Red sugar

初心者向けの登山情報を扱った登山ブログ、山と写真とカメラの情報をお届けします

【東北】安達太良山、厳冬の爆裂火口と雪のオブジェ、本当の空を見る安達太良山の旅

2018_01_20_安達太良山

2018年1月20日、福島県二本松市にある安達太良山に登ってきました、標高は1,699m。

特徴的な爆裂火口と豊富に湧き出る温泉、

そして山頂からの眺望に磐梯山、西吾妻山、蔵王、飯豊山という数々の名山を持つ場所です。

福島で山というと安達太良山と磐梯山ではないでしょうか、

どちらも東北の方にはとても人気な登山スポットです。

 

紅葉時期が有名な安達太良山ですが、

冬シーズンも登山が可能で、スキー場からのコースは毎年多くの人が訪れているようです。

冬の爆裂火口の景色もまた凄まじいもので、冬の火山ならではの絶景を楽しむことが可能。

そんな安達太良山をぜひ歩いて見たいということで、冬真っ只中の安達太良へ。

 

コースタイムも短く非常に歩きやすい安達太良山、

爆裂火口と本当の空を目に焼き付ける旅の始まりです。

 

CSD_4644-2

雪の安達太良山登山に関して

安達太良山は東北の山となり、冬に歩くにはコンディションが非常に重要になります。

特に冬は日本海側に低気圧がある関係上、奥羽山脈とそれに連なる吾妻連峰や

安達太良山というのは関東の山に比べるとかなり天気が悪い日が続きます。

安達太良山は比較的内陸にあるため晴れる日は多いほうです、

移動性高気圧が東北付近を通過する際に合わせて登山に行くのがおすすめです。

 

冬シーズンは12月から3月、毎月コンディションが変わります、

特に雪が深いのは1月末から2月中旬。

今回歩いたのは1月末のタイミングとなりますが、

山頂にはよく発達した海老の尻尾が無数に転がり爆裂火口以上に特異な景色を見せてくれます。

 

CSD_4698

遠くには凍結した湖、目の前には大地に空いた真っ白な火口。

これこそが冬の安達太良山の醍醐味、

山頂から少し先に歩かなくてはこの景色を見ることはできません。

乳首山で帰る人が多い冬の安達太良山ですが、

もし訪れる際は少し先の爆裂火口側へ向かうことをオススメします。

 

 

1.安達太良山雪山登山に関して

安達太良山へのアクセス

冬季はスキーバスを利用した登山か、自家用車を利用することをお勧めします。 

 

車を利用したアクセス方法(奥岳)

【高速】浦和⇒二本松IC 4,250円/5,670円(ETC/通常)

【高速】二本松IC⇒浦和 4,250円/5,670円(ETC/通常)

合計運賃 8,500円 ガソリン代を合わせると12,000円程度になるのではないでしょうか。

 

安達太良山雪山登山のコースタイム

CSD_1008

スキー場駐車場7:50→くろがね小屋9:15→山頂10:15-10:50→爆裂火口前11:00-11:15→

山頂11:30→ほんとうの空12:10→登山口12:50

合計登山時間 5時間 短い割には濃厚な登山が楽しめます。 

 

この登山で使用したお金

高速往路    1,580円/3,100円(佐野で合流のため浦和→佐野、佐野→二本松)

高速復路    1,580円/3,100円(佐野で解散のため浦和→佐野、佐野→二本松)

ガス代     4,400円

入浴料     600円

行動食     900円

バッジ     500円

ラーメン    900円

合計金額 16,660円 東北は少し遠いので複数人で行くと楽です。

 

この登山で使ったカメラとレンズ 

NIKON D850+AF-S NIKKOR 28mmf1.4E

NIKON D810+AF-S NIKKOR 58mmf1.4G

2018_01_20_安達太良山 | Flickr

 

2.あだたら高原スキー場より登る、冬の安達太良山

DSC_1561

2018年1月20日、安積PA。

一月の東北道からこんにちは、redsugarです。

本日は愉快な山友さん達と福島県の安達太良山に登りますよ、

安達太良山はね、標高は低いけど福島なんで完全な雪山です!!

