MENU

【奥多摩】海沢渓谷、奥多摩随一の滝と渓流ひしめく道、写真が楽しくなる奥多摩の山へ

2018_09_17_海沢渓谷

2018年9月17日、奥多摩にある海沢渓谷から大岳山に登ってきました。
海沢渓谷は美しい渓流と滝が特徴的な登山道です。
奥多摩にしてはとても巨大な滝があるということを聞いていた登山道で
いつか歩きたいなと考えていたのですが、この後写真の練習で
一人で何度も訪れるとは思いもしない場所となりました。

今回は海沢渓谷で写真の撮影を楽しんだのち、久々の大岳山から鋸尾根を利用して
奥多摩駅に下山するという登山行程を歩みます。
奥多摩の山といえば渓流を楽しめるようなところはそんなにないと思っていたのですが
この海沢渓谷ー大岳山ルートは水にあふれたマイナスイオンたっぷりな登山が
楽しめるので奥多摩を訪れる多くの人にお勧めしたいと思えるコースです。

仕事に疲れた、家族に疲れた、人生に疲れた、上京してきて都内で暮らしているとストレスが知らないうちに溜まっていく、そうしていつか擦り切れてしまうのではないかという恐怖、そんな不安なときに、子供の頃遊んだあの自然に、冒険に行きたい。

そんな時にお勧めな、奥多摩は近くて遠い東京の自然。
休日に立川まで出向いて奥多摩行きの電車に乗るだけでたどり着けます、
海沢渓谷はそんな奥多摩行の選択肢の一つとして見てみてください。

それでは早速行ってみましょう、奥多摩写真撮影登山の旅です。

20180917-DSC_0225

滝、川、海沢渓谷!

渓流沿いを歩くとマイナスイオンにあふれていて気持ちがいい、
いや、マイナスイオンが何かとかプラシーボとかはいいんです。

川苔山とこの海沢渓谷の楽しさは冒険感を気軽に楽しめる
渓流沿いの登山道の楽しさにあると思っています。

撮影目的で歩いていたとしても、ネジレの滝から先の大滝に向かうまでの道とかは
山歩き感に溢れていて、自然と歩くのが楽しくなります。
川沿いの岩を飛び越えながら、川に落ちないように進むなんていう
子供時代のような遊びだってできるわけです。

20180917-DSC_5698

景観でいうと何箇所か撮影スポット的な場所がここには現れます、
ネジレの滝は代表的なものですが、それ以外にも一つ前の画像の大滝などがあります。

海沢渓谷自体は車で入り口までこれてしまうので、
ネジレの滝までやろうとすれば30分もかからずにやって来ることすら可能です。

ストレスを吐き出しにゆっくり歩くもよし。
撮影を自分に義務付けて必死に歩くもよし、
そのどちらでも割とかんたんに歩くことが出来る優しさに満ち溢れた登山道です。

ただし、入り口までの道のりは遠く、つまらないと思うかもしれません。
そして途中のトンネルはちょっと雰囲気よくないので、
徒歩で向かうときはお気をつけください。

1.海沢渓谷から大岳山登山について

海沢渓谷登山口へのアクセス

【朝活するなら車しか選択肢はない】

海沢渓谷入り口は奥多摩アメリカキャンプ村の先にあります。
海沢園地と呼ばれる場所がナビに登録されている場合はそれを利用してください。

【登山をして気持ちよく帰る方法】

大岳山登山を行う場合は白丸の駐車場に車を止めて、海沢園地に歩いて向かう必要があります。
電車で向かう場合も白丸駅から歩いて登山する形となります。

海沢渓谷撮影のスケジュール

【朝活のスケジュール 】

白丸駐車場5:40→アメリカキャンプ村6:20→海沢園地7:25→三段釜の滝7:45-8:00→
ネジレの滝8:40-9:05→大滝9:20-9:45→大岳山11:30→鋸山12:30→五重塔14:00→
奥多摩駅14:20
合計登山時間 8時間40分

