読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Red sugar

初心者向けの登山情報を扱った登山ブログ、山と写真とカメラの情報をお届けします

【東北】会津駒ヶ岳、天空の湿原と雄大な稜線、流れる雲と青空に夏の始まりを感じる会津の旅

f:id:sakemaro:20160625185721j:plain

 

2016年6月19日、福島県は南会津檜枝岐村にある会津駒ヶ岳に行って来ました。

標高は2132mとなります。

尾瀬に程近い場所にあるこの山は都内から公共交通機関で訪れることもできます。

山頂には広大な高層湿原が広がり、穏やかな木道歩きを楽しむことができる素敵な山です。

さすが尾瀬の隣、というか尾瀬国立公園!

 

尾瀬方面の展望と共に日光方面を裏側から見ることができる

という貴重な体験ができる山でもあったりします。

展望の中でもかっこいい姿の燧ヶ岳を見ることの出来る山

 

梅雨の晴れ間となった19日、前から言ってみたかった会津駒ヶ岳に向かう事に決め

会津へと車を走らせます…夏山シーズンの始まりを告げる東北の山旅の始まりです。

 

f:id:sakemaro:20160618102200j:plain

真っ青な色をした空を白く染める積雲

びゅうびゅうと吹く風を想像させる速度で大空を走っている。

その下に広がるのは会津駒ヶ岳から中門岳を結ぶ嫋やかな稜線だ、

丘陵地帯を思わせる緩やかな起伏はここが標高2000mを超える天上世界である

という事を忘れさせてくれる。

 

f:id:sakemaro:20160618121212j:plain

右に目をやるとひときわ目立つ独立峰が目に飛び込む、尾瀬を代表する燧ヶ岳だ。

猫の耳をつけたような山頂の見た目は誰が見ても一目でそれとわかる特徴を醸し出している。

燧ヶ岳に向かって伸びる稜線もまた、森林限界を超えた豊かな稜線を描いている。

 

尾瀬を最も近くから眺めることが出来るこの場所もまた、池塘や高山植物に恵まれ。

木道は尾瀬の仲間の一人であるという事を主張するような雰囲気を持っていた。

 

 

はい、今回は福島県最南部の百名山【会津駒ヶ岳】です!久々の百名山!

久々の百名山なんですが、結構マイナーな場所を選んでしまった気がします。

会津駒ヶ岳は尾瀬と日光の中間に位置しており、アクセスには会津田島駅からバスを利用するか

車で那須塩原から下道を2時間ほど走る必要性があります。

特徴は山頂の高層湿原ですね、近くにある帝釈山/田代山も高層湿原が有名らしいのですが

会津駒ヶ岳も中門岳に続く稜線上の高層湿原と、木道歩きが楽しい山です。

そして何よりも燧ヶ岳などの尾瀬の山々の展望がいいことが特徴でしょう、

独立峰って本当にかっこいい。

 

【アクセス】

公共交通機関の場合

【電車】北千住→会津高原尾瀬口 2430円

【バス】会津高原尾瀬口→駒ヶ岳登山口 1760円

往復合計 8380円  東北まで行くわりには安い…

 

車の場合

ナビを檜枝岐村郵便局か役所に合わせる、登山口は手前に出現する。

【高速】川口IC→那須塩原IC ETC2930円

【国道】国道400→国道121→国道352と2時間ほど下道を走る。

 

 

【コースタイム】

駒ヶ岳滝沢登山口5:50→水場6:30→木道始点8:10→駒の小屋8:35-8:50→

駒ヶ岳山頂9:05-9:20→中門岳9:50-10:20→駒の小屋11:00-12:05→

木道始点12:30→水場13:00→駒岳滝沢登山口13:40

合計登山時間 7時間50分 だいぶゆっくりしたので長めです。

 

f:id:sakemaro:20160618042948j:plain

2016年6月19日午前4時30分、道の駅番屋。

早朝にほぼ東京の埼玉を出発し、東北自動車道とした道をひた走りようやく会津に入りました。

目標とする会津駒ヶ岳ですが、アクセスがこんなに長いとは…。

先週から続いて徹夜での登山となります、6月からの登山シーズンは毎週こんなん。

 