爆裂火口が真っ白なんですって、楽しみね!これ楽しみね!

 

という事で深夜車を走らせ埼玉から福島へ、

今回は同じく登山ブログを書いてる登山百景さんみやっちさんと共に福島へ向かいます。

ちなみに今回山の国に在住の百景さんと合流するために「道の駅みかも」で朝4時に合流。

東北道側に行くときは道の駅みかもは合流地点としてかなりオススメです。

 

DSC_1562

「喜多方ラーメンが食べたい」

早朝のサービスアリアでラーメンを探すも、ここにあるのは魚介黒醤油ラーメン

福島県でも喜多方ラーメンが食べれるのはもっと内陸側になります。

しかし、東北道を使う場合のオススメのご飯スポットはここ安積と佐野SAかなと思います。

安積はコインシャワーもあるので夏場は重宝しそう。

 

DSC_1565

午前7時15分、安達太良高原スキー場駐車場。

安達太良山の登山口となる安達太良高原スキー場までやって来ました、

一般的な登山口と言えば奥岳側です、沼尻はちょっとマイナーだからな。

僕は沼尻側からしか歩いたことがないので、

こちら側からの安達太良山の景色が楽しみでたまりません。

 

ちなみに夏に歩いた沼尻コースから行く安達太良山の記事はこちら、

湯畑等が見られて安達太良山のイメージが変わります。

www.redsugar.red

 

CSD_4445

本日はみやっちさんと登山百景さんと一緒に上ります、

二人とも僕より遥かに経験値のある方々、速度についていけるか心配です。

 

CSD_4449

スキー場の脇にある登山口をまずは目指します、

早朝のスキー場はがらんとしており誰もいません。

 

トイレ情報

安達太良高原スキー場ですが、一応7時以降であればトイレを使わせてもらえました。

SAでトイレを忘れても最悪安達太良高原スキー場のトイレを利用すれば大丈夫です。


CSD_4450

午前7時50分、奥岳登山口。

冬の安達太良山登山開始です、はるばる福島県までやって来たその成果を見せてくれ!!

 

DSC_1569

「冬の安達太良山は大人気コンテンツなんで、足跡めっちゃついてるから安心して」

というふうに噂には聞いていたが、

確かに結構人が入っているらしくトレースががっつりとついています。

トレースがあるおかげで朝焼けに染まる森の中をさくさく進める。

 

CSD_4453

この辺りの積雪量はまだまだ、

もっと西側の飯豊山で雪が落ちてしまうので太平洋側の安達太良山は比較的雪が少ない。

 

CSD_4456

「登山道」「馬車道」とかかれた二つのルートがありますが、基本的に登山道です。

馬車道はスキー装備の人が歩くのにおすすめな林道のような道になっています。

普通の登山者にはただの長い道になるので、

登山道を利用してショートカットしてしまいましょう。

 

CSD_4459

「……二人とも早い……。」

やはり経験値の差があります、体力の差も感じる、もっと鍛えないとついていける気がしません。

 

CSD_4462

早朝の雪原は空気が滅茶苦茶きれいで美味しい、

心が洗われる景色のお陰でどんどん元気になりますね。

平日の仕事の疲れが洗い落とされて行く感じがするから登山はいい。

 

DSC_1574

樹林帯は短く、すぐに開けた大地が現れるようになります、

この樹林が短いと言うのは奥岳コースのいいところだなと思いました。

 

DSC_1580

午前8時40分、勢至平付近。

樹林帯を抜けるとだだっ広い景色が広がる丘陵地帯に出ます。

乳首の数が3つや5つになったりと、景色がめまぐるしく変わってゆく。

どれが本当乳首なんだという会話はいささかアウトか。

 

