなども生えていて、白以外のアクセントを与えてくれます。

 

f:id:sakemaro:20150816180049j:plain

ダッフィーもさぞかし楽しそう、シェリーメイと本当に仲がいい。

毎回2人で写っていてとても可愛らしいですね。

なぜかいつもクリスマス仕様なのが気になるところです。 

 

f:id:sakemaro:20150816180024j:plain

あたり一面のチングルマを楽しみつつ、姿見駅に戻ることにしました。

目の前に広がる、見渡す限りにチングルマがあるこの大絶景を惜しみつつ、歩を進めます。

写真だとなかなか伝わりづらいのですが、ここは本当にすごい広さです。

 

f:id:sakemaro:20150816180025j:plain

チングルマが終わると今度はキバナシャクナゲがちょこちょこ生えるようになります。

ここはさしずめお花天国といったところだろうか。

 

f:id:sakemaro:20150816180026j:plain

お花畑も終わり、残りは下山道をひたすら姿見駅まで歩いていきます。

木道あり、雪渓ありで飽きることがありません。

 

f:id:sakemaro:20150816180027j:plain

時期が時期ならヤゴとかがいそうな雰囲気です。

 

f:id:sakemaro:20150816180054j:plain

雪解け水で階段が浸水していました。

 

f:id:sakemaro:20150816180028j:plain

このケルンが見えたら姿見駅まではあと1時間といった所でしょうか。

ちなみにここが裾合平だそうです。

 

f:id:sakemaro:20150816180029j:plain

地味に3キロもあるわ…。

 

f:id:sakemaro:20150816180040j:plain

裾合平は旭岳の裏側にあるので、帰りは旭岳をぐるりと一周して正面に戻ることになります。

 

f:id:sakemaro:20150816180050j:plain

雪渓に降りる→草原を駆け抜けるを数回にわたって繰り返します。

7月に何度も雪渓を歩けるなんて楽しいったらありゃしない。

 

f:id:sakemaro:20150816180052j:plain

しかし、大雪山の景色は見れば見るほどツンドラっぽい。

 

f:id:sakemaro:20150816180053j:plain

ようやく樹林帯めいた地帯も出現してきました。

 

f:id:sakemaro:20150816180051j:plain

裾合平から結構距離を歩いてきたようです、北鎮岳から伸びる山脈が遠くになりました。

 

f:id:sakemaro:20150816180046j:plain

ハイマツ帯に入れば、姿見駅はもうすぐです。

 

f:id:sakemaro:20150816180033j:plain

日も暮れてきて、最後の花撮影、旭岳の植物を目とカメラに焼き付けます。

 

f:id:sakemaro:20150816180043j:plain

このエゾイソツツジは本当に不思議な花だったなぁ…。

 

f:id:sakemaro:20150816180036j:plain

雄大な北海道の大雪山ともうすぐお別れとなると非常に感慨深いものがあります。

午前中に戻ってもう一回火星っぽい所から歩き直したい。

 

f:id:sakemaro:20150816180038j:plain

そうこうしているうちに遂に姿見へ戻ってきました。

蒸気が吹き出す旭岳の姿を再び拝む。 

 

f:id:sakemaro:20150816180037j:plain

夫婦池周辺、透き通った池を横目にロープウェイの駅を目指します。

 

f:id:sakemaro:20150816180041j:plain

ここからでも噴気の音がよく聞こえます、地球の呼吸を感じるとはこのことか。

 

f:id:sakemaro:20150816180032j:plain

ロープウェイ駅が見えてきました。

時間も時間なのであたりがすっかりガスに包まれるように。

ちょうど15:30分のロープウェイに乗れるようだったので搭乗。

 

f:id:sakemaro:20150816180030j:plain

ここに長きにわたる大雪山旭岳周回登山がゲームセットを告げることとなりました。

いやー、ロープウェイって偉大です。

 

f:id:sakemaro:20150816180031j:plain

旭岳ロープウェイ駅に下山したらすかさずソフトクリームを補給しました。

疲れた体にソフトクリームの糖分はしみますね、北海道のソフトクリームは本当に美味しい。

 

f:id:sakemaro:20150816180105j:plain

温泉は旭岳で入ればよかったのですが、その後家路を急ぐため

なぜか富良野市外にあるフラヌイ温泉にやってきました。

素直に旭岳で入ればよかったと後悔しましたが、綺麗さっぱりしたので無問題。

 

f:id:sakemaro:20150816180104j:plain

ちなみにこのフラヌイ温泉、見た目からして超昭和なのですが、中身もかなり昭和でした。

北の国からっぽい昭和の雰囲気を感じたい方にはかなりオススメです。

 

f:id:sakemaro:20150816180055j:plain

そして帰り道の途中、ラベンダー公園があったので立ち寄ってみました。

公園なので無料で入ることができます。

 

f:id:sakemaro:20150816180059j:plain

うーん、すっごいラベンダーの香りがする、そしてすごい量のミツバチが飛んでいる。

 

f:id:sakemaro:20150816180100j:plain

一所懸命蜜を集めてるんですね、ラベンダーの香りのする蜂蜜ができるのかな。

 

f:id:sakemaro:20150816180101j:plain

トンボも飛んでいました、なかなかこの時期にトンボを見ることは稀です。

 

f:id:sakemaro:20150816180058j:plain

ラブな丘、なぜ一つだけポツンと描いたんだろう。

 

f:id:sakemaro:20150816180056j:plain

深夜の知床旭川大移動、旭岳登山、ラベンダー畑と充実した一日もこれにて終了です。

ここから帯広にある実家へ帰宅し、翌日東京への帰路へと着きました…。

 

f:id:sakemaro:20150816180109j:plain

大都会東京の夜景が見えてくるたびに、実家へ帰りたくなるという田舎好きが発症。

今回の旭岳登山は僕の心に実家の偉大さを植え付ける登山となったのは間違いありません。

 

f:id:sakemaro:20150816180107j:plain

なかなか見ることができない夜の羽田整備場を見ることもでき、大満足の家路に。

こうして僕の2015年の実家帰省は終わりを告げるのでした 。

 

f:id:sakemaro:20150816180014j:plain

後半あいにくのガスに包まれてしまった大雪山旭岳でしたが、ベストシーズンを捉えた

と言って過言ではない時期に登ることができたと思います。

雪渓と幾多の高山植物に囲まれるトレッキングは贅沢そのもの。

 

来年も来れたら是非行きたいと思わせてくれる最高の山でした…。

北海道の山はどれも内地とは違った面白さがあるので、

どんどん開拓していきたいと心に強く思う登山となりました。

知床や大雪山は何度行っても楽しいと思い出になることでしょう。

 

大雪山の地図はこちら

山と高原地図 大雪山 十勝岳・幌尻岳 2016 (登山地図 | マップル)

山と高原地図 大雪山 十勝岳・幌尻岳 2016 (登山地図 | マップル)

 

 

この登山で役に立った装備はこちら 

この登山から登山ザック界のロールスロイス、グレゴリーZ40を本格使用しています。

それまでのドイターに比べると背負心地が別世界、腰骨が痛くなることがなくなりました。

容量も40リットル以上入るような気がしています、一押しザック。

 

急な天候の変化、ガスの中でも寒さを凌ぐためにはレインウェアは必須でした。

山頂から雪渓を歩き続ける時にも本当に持ってきて良かったと感じる。

ゴアテックスレインウェアは高いので非ゴアを使用してますが、とても快適です。

サンダーパスは凄くお安いのに頑丈だからオススメです。

 

こちらの記事も是非どうぞ