大岳山登山を入れると一日楽しめますが、電車で来ると結構きついかも知れません。 

この登山で使用したカメラとレンズ

https://flic.kr/s/aHsmQAdBBW

NIKON D850:sigma 14-24mm f2.8 dg hsm

NIKON D850:AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 

2.白丸から遠い海沢園地

20180917-DSC_5613

2018年9月17日午前5時40分、白丸駐車場。

奥多摩は海沢渓谷に行くためにやってきました、白丸駅駐車場。
奥多摩には町立の観光用駐車場がいくつかあるため、
その一つを利用して今回は海沢渓谷にアクセスします。

海沢渓谷を歩くだけなら入り口まで行ってしまうのが良いのですが、
今回は大岳山を登って久々に鋸尾根を歩きたいなと言う気持ちが強く、
奥多摩駅から電車でまた車を回収できるこのルートを選択しました。

20180917-DSC_5614

駐車場は白丸町営駐車場、海沢渓谷へと向かうためにはこの白丸駅直下の駐車場を利用しました。
登山をしちゃうとここにとめないといけないんですよね……。

20180917-DSC_5615

白丸駐車場を出発してまずは奥多摩の道を海沢渓谷の入り口を目指します。
1時間以上の時間がかかるので、心して歩きましょう。
歩いてみてわかる、いかに駐車場からこの渓谷が遠いかという事実。

20180917-DSC_0115

海沢渓谷に到着するまでってすごく時間がかかるのですが、代わりにいい景色が見れます。
この日は奥多摩の真緑の水面が、朝ということもありきれいな鏡面反射になってます。

20180917-DSC_0133

奥多摩の川の特徴なのですが、奥多摩湖の前なのか後なのかによって水の綺麗さが違います。
奥多摩湖よりも上流だと渓流感が強いのですが、奥多摩湖よりも下流は水量豊富ですが
少しだけ水の美しさは下がるという感じでしょうか。

こういうところで釣りとかするとさー、めっちゃ楽しいんだろうなと思うんです。
イワナとかヤマメが釣れるかもしれない、特にヤマメはおいしい。
どっち派と聞かれれば私はヤマメです。

20180917-DSC_0136

白丸から海沢渓谷へと向かう道の一つに遊歩道があります、今回はその遊歩道を利用して進みます。

20180917-DSC_0140

白丸から海沢渓谷へ向かうには集落を一つ越えていくこととなります。

20180917-DSC_5616

道中栗がたくさん落ちてるな……。
奥多摩の集落には素晴らしい栗の木が沢山あるようで、
中華の甘栗のようなサイズの栗が大量に落ちていました。

本当に売り物になるレベルの栗がたくさん落ちているので、
正直放置するのがもったいない。

20180917-DSC_0142

「何個か持って帰ってみようかな……」
思わず拾って集めてわかる栗のすばらしさ、本当に大きな栗です。
ていうかこれ畑の栗が道路に転がってきたんだろうか?
拾った栗を道端の畑に移動させてあげて、先に移動することとしました。

だって持って帰っても調理なんてできないし。

20180917-DSC_0144

集落を抜けると海沢渓谷の入り口へと到着です。
ここはアメリカキャンプ村の入り口、奥多摩海沢渓谷の渓流の入り口となります。
ここを走っていくやつはキャンプ場利用者、登山客くらいしかいないかな?