DSC_1577

風によって波打つ雪面、雪山はどこを見てもこんな景色がつづく。

夏も好きだけど冬のこういう景色も綺麗で好きです。

 

DSC_1586

巨大な山が見えてきたらくろがね小屋が近づいてきた合図です。

 

DSC_1589

斜面を横切るように道が続きます、足滑らせて谷方面に落ちないように注意。

ここはトレースがないと迷うと思うので、一人で歩くならガーミン等のGPSがあると安心。

 

CSD_4470

くろがね小屋が見えてきました、谷間にある小屋なんですね。

真上の山は鉄山(標高1,700m)で、乳首から周回で沼尻に降りるときに経由しました。

山頂には何もなかった思い出。

 

CSD_4474

小屋で一旦休憩かなと思いましたが、特に疲れているわけでもないので、そのまま進むことに。

 

CSD_4476

午前9時15分、くろがね小屋到着。

通年営業の山小屋で温泉がついている宿泊施設となります、

贅沢な登り方をするのであれば、ここに宿泊して安達太良山を歩き回るのがいいでしょう。

料金は一泊6,500円ほどでアルプスなどに比べると非常にリーズナブルです。

 

CSD_4478

FUKUSHIMA 1982って書いてあるのかな?

温泉に入りたいけど早朝だったために営業している雰囲気がありませんでした。

若いうちにこういう宿を巡る旅をしておけばよかったなという後悔があります。

 

3.雪の火山は壮大なスケール

CSD_4480

くろがね小屋からは安達太良山本体に一気に登ることになります、

結構な斜度の道を一気に登って稜線を目指します。

風が強いのか雪はそれほど積もっていません。

 

DSC_1592

荒涼とした火山の地面が場所によっては見えている、風の通り道であることと

西にある飯豊山のお陰で雪が少ないんでしょうね。

 

CSD_4488

くろがね小屋登るとカール状の景色を沢山見ることができます、

スキー場側よりもこっちの方が景色のバリエーションがあっておすすめ。

 

DSC_1594

ひたすら登る。

 

DSC_1597

登山百景氏はもちろん、みやっちさんもパワーがあるのでずんずん先に進みます、

最後尾で撮影しながら追いかけるのが精一杯です。

 

CSD_4494-2

ハイキーで撮るとメルヘンな中にも寒さが滲んだ景色が撮れ……ません!


CSD_4499

スキー場側から登ってきた人たちが谷を挟んで反対側の稜線に見えます。

あっちは登りが単調な感じがあるので、下り利用の方がいいかなと思いました。

 

CSD_4504

雲が出て来て焦るも太平洋側へすぅーっと流れていき事なきを得た。

この日は西から低気圧が近づいており、正午付近を境に曇るという予報でした、

なので午前が勝負です。

 

DSC_1603

標高が上がり雪も気持ちいい質感になりました、

雪も少ないと思っていましたが、ここまでくると緩やかな斜面にたっぷり積もっている。

 

CSD_4520

雪原のトレースを歩く二人は非常に絵になる。

撮影するためだけに斜面を登ったり降りたりして疲れたのは言うまでもない。

 

CSD_4528

安達太良山の景色は山に詳しくない人に

「これ仙丈ヶ岳のカールだよ」と言ったら騙せそうな景色です。

それだけスケールが大きい。

 

CSD_4531

斜面には冬季シーズン用のガイド棒が刺さっており、それを目印に歩きます。

谷川岳とかだとよく雪に埋もれてよくわからなくなってるやつですね。

 

DSC_1610

真っ白な雪面と青い空が続く。

 

DSC_1613

雲がどんどん大きくなる、稜線の向こうの天気がとても気になってきました。

登って西側曇天でしたーじゃ話にならないのでマジで焦る。

 

CSD_4540

午前9時50分、蜂の辻到着。

乳首が見える蜂の辻に到着しました、山頂はもう少しです。

ここで水を軽く補給して、山頂までの登りを一気に歩くことにしました。

 