f:id:sakemaro:20160618054125j:plain

午前5時40分、会津駒ヶ岳滝沢登山口に到着。

本日は車で来ている関係上会津駒ヶ岳滝沢コースをピストンで登ります。

時期的にも高山植物に覆われているような時期ではないので日帰りで。

 

f:id:sakemaro:20160618055011j:plain

あまりに早くつきすぎてしまったので、だいぶゆっくり準備をしつつ登山開始。

本日のメンバーは皇海山メンバーの「ゆうちゃん」山で茶を立てる男「山茶人」

赤城山でご一緒させていただいた「スギーさん」の三名です。

全員徹夜でオッケーと言ってくれてありがとうな登山ですね。

 

f:id:sakemaro:20160618055214j:plain

午前5時55分、登山口スタート いや、プレイボールである。

 

f:id:sakemaro:20160618055935j:plain

会津駒ヶ岳がどんな山なのか、事前のチェックを全く入れていなかったので

登山道の雰囲気などは来てみて初めて分かる感じでした、丹沢みてーな樹林だよ。

ブナ木が多い樹林帯を最初は上ります、スギじゃないだけマシか。

 

f:id:sakemaro:20160618060415j:plain

え、なにこいつ…とんでもなく気持ちの悪い生き物を発見しました。

調べてみたらヤマナメクジとのこと、しかもこいつ交尾してるらしい。

とんでもないところに遭遇してしまった、オエーーーーーッ!

 

f:id:sakemaro:20160618061010j:plain

7月も目前に迫り新緑の季節、というのももう終わりですかね。

 

f:id:sakemaro:20160618061933j:plain

登山道はすごい丁寧に狩り払いがされていて、明瞭な感じになっております。

管理人さんかボランティアさんが手入れしてくれているのかな?

 

f:id:sakemaro:20160618062104j:plain

ウラジロヨウラク、ツツジ科らしいけどツツジには似ても似つかない見た目です。

6月の会津駒ヶ岳の登山道は稜線に出るまではこの花を見続けることになります。

 

f:id:sakemaro:20160618062643j:plain

滝沢コースですが以外に短い、山頂まで4.1キロという事は3時間かからない予想。

 

f:id:sakemaro:20160618065556j:plain

会津駒ヶ岳の特徴である木道は稜線まで標高を上げなくては出てきません。

その間はずっと樹林帯を歩くこととなる、修行の時間といって差し支えない。

 

f:id:sakemaro:20160618065642j:plain

ブナ木はきれいだよね、それだけが唯一の救いである。

 

f:id:sakemaro:20160618070050j:plain

徐々に日が昇り始める会津駒ヶ岳、空を飛ぶ雲がものすごい速度で移動している。

稜線に出たらとんでもない風にあおられそうで怖いな…。

 

f:id:sakemaro:20160618071508j:plain

再びヤマナメクジと遭遇 …本当にナメクジなのかこれ、俺が見たことあるやつと違う…

イモムシかなんかなんじゃないかと疑ってしまう見た目だ、ダメな人は多いだろう。

東北の山にはこんな生き物がたくさんいるというのがよくわかる。

 

f:id:sakemaro:20160618072147j:plain

稜線に出るまでは無言で黙々と登り続ける、この段階ではとにかく不安しかない。

 

f:id:sakemaro:20160618075229j:plain

時折稜線が見えるようになってきました、方角的には中門岳方面??