20180917-DSC_0145

道を進んでいくとアメリカキャンプ村が出てきます。
奥多摩の有名なキャンプ場で、週末になれば多くの人でにぎわうようです。

20180917-DSC_5623

アメリカキャンプ村を過ぎるとすぐに素晴らしい景色が姿を現します。
道端の渓流に降りて三脚を立てるだけでいい景色が撮れそう。
渓流の撮り方などは特に練習をしているわけではないので難しいですね。

20180917-DSC_5617

コケが美しいのが海沢渓谷の特徴かなと思います。
奥多摩エリアの中では手軽に苔と渓流を楽しめるのは海沢渓谷なのかなと思います。

20180917-DSC_0147

渓流地点を越えるとトンネルが現れます、このトンネルがなかなか恐ろしい……。
ヘッドライトが正直欲しいです、足元真っ暗なので全然足元見えねぇーーッ!!
車が来たら割と一発でアウトになるような道なので、足早に歩いていきたい。

四十八(仮)のトンネルステージみたいなことはないと思うから、駆け抜けるのがいいかな。

20180917-DSC_0150

午前7時25分、海沢園地入り口。

海沢渓谷の入り口に到着しました……。
白丸駐車場からめちゃくちゃ遠かったんだけど!!
海沢渓谷から大岳山に行くのならばこの道を通らざるを得ないのですが、
海沢渓谷だけでいいのであれば、ここまで来るまで来てしまうのが良いです。

Let’s  go MOUNTAIN!!!さっそく登山開始してみましょう。

20180917-DSC_0152

海沢渓谷の入り口にはトイレがあるのですが、まぁ―あんまり使いたいとは思わない。
トイレを越えると海沢渓谷の看板、ここが海沢渓谷のスタートです。
鬱蒼とした緑に覆われた道ですが、少し奥に入ればきれいな景色が広がります。

水がザーザー流れる素敵な状況、都会のストレスが流されるわ……。
でも同時にここまで歩いてきたことによる歩行のストレスが半端ない……!!
白丸駅でて5分とじゃないんですよねここ、白丸駅でて徒歩1時間以上かかる。

20180917-DSC_0153

スタート地点には橋が架かっておりこれを渡ると海沢渓谷スタートです。
一応この後大雨で地形が変わったりしているのですが、入山可能時であれば道はあるはず。
この木道って濡れてるとツルンって滑ってそのまま川にぼちゃんと落ちそうで怖いですよね。
僕は落ちた経験はございませんが、落ちた人は何人か知っています。

3.渓流撮影に最適な海沢渓谷

20180917-DSC_5639

海沢渓谷はスタートから大小さまざまな流れがあるため、写真を撮るには事欠きません。
さっそく三脚を立てて撮影を楽しみながら登山をすることにします。
今回は海沢渓谷初めてということで、時間を決めて撮影していきます。
時間を過ぎたらすべての装備をしまって大岳山に行かなくてはいけません
チキチキ撮影登山スタートです。

20180917-DSC_5645

最初の小さな滝がある場所は楽しみやすいです、ザーザー流れている滝を撮影していきます。
三脚を立てて撮影しているといろんな人が歩いてきて怪訝そうな顔をしてみてきます。
「何やってるんだこの人……」という顔をされて困る。

20180917-DSC_5653

本流の方を見てみるとコケが付いた岩に清流が絶え間なく打ち付けます。
「何でも撮れそうな場所だなぁ……」という状況なのでプラプラとその辺を歩きながら
三脚を立てて撮影を楽しみます。
この時はNDを所持していたので1秒を越えて撮影ができたのですが
別に1秒を越えて渓流を撮影しなくてもいいかなという印象。

20180917-DSC_5651

角度を変えていろいろ撮影して楽しみます。
渓流撮影で遊ぼうと思うとここは全く進めなくなるような場所です。
入り口から10分もたってないのに何分も滞在してしまう、
俺この先の登山時間何時間残ってんだろう……、本当に登り切れるんだろうか……?