CSD_4542

まずは大きな谷を越えます、ここがかなり楽しい。

童心に戻ったのか走り出す百景さんが印象的でした。

東北の山にあまり来たことないらしいのでテンション上がったんだろうか。

 

CSD_4547

ここから先は「目標は乳首」です。

乳首山を目指してひたすら登る、言葉にするとなんかひどい。

乳首に行きましょうと声を掛け合う男性パーティーの無言の結束。

 

CSD_4551

先ほどのカールを渡る登山者が1名いました、

向こう側のルートを使うと最初に爆裂火口に到達し、

山頂を経由して下山できるという綺麗な周回登山が可能になるようです。

 

僕らの歩いたルートだと山頂から爆裂火口まで往復しなくてはなりません、

地味にめんどいのです。


DSC_1633

乳首をつまむ30代男性の図。

わかる、安達太良山に来たら誰しもやりたくなりますよね。

 

DSC_1640

僕もつついてみました、ドキドキするぅーーー!

山の青春がいまここに、ちょっと高嶺のあの子(身長1,700m)の胸にタッチ!

 

DSC_1642

アホなことしてないで進みます。

 

さっき見えていた登山者が順調に雪の中を歩いてゆく、絵になるなぁ。

しかしあそこを一人で歩くのは結構勇気がいりそう。

 

DSC_1648

乳首に向かってひたすら歩く登山者達。

山頂が近づいてきたので地面の雪も大分変わってきました。

雪の質感は乾燥しており、密度が非常に濃い積雪に変わっていて、地面はとても締まっています。

 

CSD_4565

サクサクと硬い雪はアイゼンがよく聞きます、まるで圧雪されているような状態でした。

 

CSD_4566

大きなシュカラブが斜面を多い尽くします。

 

DSC_1656

雲もすっかりとれて、快晴の安達太良山をひたすら歩き続ける。

山頂直下のこの登りが結構長かったのを覚えています。

 

CSD_4570

広大な斜面に描かれる波模様、風の芸術が地面に描かれている。

雪国か山でなくては見れない静かな世界です、

時折吹く風にのってキラキラと輝く雪の粒子が美しい。


CSD_4575

吹き上げてくる風が足元の粉雪を舞い上がらせ、

ダイアモンドダストのような光のスパンコールが辺りに舞う。

 

DSC_1666午前10時15分、安達太良山乳首到着。

稜線に出ればそこはもう山頂です、短い登りでしたがお疲れ様。

ここから先は安達太良山の稜線と、風の織り成す芸術品を楽しむ時間です。

 

CSD_4603

「それでは早速… …」

安達太良山山頂より上の乳首に登ります、冬も乳首には登れるのですが

落ちるととてもいたいと思うので注意して上りましょう。

 

CSD_4608

記念撮影、何故登山百景氏は正座したのだろうか、

乳首にたいしての最大の敬意だったのだろうか。


CSD_4601

乳首はささっと登ることができます、山頂の祠は海老の尻尾がついてなんかすごいことに。

 

DSC_1675

乳首から見る爆裂火口方面、船明神山が真っ白になっています。

爆裂火口は船明神山の反対側となり、山頂からは見えないので注意。

 

遠くに磐梯山もきっちり見えている状態ですね。

西側からすごい勢いで低気圧が迫ってきているので先を急ぎたいところ。

 

DSC_1692

山頂ダッフィーin冬のあだたら。

そろそろ彼らは日本一山に登ったダッフィーになったんじゃないでしょうか?