開けていて好展望が期待できそうです。 

 

f:id:sakemaro:20160618075143j:plain

日光方面は雲に覆われている模様…この日晴れたのは尾瀬よりも西側のようでした。

 

f:id:sakemaro:20160618073834j:plain

ミツバオウレン、ポツポツと咲いていました。

花のない登山道を歩く我々には癒しとして重要です。

 

f:id:sakemaro:20160618073357j:plain

空は雲が高速で流れていくのですが、基本的には青空展開。

しかし展望が悪く登りの段階では撮れ高が悪くみんな終始不安そうでした。

 

f:id:sakemaro:20160618073304j:plain

ゼンマイ系のシダがまだまだ広がりきっていない模様、コゴミではないような気がするな。

 

f:id:sakemaro:20160618080214j:plain

ムラサキヤシオツツジでしょうか、シロヤシオやアカヤシオのような

整った形をした可愛らし花がまだ登山道には残っていました。

これで今年は赤白紫とすべてのヤシオツツジを見たのではないだろうか。

 

f:id:sakemaro:20160618080222j:plain

ムラサキヤシオもとてもいい花です、これが満開で咲き誇る山に来年は行きたい。

 

f:id:sakemaro:20160618080654j:plain

シャクナゲも咲いていました、瑞牆山で1年分くらいのシャクナゲを見た後だったので

あまりありがたさは湧かなかったけど、花がない登山道においてこれは貴重だ。

 

f:id:sakemaro:20160618080625j:plain

ようやく綺麗な稜線が見えてきました、なるほど、牧歌的な稜線だ。

高層湿原が広がっていそうな穏やかな景色です、厳しさはそんなになさそう。

 

f:id:sakemaro:20160618080936j:plain

小屋まで30分とかからずに行けそうですね、ここから先は木道がずっと続いていきます。

 

f:id:sakemaro:20160618081430j:plain

早速池塘が現れました、木道が現れる場所からは高層湿原がすでに始まっているようです。

 

f:id:sakemaro:20160618081647j:plain

会津駒ヶ岳、スタートであると言いたくなるような景色は稜線からスタートする。

ちなみにこの時点で時刻は午前8時15分、登山開始より2時間15分ほどが経過している。

2時間頑張ればこの景色が観れる、そう考えるといいところだと思う。

 

f:id:sakemaro:20160618082101j:plain

小屋を目前として雄叫びをあげんとするゆうちゃん、我慢できないか

 

f:id:sakemaro:20160618082105j:plain

喜びが爆発した模様。

 

f:id:sakemaro:20160618082317j:plain

小屋手前の木道はコバイケイソウとチングルマに彩られた最高に気持ちのいい場所だった。

 

f:id:sakemaro:20160618082500j:plain

今年は6月からチングルマをちゃんと見れている、去年は大雪山で見るまでお預けだったもんな。

 

f:id:sakemaro:20160618082625j:plain

焼石岳に続き、2週連続でチングルマを見れるなんて最高だね。

 

f:id:sakemaro:20160618082906j:plain

後ろを振り返れば素晴らしい稜線、空も青空が広がっていて気分は最高だ。

強いて言うなら遠くの景色が見えないことが心残りか、

梅雨に入ったというのにこの辺はまだ霞が多いのだ。

 

f:id:sakemaro:20160618083209j:plain

小屋が見えてきた、ツイッターやブログで有名だよねこの小屋。

 

f:id:sakemaro:20160618083457j:plain

午前8時35分、会津駒ヶ岳駒の小屋到着。

とても清潔感あふれる小屋でした、トイレが特に綺麗、マジで山にあるのかな?

と思うくらいの清潔度でした、トイレミシュラン星3が与えられるレベル。

三毳山に迫る勢いの清潔度でした…。

 

f:id:sakemaro:20160618083511j:plain

小屋の手前にはお酒やジュースの値段がご丁寧にアナウンスされています。

あー、ビール飲みたい、飲んで泊まっていきたい。

 

f:id:sakemaro:20160618083602j:plain

小屋には熊の毛皮が吊るしてあったり、非常に綺麗な小屋ですね。

すごく手入れが行き届いているというのがよくわかります。

 

f:id:sakemaro:20160618083658j:plain

このTシャツは割とよく見るやつです、買おうか迷ったのですが

僕は「月山ラブ」Tシャツをこよなく愛しているので今回はスルー

同行していた山茶人氏とスギーさんは購入していました、服を買う為に山登るって結構凄い。

 

f:id:sakemaro:20160618085029j:plain

時間がまだ8時台ということもあり、休憩よりもまずは山頂に向かおうという話に。

小屋の前に置かれたかわいい動物オブジェの写真を撮りつつ山頂へ向かう準備をします。

 

