Red sugar

初心者向けの登山情報を扱った登山ブログ、山と写真とカメラの情報をお届けします

【関東】甲州高尾山、甲斐の高尾山から眺める絶景とぶどうの里を味わい尽くす旅

f:id:sakemaro:20150417001445j:plain

4月はなかなか晴れません、特に最初の二週間は雨が続き悲しい思いをすることになりました。

数少ない晴れ間に、今しか見れない絶景を見に行く旅はいい物です。

一年で土日が晴れる日って一体幾つあるんだろう…?

人生は一度きりで、その場所に居れるのは一度しかありません。

そう考えた時、山は逃げるから行ける時に行くということを心に決めました。

山に限らず、時間は前にしか進まないので何事もタイミングを逃さないようにしたいです。

 

さて、今回は大月から少し先にある勝沼ぶどう郷駅にある【甲州高尾山】に行ってきました。

山火事で展望が開けた不運な山ですが、そこには今しか見れない絶景が広がっていました。

 

登山のお誘いは突然に、普段からどこにいくかを考えているのですが

本来この日は岩殿山に行こうかと考えていました、そんな中veryblue氏からの突然の連絡。

「週末は何処へ?」

突然の連絡ですが俄然テンションが上がります、

結局岩殿山に行くなら甲州高尾山に一緒にいこうという話になり今回の旅が結構されることとなりました。

 

今回のコース

勝沼ぶどう郷駅8:10→棚横手山9:36→撮影30分→休憩1時間で11:30分発→

甲州高尾山11:40→大善寺13:00→大日影トンネル13:30→ぶどうの里15:00→

勝沼ぶどう郷駅16:34で帰る

山自体はすぐ終わるので観光地であるトンネルにもいきました、

結局撮影会で遊びまくってたら時間がいつも通りくらいになってた。

 

f:id:sakemaro:20150417001502j:plain

始発の一本後の電車で立川へ向かいます、今日もスポーツクラブの外壁を登るクライマーは元気だ。

 

f:id:sakemaro:20150417001510j:plain

立川で【甲府行き】【高尾行き】の区別がつかず、高尾行きに乗ったまま出発する

というアクシデントに見舞われましたが、なんとか八王子で乗り換えてveryblue氏と合流出来ました。

危うく【ノーマル高尾山】に連れて行かれるとこだったぜ…。

皆さんも気をつけましょう。

 

f:id:sakemaro:20150417001542j:plain

電車に揺られて勝沼ぶどう郷駅に到着です、ここまで来たのは初めてだ…。

あったかくなったら大菩薩嶺に行こうと思い購入していた地図が役に立つとは。

駅自体が桜の名所であるということで、桜が非常に沢山植えられていました。

鉄道と桜をカメラに収めようとする鉄っちゃんが沢山居ました。

 

f:id:sakemaro:20150417001547j:plain

目の前には壁のように立ちはだかる南アルプスの山々。

駅を出たらタクシーに乗って登山道スタート地点のお寺に向かいます。

この日はveryblue氏と氏の知り合いのゆうちゃんとの3人で登ります。

 

f:id:sakemaro:20150417001552j:plain

登山口までは2100円でした、なるほど何人かできたほうがいいわけだ。

 

f:id:sakemaro:20150417001617j:plain

前日までの雨の影響か、草木は水で濡れている。

水をまとった植物は魅力的です、水をきれいに写すことが出来るレンズが欲しい 。

 

f:id:sakemaro:20150417001653j:plain

立派な門です、朱色の門を潜って奥へ進みます。

 

f:id:sakemaro:20150417001724j:plain

なんか石碑が折れてる。

 

f:id:sakemaro:20150417001721j:plain

小さな滝が流れていました、奥には大きな滝も流れています。

立地的にはミニサイズの那智といったところか。

 

f:id:sakemaro:20150417001741j:plain

この寺社の奥から登山道がスタートします、しかし立派な寺社建築。

 

f:id:sakemaro:20150417001804j:plain

なんかすごい…、雰囲気があります…。

 

f:id:sakemaro:20150417001818j:plain

お参りして、この旅の安全を祈ります。

 

f:id:sakemaro:20150417001839j:plain

奥の滝は結構な水量があるようです、そしてかなりの高度から水が出ているのがわかる。

どこからあんなに水が湧いてくるんだろうか、

岩の合間から直で水が吹き出して滝になっているようなので近くで見てみたい…。

 

f:id:sakemaro:20150417001902j:plain

何かの拍子に倒れてしまったのだろうか、境内は神秘的な雰囲気に溢れています。 

 

f:id:sakemaro:20150417001853j:plain

ひんやりとした檜の林、午前中に歩くととても気持ちがいいです。

 

f:id:sakemaro:20150417001922j:plain

しかし前を歩くのは旅人ガチ勢、頼もしいけど出来ることなら北アルプスとか八ヶ岳に一緒に行きたい。

 

f:id:sakemaro:20150417001944j:plain

春が芽吹いている、こう…マクロで撮ると透明感があるのがわかるのですが

新芽って甘そうに見えて困る、食べれるわけがないのですが。

 

f:id:sakemaro:20150417002007j:plain

境内から稜線に向かう途中で服を脱ぎます。

 

f:id:sakemaro:20150417002035j:plain

二人が服を脱いでいる間、薄着の僕は写真撮ってました。

花粉症な僕ですが、おそるおそる花粉を出しそうな固まりを写真に収めてみました。

これ…なんだ??

 

f:id:sakemaro:20150417002049j:plain

南アルプスで興味があるのは地味に日向山だったりします、美しい水場で泳ぎたい。

 

f:id:sakemaro:20150417002217j:plain

全員カメラ持ちなので、撮り合いです。

 

f:id:sakemaro:20150417002058j:plain

登山道には凄い数のピンクテープが…、こんなにあったら逆に方向がわからなくなりそう。

 

f:id:sakemaro:20150417002114j:plain

下には滝とお寺が見えます、なんか中国とかの山水画に出てくるような風景。

 

f:id:sakemaro:20150417002152j:plainまずは標高1300mの棚横手山を目指します。

 

f:id:sakemaro:20150417002237j:plain

さすがに二人とも歩くのが早いので、僕は後ろをずっとついていきます。

 

f:id:sakemaro:20150417002307j:plain

歩き易くてとてもいい山だと思います。

 

f:id:sakemaro:20150417002341j:plain

北側斜面から稜線に上がった時、それは見えます…。

 

f:id:sakemaro:20150417002517j:plain

ふじさーーーん!

一気に展望が開けます、逆側は見ての通り木が全くない!!

 

f:id:sakemaro:20150417002544j:plain

逆側は棚横手山方面、あれ…車道がある!?

とりあえず富士山は後に残しておいて、ピークに向かうことにします。

 

f:id:sakemaro:20150417002602j:plain

山火事に何度も見舞われた山だからか、怨恨や憎しみと行った感情を感じさせるポスターが。

 

f:id:sakemaro:20150417002713j:plain

富士山側の展望の良さは火事によってもたらされた物です、

一応植林は行われていたので、この景色もしばらくすると見えなくなってしまうのでしょう。

 

f:id:sakemaro:20150417002753j:plain

見事に稜線の右と左で雰囲気が違う…。

 

f:id:sakemaro:20150417002844j:plain

山火事の傷跡は未だに癒えず、その辺の木にはこげ跡がついていました。

 

f:id:sakemaro:20150417002819j:plain

出発から1時間半くらいで棚横手山に到着です!

 

f:id:sakemaro:20150417003027j:plain

富士山の展望はよし、富士山は景色に入るだけで必ず絵になるからいい。

 

f:id:sakemaro:20150417003212j:plain

veryblue氏のブログでよく見るジャンプ写真、氏の飛びっぷりにはなかなか届かず。

 

f:id:sakemaro:20150417003236j:plain

四阿山に引き続き富士山に挑戦的なポーズをとる人々。

何か恨みがあるのだろうか。

 

f:id:sakemaro:20150417003328j:plain

ちなみに普段の撮影はこのような感じのようです、凄い飛びっぷり。

 

f:id:sakemaro:20150417003349j:plain

遊んだので甲州高尾山に向かいます。

 

f:id:sakemaro:20150417003411j:plain

丸太の上を歩いて滑るveryblue氏、

五竜岳の記事とか見てると何回か死んでてもおかしくない人だけどバランス感覚がいいんだろうな。

 

f:id:sakemaro:20150417003456j:plain

棚横手山と甲州高尾山の分岐に戻りました、富士山がよく見えるのでここでも撮影をすることに。

とりあえず反対側の撮影ポイントに一人ずつ全力疾走で向かいます。

 

f:id:sakemaro:20150417003507j:plain

僕のカメラではこんな風に撮影出来ませんが、単焦点のみだから。

veryblue氏のズームレンズで撮るとこんないい感じに、富士山でかいですね!