 

DSC_1695

山頂の雪は強風の影響で海老の尻尾の子供がいたるところに生まれています。

これが地面や雪の表面のテクスチャとしてあたりを埋め尽くしており

夏とは全く違う異形の景色を生み出すのです。

 

CSD_4591-2

「なんか地面も毛羽立ってて気持ち悪いな……」

初めて見る地面の模様に驚きました、安達太良山はこれまで登ったどの山とも景色が違う。

 

CSD_4613

乳首から降りた後、安達太良山の中心とも言える爆裂火口を見に行くことにしました。

爆裂火口は鉄山側に位置しているため山頂からは少し歩かなくてはいけません。

 

冬季は山頂で引き返す人が多いのですが、安達太良山の評価ポイントは爆裂火口です。

山頂から少し歩けば見ることができるので是非とも歩いていただきたい。

 

CSD_4616

乳首から降りて爆裂火口に向かう途中、乳首を振り返ると……。

めっちゃかっこいい山の景色がそこにはありました。

「宝剣岳に似てますね!」と話す二人ですが、僕はこの時点では宝剣岳を見たことがなく。

木曽駒の宝剣岳=安達太良山の乳首のでかいやつという認識なりました。

 

その後、シーズン最後に木曽駒ケ岳を歩き宝剣岳を見ることができました。

確かにこの角度から見る乳首は似ている部分があるなと思います。


CSD_4627

安達太良山の山頂は乳首、ということでよく話題に上がりますが。

冬に見る山頂はめちゃくちゃかっこよかった覚えがあります、鉄山側から見ると

安達太良山の山頂はとても尖っていてかっこいいのでオススメです。

 

CSD_4644

乳首を背に歩く、この辺で地面の雪質がそれまでと全く違うことに気がつく。

そう、山頂より先の稜線はまさしく風の通り道……。

地面を支配するのは雪ではなく氷だったのです、足元にある無数の氷のオブジェの間を

縫うようにして進んで行きます。

 

CSD_4653

爆裂火口はもう少しということで先へ進む、奥へゆくほど風が出てくる。


CSD_4649

船明神山への稜線は若干谷川主脈のような雰囲気を持っている。

そして地面、西から東へ吹き抜ける風の影響で均一な方向性を持ったオブジェが並ぶ。

 

DSC_1711

「え、これえびのしっぽですか??」

安達太良山の爆裂火口周辺で驚いたのはこの超巨大えびの尻尾だ。

今までいろんな雪山を歩いてきたけどこんなのここでしか見たことない。

冬の乗鞍岳、木曽駒ケ岳にも似たものはあったけどこんなに巨大ではなかった。

 

この安達太良山の稜線には1メートル以上のこんなえびの尻尾がゴロゴロしている。


CSD_4658

「いやぁ、すごい、なんだかカニのむき身みたい!」

登山百景さんがカニのむき身というからなんかそう見えてくる、生き物のような造形。

山頂の岩という岩全てにこの生命体は寄生していた。

 

CSD_4661

どこから見ても巨大で見応えがある。

冬の安達太良山の醍醐味は爆裂火口とこのえびの尻尾のおばけだろう。

 

CSD_4664

いろんな角度からえびの尻尾のおばけを撮影して楽しんでした。

 

CSD_4668

西側を見れば船明神山への稜線が続く、沼尻登山口から登ると必ず通るのが船明神。

登っているときは常に左手に爆裂火口の景色があるいいコースだった。

次回も夏登るのであれば沼尻コースから登ると思う。

 

CSD_4677

地面の模様は乳首とはまた違い、細かな細胞片みたいなものが広がるものだった。

こういうの苦手な人もいるんだろうなとふと思いながらシャッターを切る。

 

そして顔をあげるとついに爆裂火口とご対面となった。

 

4. 冬の爆裂火口、安達太良山の冬景色ここにあり

CSD_4671

午前11時00分、牛ノ背(爆裂火口前)到着。

爆裂火口の展望台、牛ノ背に到着しました。

目の前に現れる爆裂火口は雪で覆われて真っ白、中心部の沼ノ平は雪原になっています。

この隕石が落ちた後のクレーターのような景色こそ安達太良山の突飛つすべき景色。

これを見ずに帰るわけには行きませんでした。

 