f:id:sakemaro:20160618083319j:plain

目指すは目の前のこんもりとした丘の上、いや、丘の上っていうか山頂なんだけど。

 

f:id:sakemaro:20160618085405j:plain

駒の小屋から山頂までは片道で長くても30分ってところでしょうか、

僕らは15分以下のタイムで歩いてしまったようです。

 

f:id:sakemaro:20160618090119j:plain

午前9時00分、駒ヶ岳中門岳側道分岐。

ここを駒ヶ岳山頂に向かえばすぐに山頂に出ることができます。

 

f:id:sakemaro:20160618090128j:plain

木道が濡れていて非常に滑ります…、この山で一番注意すべきは濡れた木道。

 

f:id:sakemaro:20160618090631j:plain

午前9時5分、会津駒ヶ岳山頂到着。

朝の9時に山頂に到着という今までから考えても超早い時間に山頂に着いてしまいました。

マジでこんなに早く着いたことないんだけど。

 

f:id:sakemaro:20160618091803j:plain

会津駒ヶ岳の山頂も青空の下で迎えることになってしまった…、今日もまた青空である。

しかしこの会津駒ヶ岳山頂、展望が皆無である。

 

f:id:sakemaro:20160618091525j:plain

集合写真を何枚か挑戦、登山芸人どものノリにいまいちついていけない山茶人氏とスギーさん。

いつものノリでポーズを研究する僕とゆうちゃん、やはりこの山頂ポーズは妥協できない。

一生の記念として残るのだから妥協は一切許されないのだ。

 

f:id:sakemaro:20160618091909j:plain

山頂で撮影を終えた僕らは中門岳を目指すことに、会津駒ヶ岳の本番は山頂から先。

中門岳までの道中にある高層湿原こそが主役であると言えるであろう。

この雄大な稜線を歩かなくては会津駒ヶ岳を歩いたと言ってはいけない。

 

f:id:sakemaro:20160618092413j:plain

稜線に降り立つとまだ雪が残っていた、残雪入り混じる稜線というわけだが

なんかゆうちゃんがすごいポーズで僕を待っていた。

 

f:id:sakemaro:20160618093844j:plain

高層湿原には木道が敷かれており、気持ちのいいハイキングを楽しむことができる。

山を歩いているのか湿原を歩いているのかわからなくなる素晴らしさだ。

 

f:id:sakemaro:20160618094542j:plain

途中に咲いているチングルマ、木道と一緒に撮るとすごく風情がある。

チングルマ越しに人を撮るとなおのこと雰囲気が出ていいよね、夏っぽさが溢れ出す。

 

f:id:sakemaro:20160625162348j:plain

僕も写せてもらえた、赤いな。

 

f:id:sakemaro:20160618094337j:plain

会津駒ヶ岳といえばコバイケイソウの花なのだが、僕らはシーズン前に来ているので

場所によってはこれから生えようとしているような芽を見ながら歩くことになる。

残雪とチングルマを収めようとすると時期が合わなくなってしまうのが悲しいところか。

 

f:id:sakemaro:20160618094657j:plain

会津駒ヶ岳の池塘は素晴らしい、風がなければ空を映す鏡がいたるところに現れ

尾瀬を思わせる木道の楽しさも最大限発揮されることだろう。

 

f:id:sakemaro:20160618094719j:plain

今までの登りが嘘みたいな景色だ、なんとなく欧州の田舎のような牧歌的な雰囲気がある。

 

f:id:sakemaro:20160618094834j:plain

しばらく歩くと一際大きな池塘のあるエリアに遭遇する、目の前の指導標に向かい

道を下って行くことに、道を下って向かうことにします。

 

f:id:sakemaro:20160618095020j:plain

午前9時50分、中門岳山頂到着…あれ、降ったよね??