 

f:id:sakemaro:20150417003523j:plain

ちなみに僕側から撮影班を見るとこんな感じです、遠い。

 

f:id:sakemaro:20150417003740j:plain

おもしろおかしく走るゆうちゃん。

 

f:id:sakemaro:20150417003816j:plain

Y字バランス的なことをしているのはわかる。

 

f:id:sakemaro:20150417003858j:plain

Veryblue氏は服を脱ぎ捨てて上に投げ飛ばしていました。

こういうときに35mmだけだと困るので、70mmくらいの中望遠レンズも欲しい所。

 

f:id:sakemaro:20150417003915j:plain

見晴らしのいい稜線を歩いて行きます、なんか近くにある大菩薩嶺みたいな雰囲気とのこと。

大菩薩嶺はまだ行ったこと無いので早くデビューしたい所です。

 

f:id:sakemaro:20150417004013j:plain

南アルプスだけは本当に近いですね。

甲州高尾山に到着する前に稜線の上でご飯を食べることにしました。

しかし、さっきからHISかクラブツーリズムの団体客で稜線は大混雑…

 

f:id:sakemaro:20150417004301j:plain

風の弱い場所を選んでご飯にします、山の上で食べる果物はおいしい。

ということだったので、ぶどうを持参しました。

 

f:id:sakemaro:20150417004320j:plain

ゆうちゃんはおでん二袋を調理です。

 

f:id:sakemaro:20150417004328j:plain

そしてveryblue氏はなんとお手製のピザを作ってきてくれました!!

 

f:id:sakemaro:20150417004405j:plain

山の上でピザを食べれるなんて最高だな…、僕もフライパン欲しくなりました。

 

f:id:sakemaro:20150417004518j:plain

ご飯を食べてお腹を満たしたら甲州高尾山に移動です。

 

f:id:sakemaro:20150417004616j:plain

ご飯ポイントから10分経たないうちに到着してしまいました…。

甲州高尾山とはなんだったのか…、棚横手山がメインじゃねーか!

 

f:id:sakemaro:20150417004714j:plain

甲州高尾山も歩けたので、大善寺に向かって歩きます。

山の上を走っていた車道の所ではツアー団体客がご飯を楽しんでいました。

 

f:id:sakemaro:20150417004707j:plain

麓の寺に向かって下山開始です。

 

f:id:sakemaro:20150417004756j:plain

南側斜面は唐松が芽吹き始めていました。

こういう写真を撮るとき風が出てると凄い難しい…

 

f:id:sakemaro:20150417004826j:plain

まるで2人一組のように息ぴったりで歩く二人。

 

f:id:sakemaro:20150417004857j:plain

途中こんな河川敷の散歩道のような平坦な道も現れます。

 

f:id:sakemaro:20150417005027j:plain

途中現れたあのキノコ…、どうやら調べた所ヒトクチダケというサルノコシカケらしい。

 

f:id:sakemaro:20150417005045j:plain

食用には向いていないようです。

 

f:id:sakemaro:20150417005114j:plain

下り道は結構急です、タクシーを使えない場合はこちらの道を上がることになると思うのですが…。

つづら折りの急な坂道を上がるのでお勧め出来ません。

 

f:id:sakemaro:20150417005152j:plain

鳥獣保護区画の門を開ければ寺はもうすぐ。

 

f:id:sakemaro:20150417005231j:plain

しかし、その前に現れたのは満開の桜である。

 

f:id:sakemaro:20150417005432j:plain

今年は何回も桜が見れて幸せ者である、これも山旅してるからだなぁ…。

 

f:id:sakemaro:20150417005529j:plain

この時期は小さな花も沢山生えています。

 

f:id:sakemaro:20150417005730j:plain

さすがにお寺です、あらゆる草木が植えられています、山に登った後に観光まで出来るなんて贅沢。

 

f:id:sakemaro:20150417005811j:plain

岩から出てきた蛇のようなドラゴン。

 

f:id:sakemaro:20150417005852j:plain

お寺の中では数人の方がお参りをしていました、かなり立派なお寺ですね。

 

f:id:sakemaro:20150417005831j:plain

境内には梅やツツジ、水仙と行った花が、極楽浄土をイメージしていたりするのだろうか?

 

f:id:sakemaro:20150417005939j:plain

観音様の頭の上に乗っているのはなんなんだろう…?