20180917-DSC_5650

ここで何枚も作例を撮りましたので、同じような作例をご覧ください。
仕上げの違いによっても遊べるので毎日歩けそうですね。

20180917-DSC_5647

豪雨後は毎回地形が変わるということで年度によって撮影の雰囲気が変わるそうです。

20180917-DSC_5657

最初の渓流を楽しみ終わったら少し上流にある、三段釜の滝が現れます。
滝の釜ってなんだよって思いますが、滝つぼですよね。
3つ滝つぼが上下にある滝ということで受け取ればよいのかな。

20180917-DSC_0164

入り口からすぐにこんなデカい滝が見れるなんてすげーじゃーーん!
と思っていたんですが、ん?と足元を見てみるとカエルがいる……。
これはヒキガエル……、二ホンヒキガエルではないんだろうかこれは!?
北海道にはこんなヒキガエルいなかったので初めて見ました!!

NARUTOに出てくるガマ仙人じゃんこいつ……!

20180917-DSC_5661

ガマ仙人と仲良く滝を眺めながらどうやって撮影しようかなーとうろうろ。
乾いた場所にザックを置いて、カメラ片手に場所をいろいろとみてみます。

20180917-DSC_5666

滝の近くの渓流も良い景色、でもこの辺撮影難しいんだよなぁ……と感じます。

20180917-DSC_5669

この滝はどこから撮影するのかよくわかんねーなっていうか普通の滝だなという印象。

20180917-DSC_0168

三段の滝の脇についている鉄の階段を上り先に進むことにしましょう。
この階段は雨だとつるっつるになりそうだし、偉い急なので気を付けてほしい。
足を滑らせたら骨を持っていかれてもおかしくない。

20180917-DSC_0170

無事に登り切ると三段釜の一番上に到着です、長い年月をかけて水に削れたんでしょうね。
そういう感じの景色が広がっています。

20180917-DSC_0172

階段を上った先には木道があり次の撮影スポットへ到着となります。
次の撮影スポットは特徴的な大きな岩がある場所です。

20180917-DSC_0179

巨岩が特徴的なこのスポット、近くに打ち捨てられた屑籠があるんですよね。
空き缶を捨てるようなタイプのゴミ箱なんですけど、いつの時代のものなんだろう。
撮影としては右上の岩と滝あたりとかがまず目に入りますね。

20180917-DSC_5673

何度も歩けばいろいろ見つかるとは思いますが、初回はありきたりな感じで撮影しました。

20180917-DSC_5678

この岩が芋虫の頭みたいで特徴的です。
奥の滝の部分には場合によって流木が引っかかっていることもあります。
2018年は何もなかったけど、そのあと訪れたときは流木があったりしました。
そういう自然環境的な部分はどうにもなんないですよね。

20180917-DSC_0187

そのまま奥に進んで大きなカーブを越えるとネジレの滝と大滝への標識が。
ちなみに大学か高校の演習林用の道があり、ネジレの滝方面からも大滝に上がれます。

4.海沢渓谷名物ネジレの滝と大滝へ

20180917-DSC_0195

ネジレの滝に到着したら三脚を立てて撮影をしてみましょう。
思ったよりもネジレの滝って遠い、滝つぼがずいぶんとデカくてですね
時期的にもえらい寒いんです、もうこのネジレの滝周辺は本当に気温が低い。

マイナスイオンが満ち溢れているとかそんなもんじゃなくて、寒い。

20180917-DSC_5682

ネジレの滝は二段の滝になっていて、あたりは苔と険しい岩肌に覆われています。

20180917-DSC_0196

三脚を立てるとしたらこんな感じになるんですかね。
水の中にバシャバシャ入っていければまた別の話だと思うのですが。
普通に冬の時期とか水に入っていったら足がダメになりそうです。

奥多摩キャニオリング的な人たちがたまーにやってきて
この辺の滝で遊んでたりしますよね、ウェットスーツがあるからこその動きなんだろうけど。

20180917-DSC_0199

水滴に濡れるD850、男らしくてかっこいいですね。
時代はミラーレスといいますが、私はまだ当分一眼レフを使い続けることになりそうです。

20180917-DSC_5691-2

ネジレの滝をまじめに撮影するとこんな感じになりました。
目の前の岩と奥の滝を合わせて撮影しましたが……、
今見ると右側の空間が開いちゃってますね。
次行くときはどうやって撮影しようかなぁ?