下って山頂に到着するという前代未聞の経験をしました、最高点が山頂ではない

という常識をいとも簡単に打ち壊してくれる素晴らしい展開がここにはあります。

 

f:id:sakemaro:20160618095204j:plain

中門岳(この辺り一帯をいう)は懐がひたすら広く、

たかだか数メートルの誤差などすべて山頂と言わんばかりの心の広さを感じることができました。

こんな山日本全国探してもあんまり出てこないと思う。

 

f:id:sakemaro:20160618095346j:plain

しかし中門岳の景色は絶品です!

山頂にいてこの湖を見るような素晴らしい絶景ですよ、風がなければ和製ウユニ塩湖が

目の前に広がることになるのではないでしょうか?

素晴らしい水の透明度、そして水鏡に映る空、本当に綺麗でたまらないぜ。

 

 

f:id:sakemaro:20160618100121j:plain

少し先に進むとハクサンコザクラの群生が出現、

本日は24mm以外のレンズに付け替える気が起こらないのでとりあえず他の方に任せます。

 

f:id:sakemaro:20160625162342j:plain

他の方はズームレンズを装着しているのでこういう状況に遭遇しても問題無し。

 

f:id:sakemaro:20160618122124j:plain

なんとか自分でも撮れた。

 

f:id:sakemaro:20160618100154j:plain

ハクサンコザクラ撮影会ですが、人が来ない間だけ木道をちょっと貸してもらう。

人が来たら全員綺麗に整列して道を譲っていました。

 

f:id:sakemaro:20160618101931j:plain

雲がたくさんで始めてきた会津駒ヶ岳周辺、晴れと曇りが著しく変化する天気になってきました。

とにかく雲がすごい速度で流れていく…、ガスる前に下山開始だ。

 

f:id:sakemaro:20160618102144j:plain

なんて牧歌的な景色なんだ、逆から見た方が稜線は綺麗だった気がする。

本当に美栄あたりの丘の上歩いてるみたいだ。

 

f:id:sakemaro:20160618102200j:plain

巨大な雲が流れていく姿に夏を感じる…、今年の夏もそれぞれの山域を楽しみたい。

 

f:id:sakemaro:20160618102231j:plain

帰るのがもったいないくらい気分がいいものです、6月って夏っぽいイメージはないんだけどな。

 

f:id:sakemaro:20160618103137j:plain

帰りの雪渓は下りになるので滑らないように慎重に歩きます、会津駒ヶ岳の山頂は直ぐそこ。

 

f:id:sakemaro:20160618103818j:plain

看板が完全に朽ちております…

 

f:id:sakemaro:20160618104025j:plain

帰りは山頂ではなく巻道を歩くことに、日陰の木道なのでめっちゃ滑ります。

ここで茶人氏が点灯しカメラのレンズが単焦点レンズに昇天しかけるという事案が発生。

 

f:id:sakemaro:20160618104717j:plain

小屋の方もすごい雲だ。

 

f:id:sakemaro:20160618105959j:plain

午前11時00分、会津駒ヶ岳駒の小屋にて昼飯タイム。

なんだろう、普段この時間に山頂から戻ってきてご飯食べるとかありえないので感動的。

食べたらあと下山するだけとか理想的すぎる登山スケジュールである。

 

そしてこの日のメインディッシュは山の上の冷やしうどん、ゆうちゃん発案。

これがめちゃくちゃうまい、山の上でざるうどんとか贅沢すぎますね。

 

f:id:sakemaro:20160618110103j:plain

とりあえず氷とジュースで乾杯!

このあととうもろこしやうどんを食べお腹いっぱいになるまで食を楽しんだ僕らですが

気がつけば空もいい感じに晴れており、お昼寝タイムへとそのまま突入していました。

 

f:id:sakemaro:20160618120253j:plain

ベンチが絶妙に暖かく、横になると即落ちできます。

 

f:id:sakemaro:20160618120248j:plain

こちらも完落ちしてる。

 

f:id:sakemaro:20160618114130j:plain

こんなに平和な登山だと幸せしか感じないねダッフィー、そろそろブラック登山も卒業かな。

登山時間よりも車に乗っている時間が長い登山をホワイトというかは微妙ですけどね。

 

f:id:sakemaro:20160618120356j:plain

午後12時00分、会津駒ヶ岳駒の小屋出発、下山を開始。

駒の小屋で1時間も休んでしまった、贅沢な時間だったな。

 

f:id:sakemaro:20160618120557j:plain

サンキュー駒の小屋、めちゃくちゃいいところでした、次は泊まりで。

 

f:id:sakemaro:20160618120901j:plain

下山を開始すると日光方面の雲が晴れていることがわかる。

午後になると雲が取れるとは言っていたけどまじで晴れてる、ヤマテン最高。

 

f:id:sakemaro:20160618120916j:plain

会津駒ヶ岳の稜線は本当に美しい。

 

f:id:sakemaro:20160618121156j:plain

そして右を見ると朝は見えなかった燧ヶ岳が出現!!

めちゃくちゃかっこいい見た目ですね燧ヶ岳、奥には至仏山も見えます。

 

f:id:sakemaro:20160618121505j:plain

午後の陽気でチングルマも元気になっていますね、太陽最高です。

 

f:id:sakemaro:20160618121813j:plain

木道が歩きが気持ちい山として近くにある帝釈山/田代山もとてもいいということなので

是非行ってみたいですね、来年の6月は早くも行きたいところが目白押しだ。

 

f:id:sakemaro:20160618122032j:plain

どんどん色を濃くする燧ヶ岳、登ろう登ろうと思いつつ登れていない山だったりします。

残雪の至仏山だけで、尾瀬を夏に歩いたことがないのでとても行ってみたい…。

 

f:id:sakemaro:20160618122321j:plain

こっちに見えるのは平ヶ岳かな?

日帰りで考えるとめちゃくちゃ長い山らしいので、今から行く時が楽しみです。

紅葉の時期が素晴らしいということなので紅葉に合わせて歩いてみたいな。

 

f:id:sakemaro:20160618122409j:plain

午後になり素晴らしい景色をプレゼントしてくれた会津駒ヶ岳に敬意を払い、下山開始。

 

f:id:sakemaro:20160618122946j:plain

下山の途中で気がついたのですが、木道始点付近にあったこの池塘、顔みたいだ。

セサミストリートとかにこんなキャラクターいそうだな。

 

f:id:sakemaro:20160618123506j:plain

再びムラサキヤシオツツジの前を通って下山してゆく。

 

f:id:sakemaro:20160618125035j:plain

ピストンということで下山は全員無言でせっせと下りる感じでした。

登山はスポーツ、ということを思い知らされた。

 

f:id:sakemaro:20160618124031j:plain

最後尾を歩いているのですが、運転の疲れか頭がぼーっとする…。

 

f:id:sakemaro:20160618125922j:plain

午後1時00分、水場到着。

下山を開始してから1時間ほどで水場に到着、間にチングルマや燧ヶ岳を撮影していたので。

45分くらいで降りてきたのではないでしょうか?

 

f:id:sakemaro:20160618132136j:plain

ここから先は一旦僕が先頭で降りたのですが、

スギーさんの鈴の音と別の登山者の鈴の音を間違え、男子の速度で降り続けた結果はぐれる。

という失態を犯してしまいました、ぼーっとしすぎた。

 

f:id:sakemaro:20160618133724j:plain

午後1時40分、滝沢登山口到着。

下山に2時間かからず、すごい速度で降りてきてしまいました…。

全員すごい汗をかいていたような…??こんなスポーティーな下山したのは丹沢主稜縦走以来。

 

f:id:sakemaro:20160618133916j:plain

下山したことにより温泉に入れるという安堵が体を満たしていました。

とにかく夏の登山は温泉に入りたい欲求が強くなる、登山開始1時間でお風呂が恋しくなる。

 

f:id:sakemaro:20160618140508j:plain

午後2時、下山後の温泉として今回は会津駒ヶ岳登山口から直ぐそこにある駒の湯へ。

非常に綺麗な温泉で、熱めのお風呂で身も心もリフレッシュさせていただきました。

最近はぬるめの温泉に入ることが多かったので、熱いお風呂っていうのが新鮮だった。

 

f:id:sakemaro:20160618144520j:plain

牛乳がなかったのでアセロラドリングを、酸っぱい飲み物が下山後の体に沁み渡る。

温泉で昼寝をして体力を回復したのち、家まで向かう長い道のりへ乗り出すのでした。

 

f:id:sakemaro:20160618162534j:plain

午後4時25分、道の駅たじま。

トイレ休憩に寄るつもりが気がついたらソフトクリームを購入していました。

会津高原牛乳の美味しいバニラアイスでした…、ちなみにオススメはアスパラソフトらしい。

アスパラって…。

 

f:id:sakemaro:20160618181738j:plain

午後6時、宇都宮餃子館。

午後3時に温泉を出た僕らは晩御飯を宇都宮で取ることにしました。

午後3〜4時位だとお店がどこも空いていないんですよね、そして南会津の名物って?

という感じだったので思い切って宇都宮で餃子を食べることにしました。

 

f:id:sakemaro:20160618181756j:plain

この家族はヤベェ、餃子を食いすぎて顔が餃子みたいになってやがる…。

おばあちゃんだけ髪の毛が生えているところが気になってしょうがない、。

あと何でみんな手袋してんの?

 

f:id:sakemaro:20160618183401j:plain

入り口で餃子家族にツッコミを入れているうちに餃子が来ていました。

宇都宮餃子館ではいろんな種類の餃子を食べることができます、

オススメはやはりスタンダード餃子、そしてエビ餃子でしょうか、

エビ餃子は本当に美味しいから一度は食べてみることをオススメします。

 

f:id:sakemaro:20160618185525j:plain

というわけで餃子を食べた僕らは一路東京へ…、長かった会津駒ヶ岳の旅も宇都宮餃子で

綺麗に締めくくられるのでした、23時前に解散とか超ホワイトな1日だったのは間違いない。

 

f:id:sakemaro:20160618102238j:plain

会津駒ヶ岳、穏やかな稜線と山容が特徴的な牧歌的で素晴らしくのどかな山でした。

時期的には7月初旬くらいの、チングルマやハクサンコザクラの花が咲き乱れる頃が旬でしょう。

僕らは少し早めに訪れましたが、それでも素晴らしい高層湿原と池塘。

そしてチングルマに癒されたのは間違いありません。

コバイケイソウの咲き乱れる時期はもう少し先のようですが、その時期にも訪れたいですね。

 

アルプスのような華やかさはないかもしれませんが、穏やかな山を楽しみたい方

そして尾瀬の山々をまじかで眺めたい方にはとてもオススメできる山です。

是非花が咲き乱れる時期に訪れてみてください。

 

会津駒ヶ岳の地図はこちら

山と高原地図 尾瀬 燧ヶ岳・至仏山 2016 (登山地図 | マップル)

山と高原地図 尾瀬 燧ヶ岳・至仏山 2016 (登山地図 | マップル)

 

会津駒ヶ岳の地図は尾瀬の地図に載っております、これを持っておけば尾瀬もいける! 

 

この登山で役に立った装備

山頂の風速が結構強かったため、ウインドブレーカー的なものが欲しくなりました。

バーサライトを持って行っていたのですが、こういうときにちょうどいいですね。

これからの季節アルプスの夜や明け方では力を発揮してくれます。

 

(モンベル)mont-bell トレールアクショングローブ Men's 1108938 DRD ディープレッド M

(モンベル)mont-bell トレールアクショングローブ Men's 1108938 DRD ディープレッド M

 

木道よく滑って転ぶ可能性が高いです、また、木を掴んだりするためにも手袋は必須です。

 

(フォックスファイヤー)Foxfire 60/40 ライトクロス ハット 5522534 046 ネイビー M

(フォックスファイヤー)Foxfire 60/40 ライトクロス ハット 5522534 046 ネイビー M

 

これからの時期は帽子無くして山に登ることはできない時期ですね。

目に落ちてくる汗を止める役割もあるので、帽子は必ず用意しましょう。 

 

こちらの記事も是非ご覧ください。