CSD_4682

鉄山、胎内岩方面は真っ白な稜線、あっちはあっちで楽しそう。

避難小屋方面は特に傾斜がきついわけではないので、鉄山さえ越えればいけそうですね。

 

CSD_4686

船明神の稜線がよりはっきりと見える、船明神の火口側は崖のようになっていて

稜線沿いの道は大変迫力があったことを覚えています。

 

DSC_1730

肉眼で見たその爆裂火口は凄まじい迫力、標高はそこまで高くない安達太良山ですが。

火山特有の雄々しい景色を眼前に見せつけてくれました。

 

CSD_4700

撮影ポイントはいくつかあるのですが、小高い丘になってるスポットがあるので

そこから見渡すとあたりを一望できてオススメです。

しかし山頂付近で雪深いはずなのに直下は土が見えているところも。

おそらく風が強くて雪がつかないんでしょうね。

 

DSC_1775

こっちを歩いて見たい気もするが、下山ができなさそう。

向こうにもスキー場があるのですが、GPSとラッセルが必要なようです。

 

CSD_4724

指導標はえびの尻尾でとんでもないことになっている。

 

DSC_1781

尻尾の周りを駆け回る無邪気な30代男性登山百景氏。

この日は寝不足でありながら山の中ではかなり楽しそうにしていた。

登山やってると山の中ではみんな普段の数十倍元気になるんだと思う。

 

CSD_4728

カニのむき身と爆裂火口を見たら下山開始です。

これでもかというくらいシャッターを押したのでもう十分。

こんな巨大なえびの尻尾も見れたし大満足です。

 

CSD_4733

山頂である乳首まで戻ります。

片道10分ほどの道のり、その道中には風の造形がいたるところに転がります。

 

CSD_4741

歩いてゆく二人を見届ける。

いや、なんか撮れるかなと思って見てたけど特に何も撮れなかったので急いで追いかけました。

 

5.下山、本当の空は自然豊かな空のこと

CSD_4749

山頂直下のトラバースはなかなか苦労するところです、トレースは基本ありません。

なので自分で滑らなそうなところを見つけて歩いてゆくしかありません。

 

DSC_1795

山頂を過ぎたあたりで太陽が雲に隠されてしまいました。

下山に入っていたので三人とも無心で歩き続けることに専念します。

 

DSC_1796

安達太良山から見る二本松や福島には全く雪が積もっていないようでした。

 

山形に住んでいた頃、山形には雪が積もっていても仙台は全く雪がないことが多く。

奥羽山脈でいかに雪が降りてしまうかというのを身を以て教えられた思い出が蘇る。

 

CSD_4755

スキー場側の下山はかなり楽です、登り一辺倒なので下りで使うと非常に早い。

視界は開けていて開放感はあるけど、ずーっと山頂が見えてるパターンなので辛そう。

 

CSD_4760

午後12時10分、薬師山山頂。

「あ、ほんとうの空だ……」

安達太良山といえば智恵子抄、安達太良山といえば本当の空、リアルスカイです。

前回の安達太良山登山の際は沼尻鉄山周回登山を行なったため

智恵子抄の一節を見ることなく終わりました、それが心残りだったけど

今回無事それを回収できて大満足です。

 

DSC_1805

これが本当の空だっ!と意気込んだもののあいにくの空模様。

青空がある部分を頑張ってみんなで撮影しようと必死でした。

 

DSC_1807

薬師山からはスキー場に降りてスイスイ下山となります。

九十九折の登山道をすごい勢いで降りてゆく二人を追いかけるので必死でした。

 

CSD_4768

午後12時30分、スキー場ゲレンデ到着。

ゲレンデに降りてきました、ここからシリセードで降りようかなと思ったのですが

シリセードのしすぎによるダメージを受けているパンツを着用しており。

これ以上の尻の酷使はパンツの断裂につながるという判断から歩いて降りることになりました。

 

CSD_4770

午後12時45分、登山口到着。

なんと午後1時前に登山口に帰ってこれてしまいました、

奥岳から登る安達太良山ってこんなに登りやすいのかと感動を覚えました。

このコースタイムなら雪山経験の最初の方にはぜひオススメなんじゃないだろうか。

 

CSD_4772

さて、下山後は温泉ですが奥岳の登山口には「奥岳の湯」という温泉が併設されています。

下山即温泉という最高の贅沢が許されているのでもちろんこちらに入浴。

 

DSC_1809

「あれ、沼尻の温泉に比べると全然臭くないし普通だ……」

温泉の泉質は岳温泉ということで沼尻と変わらないと説明を受けましたが……

沼尻側で入った温泉に比べるとかなり普通の温泉でした、なんでだろう?

 

沼尻の田村屋旅館で入ったお風呂はお湯がめちゃくちゃ酸っぱくて、

そしてすごい硫黄臭でまさに温泉という感じがした覚えが。

奥岳の温泉よりは僕は沼尻側の温泉の方が好きだなーと感じる一コマでした。

 

DSC_1810

下山後の牛乳も完備されている、大丈夫だ問題ない。

 

DSC_1813

お風呂に入った後は東京への帰路につくわけですが、どうしてもラーメンが食べたくなり

二本松市街のラーメン屋へ、無事喜多方ラーメンではない普通のラーメンを食べて帰りました。

 

喜多方ラーメンを食べれたのは二月末の西吾妻山登山のこととなるのでした。

冬の安達太良山登山、完ッ!!

 

6.まとめ

CSD_4698

冬の安達太良山は登りやすくていいところ。

1月に歩いた安達太良山ですが、雪シーズンとしてはベストな時期だったと思います。

特に爆裂火口周辺のえびの尻尾の発達具合などは目を見張るものがあり

雪が多すぎてもダメだし、雪がなくてもダメ、絶妙なタイミングが求められたと思います。

 

山自体は非常に歩きやすく、スキー場からのピストンであれば安心して楽しめそうです。

 

CSD_4627

安達太良山の乳首はスキー場から見るのと牛ノ背から見るのでは随分と印象が変わります。

牛ノ背から見る貫禄のある姿は素晴らしく、また冬の時期に来たいと思わせてくれるものでした。

 

CSD_4733

風が非常に強い山であるため、天候には最新の注意が必要です。

しかし、1月中盤から2月末の間に必ずどこかで無風快晴の日があるはずなので

そのタイミングをうまくつかむことができれば、最高の景色が約束されます。

 

関東、北関東、東北にお住いの方には

ぜひともオススメしたい冬シーズンの登山スポット安達太良山。

白い爆裂火口と強風が作り出す雪のオブジェは必見です。


人生最高の山は続く。


安達太良山の地図はこちら

東北の山 (ヤマケイアルペンガイド) (ヤマケイ・アルペンガイド)

東北の山 (ヤマケイアルペンガイド) (ヤマケイ・アルペンガイド)

 

 

この登山で役に立ったアイテム

BLACKDIAMOND(ブラックダイヤモンド) フリーライドバスケット BD42090 レッド

BLACKDIAMOND(ブラックダイヤモンド) フリーライドバスケット BD42090 レッド

 

ストックにスノーバスケットをつけ忘れた方をよく見ます、予備を持っていても困らないです。

 

イスカ(ISUKA) ドライ マップケース ブラック 330901

イスカ(ISUKA) ドライ マップケース ブラック 330901

 

ほぼ夏道を歩くので山と高原地図が有効です、マップケースがあるととても便利。

 

GRIVEL(グリベル) エアーテック Jクラシック

GRIVEL(グリベル) エアーテック Jクラシック

 

アイゼン必須です、標高は低いですが東北の山なのでなめてはいけません。 

 

こちらの記事もぜひご覧ください