20180917-DSC_5694

同じような感じで何枚か撮影を行いましたが、陰影も強く
ネジレの滝の撮影は中々難しいなと感じます。適切な露出を得るのが大変です。

20180917-DSC_5698

最終的にこんな感じになりました、海沢渓谷ネジレの滝に行くことがあれば
この記事を読んでいる人も是非ネジレの滝の撮影で楽しんでみてください。
多分こういったありきたりなショットよりは、もっと視点を絞って撮影すると良いかも。

20180917-DSC_0206

さーて、ネジレの滝を越えたら大滝へと向かいます。
今回は正規のルートで大滝へと向かおうかなと、後ろを向いたら岩と緑の世界。
本当に奥多摩の中ではアクセスしやすさと苔の渓流のバランスが良い所です。

20180917-DSC_0207

今度は大滝に向かいます。

20180917-DSC_0213

標識から登山道を登るのですが、大滝自体は窪地にあるためいったん下ることとなります。
下った先には巨大な滝が見えてきますが、これが大滝です。

20180917-DSC_0220

大滝は巨大な滝で、キャニオリングの人たちが最後にやってきて手前の高台から
滝つぼに飛び降りたりしている場所ですね。
季節的にまだ滝つぼに入ることができたので、ちょっと入って撮影してみます。

20180917-DSC_0239

10mを越える巨大な滝なのですが、写真で見るとそのサイズ感ってなかなか伝わりづらい。
撮影中はねー、本当に足が凍えそうです。
この日のためにサンダルを持ってきたけど、水に入ったことを後悔しました。

20180917-DSC_0241

水から上がるころには足はキンキンに冷えてました、俺の足はビールかよ。

20180917-DSC_0243

大滝の撮影を終えた後には凍えるくらい寒かったので、そのまま大岳山に行くことに。
登山道復帰後はもうなんでしょう、撮影するポイントがない林業用の道を歩いて
大岳山に登りました。

5.大岳山から鋸尾根を下山する

20180917-DSC_0283

たどり着いた大岳山、海沢渓谷にはほとんど人がいなかったのですが
さすがに大岳山にはすごい人が……。

20180917-DSC_5708

大岳山からの下山は鋸尾根を利用します。
秋の道中ということでキノコとかが沢山生えてる登山道を奥多摩駅に向かうことに
登山中に目撃するキノコはなぜ大体毒キノコというか殺傷力が高い見た目なのか。

このキノコとかも多分テングタケの仲間ですよね……。

20180917-DSC_5714

奥多摩の登山道は人も多く奥深い所に比べると見れる動物も少ないと思いきや
蛇やトカゲ、カエルといろいろなものを見ることができます。
にょろにょろ―っと動いたなと思ったら蛇でした。

20180917-DSC_0299

曇り空の鋸尾根を歩いて鋸山までやってきました、相変わらずこの道を使う人少ない。

20180917-DSC_0313

鋸尾根では印象に残っているお地蔵さん。
近くに鎖場もあり登山を始めたころには体力も必要なコースであることもあり
良く登っていた覚えがあります。
登山を始めたての人にはこの鋸尾根はお勧めしたいコースです、ここを下って
奥多摩駅で温泉に入るのが気持ちいいんですよね。

20180917-DSC_0316

鋸尾根はコースタイムが長いのですが、
奥多摩の尾根道というのをいやというほど堪能できるのが良い所だと思う。

20180917-DSC_0318

こんな感じのススキが生い茂る道を下山し続けて鋸尾根名物の神社の階段を目指します。

20180917-DSC_0330

鋸尾根の最後の最後に登場するロング階段、登山を始めた初期の頃
冬の鋸尾根を歩いてしまったがゆえに石段に氷が張り付いた状況という
足を滑らせたらドリフの要領で最後まで転がって死んでしまうかもしれない、
という恐怖感の中で歩いたことを思い出します。