 

f:id:sakemaro:20150417005921j:plain

絶 対 土 足 厳 禁 !

 

f:id:sakemaro:20150417010156j:plain

寺を後にし、本日もう一カ所の目的地「大日影トンネル」に向かいます。

 

f:id:sakemaro:20150417010216j:plain

下山後なのですが、かなり急な下りで足が疲れているので

緩やかであっても登り返しがあると大変です。

 

f:id:sakemaro:20150417010239j:plain

大善寺から30分ほど歩くとトンネルが見えてきました。

トンネル到着後いったん休憩をしていると聞こえてくるバスのエンジン音…

そして降りてくるおびただしい数の団体客。

 

f:id:sakemaro:20150417010322j:plain

僕らが車で僕ら以外誰もいなかったトンネルですが、一気に人で溢れました。

さすがにテンションダウンです…。

 

f:id:sakemaro:20150417010357j:plain

人がトンネルに吸い込まれて行くのを見届けて、人が減ったのを確認してから突入開始です。

 

f:id:sakemaro:20150417010344j:plain

トンネル内部は観光地化されているため結構明るいです、所々には彫刻が置いてありました。

 

f:id:sakemaro:20150417010427j:plain

1905年付近の遺構ということなので雰囲気があります。

このレンガの積み方は長いのと細いのが交互になっているのでイギリス式??

 

f:id:sakemaro:20150417010503j:plain

こういう所ではISO感度を100にして三脚を使った撮影をやってみたい!

というわけでこの旅行の後Amazonで三脚を購入しました。

結構長いトンネルであることがわかるであろうか?

 

f:id:sakemaro:20150417010529j:plain

ここでveryblue氏がライトを使って絵文字を書き始める。

 

f:id:sakemaro:20150417010520j:plain

うん、山好きだよ、山。

 

f:id:sakemaro:20150417010554j:plain

トンネルで撮影会をしまくる3名。

 

f:id:sakemaro:20150417010606j:plain

オーラをまとう俺。

 

f:id:sakemaro:20150417010619j:plain

散々遊び倒して30分ほど時間をつぶしてしまいました、

トンネル自体はかなり長かったので反対側まで20分くらいかかりました。

 

f:id:sakemaro:20150417010649j:plain

トンネルをくぐり抜けると隣のトンネルから中央線が!!

この路線はあずさも通るので本当に撮り鉄が多い場所らしいです。

 

f:id:sakemaro:20150417010655j:plain

電車が置いてある公園を越えて駅まで戻り、温泉へ向かいます。

 

f:id:sakemaro:20150417010756j:plain

駅前には芝桜が咲いていました、できることなら丘一面の芝桜を見てみたい。

 

f:id:sakemaro:20150417010810j:plain

ずいぶん可愛いフォント、なぜPOP体なんだろう。

 

f:id:sakemaro:20150417010830j:plain

駅を越えて「ぶどうの里」に向かいます。

噴水の頂上はぶどうを持っていました、ちょっと面白い。

 

f:id:sakemaro:20150417010854j:plain

ぶどうの里では大量のワインが売られていました、さすがワインの産地。

ワインが好きなので一本くらい買っておくんだった…。

 

f:id:sakemaro:20150417010920j:plain

今回は「ぶどうの里 天空の湯」に入ります、露天風呂からの展望が良く

南アルプスと富士山を眺めながら湯につかるのはとても気分が良かったです。

 

f:id:sakemaro:20150417010919j:plain

従業員用ではなくプライベートらしい。

 

f:id:sakemaro:20150417011004j:plain

温泉にも入ってスッキリしたので、帰路につきます。

甲府でドテ煮を食べるかどうかを協議しましたが、お店が休みとのことだったので

立川まで出て反省会を行い、今日の山行は終了となりました。

 

 

f:id:sakemaro:20150417011102j:plain

甲州高尾山という普通の人は行かないようなマイナーな場所かと思いますが

抜群の展望と、登山後のトンネル観光が組合わさることにより、充実した一日を過ごすことが来ました。

登山時間もそんな長いわけではないので、

登山初心者を連れて行く場合などにはもってこいの場所かと思います。

 

一つ注意するとしたら、帰りのご飯を食べる場所はあらかじめ調べておくのが良いかと思います。

 

地図は地味に大菩薩嶺編に載っています。

山と高原地図 大菩薩嶺 2016 (登山地図 | マップル)

山と高原地図 大菩薩嶺 2016 (登山地図 | マップル)