20180917-DSC_0326

鋸尾根名物の五重塔までやってきました、もう奥多摩はすぐそこですね。

20180917-DSC_0336

鋸尾根って不思議な場所で、女体の彫刻とかもあるんですよね。
超広角で撮影することによりお尻がプリティに写せました。

20180917-DSC_0337

鋸尾根から下山したら奥多摩の市街を目指します、曇天の日というのは理解してたけど
晴れた日ではない奥多摩ってあんまり来たことがないですね。
登山するときは常に晴れなので。

20180917-DSC_0341

奥多摩駅に戻り、そのまま電車で一駅隣の白丸を目指します。
車を回収して温泉に向かって今日の行程は終わりです。
この電車で車を回収するのが地味に大変で、奥多摩って電車の本数が本当に少ないので
時刻表に合わせて下山してこなくては長い時間電車を待つ羽目になります。

20180917-DSC_5718

車を回収した後は下山してもえぎの湯へ。
奥多摩登山の定番の温泉ですね、この日も休日ということで入場制限されていました。
車ではなく電車で来ている場合のおすすめは、もえぎの湯で温泉に入った後で
生ビール+もつ煮を食べることをお勧めします、幸せが限界突破しますよ。

20180917-DSC_5720

今回は入浴後に安曇野牛乳で疲れをいやして奥多摩を後にしました。
奥多摩でそのままご飯を食べればいいのかなとも思ったんですけども
この日は早く家に帰らないといけなかったので、道中の山岡家に向かうことに。

20180917-DSC_5725

帰りの山岡家では一応登山後ということでご飯を追加して頼みました。
トラック運転手向きのラーメンですが、本社は北海道、
最初は東北方面で猛威を振るっていたラーメンです。
学生時代からお世話になっていたのですが、横浜家系の要領で乗りににんにくを包み
それをご飯の上にのせてご飯と一緒に食べる「早死に三段活用」が美味しいラーメンです。

なんだそれという人は「早死に三段活用」でググってみてください。
家系ラーメンをちょっとジャンキーに食べる面白い方法が出てくるはずです。

6.まとめ

20180917-DSC_5698

奥多摩大岳山、海沢渓谷でしたがいかがでしたでしょうか?
綺麗な渓谷が続く海沢渓谷ですが、豪雨の後は道があれやすく
昨今の豪雨災害の影響で通れないときもよくある道です。

歩けるときには、苔と岩の織り成す美しい渓流を見ることができるかと思います。
渓流の撮影の練習にはとてもいいかもしれない場所だなとは思います
何よりも、入り口まで車で向かうことができますので……。
お勧めはネジレの滝かなと思います、ここは一度見ておいて損はないです。

20180917-DSC_5653

渓流の前半から後半まで、美しい渓流が続くため三脚を利用した撮影を
どこでも行えることができるのが特徴的な海沢渓谷。
三脚をお持ちで渓流を長秒で撮影してみたいという方は、奥多摩のこの海沢渓谷や
秩父の棒ノ嶺のような渓谷が美しい山に行ってみるのがお勧めです。

奥多摩海沢渓谷の地図はこちら

この登山で役に立った装備はこちら

Kenko NDフィルター PRO ND8 52mm 光量調節用 352625

Kenko NDフィルター PRO ND8 52mm 光量調節用 352625

  • 発売日: 2002/02/23
  • メディア: エレクトロニクス
 

渓流の撮影などではNDフィルターがあると便利です。
秒単位までssを遅くすると、すごく明るくなってしまいますので……。

持ち運びにちょうどいいトラベル三脚のVEO2、D850+シグマ14-24ARTくらいなら
何とか安定させることが可能です。
ただし、AF-S Nikkor24-70mmf2.8VR Eのような重心が偏るものだと
場所によっては三脚が倒れてしまうのでお勧めはしません。
ミラーレスのような軽量なシステムで使うことをお勧めします。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる